みんパチユーザーによる
埼玉県の営業予想 >>

パーラー将軍与野店

パーラー将軍 与野店
特徴

稼働が低すぎて、台選びもクソもありません。営業努力を全く感じない店。

スタッフのフロア巡回能力も低く、稼働が低いから人数もいない。

貯玉貯メダル再プレイ制限有り(しかも少なすぎ)とか何時の時代だよと感じます。
コインサンドも古く、50枚ちゃんと出ない事も結構ある。

評価
番付良店
全期間
総合点55.5点(評価数:11 件)
営業評価3.7
接客評価3
設備評価2
旧イベント日の実績
台あたりの平均差枚+70枚
サンプル数11
詳細データこちらをクリック
基本情報
営業時間10:00〜22:50
住所埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-1-5
地図こちらをクリック
台数パチンコ150台/スロット121台
旧イベント日4のつく日
入場方法
整理券の有無あり(会員カード不要)
整理券の配布方法シャッフル抽選
配布時間9:40
注意点

再整列は、9時50分。
※並びが10人未満の場合、並び順での入場。

情報を修正する
遊技料金
パチンコ4円 1.25円
スロット21.27円 5.37円
交換率(換金率)
4円パチンコ33玉
1.25円パチンコ100玉
21.27円スロット5.6枚
5.37円スロット20枚
景品交換所の場所

少し分かりにくい位置にあります。
店舗の入り口を出ていただくと目の前に整体屋さんが見えるかと思います。
そこを真っ直ぐ行くと交換所が左手に見えてきます。
※入り口は2つありますがタクシーが見えるロータリーではない出入り口から出てください。

外部リンク
P-WORLDこちらをクリック
台データこちらをクリック情報を修正する
店舗ブログ情報提供する
Twitterこちらをクリック

※上記の情報においては正確でない場合もございます
※ホールと景品交換所には一切の関係性がありません

スロッター✕スロッター 調査スケジュール
ホール攻略LINE 埼玉・北関東版

評価・コメントをする営業の予想をするpt大幅還元

メールアドレスが公開されることはありません。

この店舗を評価する

営業
接客
設備
営業評価旧イベント日や取材日のみの出玉状況の評価をしてください
(通常営業日においてはどこのホールも基本回収なのでそれは評価には加えないでください)
接客評価接客、清掃状況、スタッフの容姿
設備評価新台やデータ機器の充実度、台間シャッターや肘掛けの有無、Wi-FiやUSBの有無、休憩所や食堂の質、装飾の華やかさ

サムネイル画像が設定できるようになりました♪
設定してみる

画像をアップロード


※Ctrlキーを押しながらの画像選択で一度に4枚まで投稿可能


2枚目の画像


3枚目の画像


4枚目の画像

新着コメント (全80件)

一般コメント劣悪コメントみんレポ
  1. 2020年7月24日の予想
    出玉予想:◎
    高設定の入れ方予想:
    機種(全台~1/2系) メイン機種強め 少台数機種強め Aタイプ強め バラエティ強め
    並び予想:100~299人

    毎月14日では、旧イベ日の「4の付く日」として、スロッター×スロッターの月イチ開催が行われてきており、勿論今月も14日には開催され、内容も勿論期待通りではあっただけでなく、集うユーザーの同店への信頼と期待も感じられる結果となっていた。

    そして今回、24日で【回胴アンケ】が予定されており、引き続き注目してみたい。

    公約的には当初開設された頃はリアルタイムの情報戦を特徴とする媒体であったが、色々な事情から現在は【分岐営業】【全台系】が公約とされているが、やはろその辺りはホール次第な面は否めず、【分岐営業】を目指すも稼働や紛れで届かない場合でも【全台系】の確認を以てclearという風潮はある。

    結果として、【分岐営業ギリギリ】を攻める事が多発する事から、セーフティネットの【全台系】で拾うという事となる訳だ。

    では、今回の24日、大丈夫なのか?という不安については、これまで同店を利用してきたユーザーが最も理解しているハズですが、

    【同店であれば大丈夫】

    と言い切っても恐らく同意は得られるだろう。

    では肝心の狙い目だが、ここもまずは【全台系】として繰り返しスロッター×スロッターでも魅せて来ていた、

    ・星矢SP
    ・まど2
    ・まどマギ叛逆
    ・エウレカ3

    この辺りの定番は、誰でも期待する所だろう。

    また、【分岐営業】を目指すにあたっては、それだけの計算上の投入、数字だけでは達成が水物となってしまう為、投入先は【触られる所】となる。

    【触られる所】=【ユーザーの打ちたい機種】

    である訳なので、【打ちたい機種を打てば良い】となる。

    ホール側が、【勝手にソコへ入れてくる】という事になる訳だ。

    客をかわす、打ち手をかわす事に意味がないのが【分岐営業】公約である事から、その様な機種への投入が無いホールには今後一切近づかなくて良い。

    以上から、皆が好きな機種=人気機種へ入る事が当然であり、それを期待して良いし、捻る必要も無い。

    それがホールへの信頼であろうし、それを持てるこの【パーラー将軍与野店】であれば安心して望めると思われる。

    最大の敵は【期待して集まるユーザーの数】だけといって良さそうだ。

      • >2020年7月24日の予想

        24日の結果です

        回胴アンケの開催ということで、公約となる「全台系」であったであろうと思えるところは以下の通り。

        ・HEY!鏡
        ・サラ番2
        ・バジリスク絆2
        ・まどマギ叛逆

        4機種全11台で勝率100%となっている。

        総裁は添付画像で確認頂きたいが、おsれぞれでいかにもといった好結果をだしている。

        次に、末尾での特定ラインがあったのかについては、恐らく無かったと言って良さそうだ。
        こちらも念のためデータは添付しておく。
        また、バラエティでも目ぼしい台が見られない為、これではさすがに 分岐は難しいだろうと、じっくり見て見ると、スポット的な投入がいくつかみられた。

      • >2020年7月24日の予想結果

        ※追記

        評価部分が抜け落ちていたので補完させて頂きます。

        公約のセーフティネットとして機能する「全台系」に対して、恐らく画像で纏めたHEY!鏡、サラ番2、絆2、まどマギ叛逆の4機種がその役を担ったのだろう。いずれも前作が強力なコンテンツであったり、比較的中身が判り易い部類の「6号機」で用意され、埋もれにくい機種で用意された。

        それぞれに充分な結果を出しており、打ち手側としても満足感のある投入だったと思われる。

        スポット投入か?と挙げさせて頂いたポイントにおいても、やはり人気機種、触られやすい機種、比較的結果が出易かったり中身が見えやすい部類の機種であり、同店管理人は普段から各種公約的なモノへの遵守意識の高い方であろう事が感じられる内容と言えよう。

        「ユーザーを裏切らない」

        にも通ずる大事な部分である為、個人的には改めて推して行きたい店舗の一つであると再確認出来た次第である。

        肝心な「分岐営業」については、ある程度機械側の機嫌と、ユーザー側の引きに頼る部分もあるが、当日の結果は

        全台差枚 +13,806枚
        平均差枚 +131枚
        勝率 45/105

        となっており、20スロ105台であるこの規模のホールであれば恐らくギリギリ分岐達成してるか否かのラインというところだろうか。

        非等価でもあり、交換率の兼ね合い、現金投資の兼ね合いでその辺りのボーダーは変化してしまうが、しっかりギリギリを付いた結果を出す辺りも憎いと言えるだろう。

        ☆3で。

          営業 3 (2020年7月24日の結果報告)
      • 2020年7月24日の予想
        出玉予想:◎
        高設定の入れ方予想:
        機種(全台~1/2系) メイン機種強め
        並び予想:100~299人

        連休中日の特定日に初開催取材で期待倍増か。

        4連休2日目の24日に「回胴アンケ」が予定されている。
        ニコナナ取材は定期的に開催されていたものの、回胴アンケは初開催となる。
        公約としては「分岐営業」or「全台系」ということらしいが、当日はその両方が期待できるのではないかと予想する。

        稼働の高い休日に回収するというのは過去の話で、今の時代はいかに休日に集客して常連化を目指すかというのが営業テーマになっている傾向があり、集客の多い日にユーザー裏切るような行為をしていると客は一瞬で飛んでしまうということだろう。
        同店でもその意識があるようで、みんレポによると分岐を大きく上回っているのは土日ばかりで、加えて金曜日も強くアピールしている傾向がある。駅前店ということもあり金曜夜が高稼働になりやすくアピールポイントということだろう。

        本当に強かった休業明けのグループ全体の仕掛けとしてはやや落ち着いたと言えるが、金曜、祝日、初取材とてんこ盛りの当日は元々の勝負所と予想し◎を打ちたい。

        狙い方としては分岐営業を意識するとなると広範囲に単品以上かつ、メイン機種に複数の全台系が必要となることからそれほど狙いを絞る必要は無さそうだ。
        最近の傾向や同店の特徴からあえて言えば、6号機であれば1台以上に当たりがある期待度はかなり高そう。直近の導入台の中では初代サラ番と入れ替わりで導入されたサラ番2には要注目か。
        それよりは設定判別に重きを置いて高設定の分かりやすい台、機械割の高い台、自身の打ちたい台等を狙ったほうが精神衛生上も良いかもしれない。とは言えどこにでもチャンスがあるというということは、裏を返せばどこにでも外れがあるということでもある。周りの状況に飲まれ過剰な追い込みになることには注意したい。

        以上をまとめて予想をあげると以下の通り。
        ———————————-
        ★複数台機種★
        ◎バジリスク絆2 全3台
        ◎聖闘士星矢SP  全3台
        ◯サラ番2    全2台
        ◯まどマギ叛逆  全4台
        △まどマギ2   全4台
        △Re:ゼロから  全5台
        ———————————-

        予想は以上となります。
        並びは100~150人ほどと予想。分岐営業と考えるとバラエティにもチャンスはあると思うので、台数以下なら勝負になりそう。
        期待しましょう。

        • >2020年7月24日の予想結果

          抽選人数:54名

          ★複数台機種★(印は事前予想)
          _HEY!鏡    勝2/2 平3473枚
          ◯サラ番2     勝2/2 平2342枚
          ◎バジリスク絆2 勝3/3 平2304枚
          ◯まどマギ叛逆 勝4/4 平1765枚

          休日だったにも関わらず抽選人数がなんと54名。
          30分圏内で複数のグランドがあったり、4連休ということもあり仕掛けのあるホールがいつもより多かった影響で選択肢が増えて人が割れたようだ。
          結果、交換ギャップの不利なこの店舗は人数が少なめになり、チャンスだったのでは。内容を見てみよう。

          まず一番の安定感を見せたのがHEY鏡で、それぞれ3,000枚オーバーの右肩上がり。
          事前予想では初代サラ番と入れ替わりで入ったサラ番2を本命視していたものの、2台だけじゃということか分からないが、隣に設置していた鏡まで含めて4台並びでの投入。この店舗ではあまり投入頻度の高くない台、かつ2台に減台ということでノーマークだっただけに打ち手としては嬉しい誤算だったかもしれない。
          続いたのがすっかり常連のバジリスク絆2、爆発とはいかないものの110%近く出れば十分でしょうと。
          実はこの3機種7台はかなり固まった配置で、後述の星矢SPの単品を含めて、中央島入口のカドから4台4台いわゆる一等地の場所に設置されている(画像参照)。
          特に分岐営業では全台系はあえてこういう場所に固めて目立たせつつ、あとは単品で広くというのはそこそこ見受けられる営業なので覚えておきたい。
          反対に分岐公約がなくて、全台系のみの場合は固まってで投入されることはあまりなく(もちろん可能性としてどちらが多いかという意味で)散らす傾向になるので注意。
          最後はいつも通り、単品含めると久しく入らなかったことのなさそうなまどマギ叛逆、差枚はヒキ次第と言ったところがあるものの勝率100%はさすがの安定感と信頼度と言えよう。

          ここら辺までが全台系だろうか。
          加えて単品でありそうなのが、リゼロ、星矢SP、まどマギ2、エウレカ3、エウレカAO、ディスクアップ、このあたりは結構綺麗に出てる(添付グラフ参照)。
          分岐公約なのでこのへんもしっかり入れないと伸びないからね。

          最終的に分岐達成かと言われると5.6枚なのでかなり際どい差枚ではあるものの、想定では赤字になりそうな入れ方ではある。ただし残念だったのがバラエティで、なぜかちゃま喝に10万入ってるのはともかくとしても(笑)、それっぽいのはマッハGOGOGOだけでその他は軒並みガッツリマイナスで15台で-13,774枚。ここからもう2~3台わかりやすく入れておけば間違いなく分岐達成だったかなと言ったところか。

          自身の予想としては、鏡はノーマークだったもののほぼ印通りに投入されていたようなので合格点。

          全体の配分としては塊+単品とオーソドックスで機種も定番で攻めてユーザーの期待に応えられたと言えそう。分岐公約や初開催という面ではやや怪しい所だが、人数が少なく狙いやすさの後押しで今回は★★★★
          次回にも期待したい。

          営業 4 (2020年7月24日の結果報告)
      • 2020年7月14日の予想
        出玉予想:◯
        高設定の入れ方予想:
        機種(全台~1/2系) 末尾(全台~1/2系) メイン機種強め 少台数機種強め バラエティ強め
        並び予想:50~99人

        【月に一回の安心できるお楽しみ!今月も14日は将軍与野!】

        そろそろ、同店に集う上級スロッターの面々は、ホール側とのキャッチボールも巧くなってきた事は、前回の結果を見てもよく判る。

        大事ではあるが、細かい話は省いて行くとする。

        辿り着く為のヒントは蓄積されたモノから自身の目で確認し、納得した方が結果に繋がるだろう。

        【過去の積み重ねを紐解くべし】

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━

        狙い方は今回も引き続き【複数台】【末尾系】【バラエティ】で良い様だ。

        【複数台】
        ・星矢SP
        ・まど2
        ・まどマギ叛逆
        ・エウレカ3

        ・ゴージャグ
        ・アイムアニバ

        この辺りから3~4機種が期待来そうだ。
        勿論いつかは世代交代、主役交代は訪れるであろうが、それが今回である根拠はない。

        【末尾系】

        候補としては
        【0・1・3・5・6・7・8】となる。

        【3・5・6】で良いぞというホール側への思いやりを持つ事が【毎度7割から全6かと思わせる、将軍系列特有の末尾系の強さへの敬意の表し方】だと思いたい。

        「ここが主役だ」

        【バラエティ】

        前回からのこの一か月の間で、
        606番台:秘宝伝Rev.→マッハGoGoGO
        613番台:犬夜叉→GⅠ優駿倶楽部2
        へと入替が行われている。

        これまで毎月、この日の結果をしっかり見て来ていれば、これだけで色々と判る事があると気付けるはず。

        情報の収集・取捨選択・精査・そして妄想と紙一重の神の宣託、辿り着いて欲しい。

        出玉予想も〇としておくが、「ホールは用意するだけ」。
        ◎になるかどうかはユーザー次第なのである。

        それだけのポテンシャルがこれまでの同店には常にあったのだから。

        • >2020年7月14日の予想結果

          朝一抽選=86名
          一般入場=10名

          【複数設置台】・・・・・・・・

          (全6)
          ・アイムEXアニバ
          出玉率 92.8%
          勝率 50%(1/2台)
          ・聖闘士星矢 海皇覚醒Special
          出玉率 109.0%
          勝率 100%(3/3台)
          ・ラブ嬢2
          出玉率 107.9%
          勝率 50%(1/2台)

          (一部投入1/2で56)
          ・まどか☆マギカ叛逆(2/4投入
          出玉率 98.3%
          勝率 25%(1/4台)

          【末尾系・11/13投入:No.5】・・
          出玉率 102.6%
          勝率 54%(7/13台)

          【バラエティ・4/12投入】 ・・
          出玉率 96.9%
          勝率 33%(4/12台)

          もう多くを語らなくてもしっかり回されている事で、同店への信用度、期待度は堅調に伸びる朝の並びで計れるだろう。

          残念ながら同店での主役、「末尾系」の不発は痛いが、これさえも、次回には何事も無かった様に暴れまくるだろう。

          そう思えるのが同店への信頼というモノと言えるものだろう

          【結果判定】
          ■朝イチでの台確保の容易性:△
          総設置121台への並び86人
          ■20スロ全台数中の高設定割合:◎
          20スロの総数105台
          対象範囲の投入24台:22.9%%
          ■高設定投入台の予測容易性:◎
          判りやすい傾向がアリ
          法則・周期性等がアリ
          ■対象の人気・スペック評価:◎
          ■遊戯料金・交換率の優位性:△
          46枚貸し・5.2交換・貯玉
          ■取材対象範囲の総差枚結果:◎
          対象範囲の総差枚+10,132枚
          ☆特記事項:

          【総評】
          何とも不発の嵐が各所で重なってしまった。
          順調に伸びて来ていた朝の並びを次回減らしかねない事態ではあるが、これまで積み重ねてきた信頼で、次回も期待を持って回してみたいと思う。

          以上から、今回は☆3

            営業 3 (2020年7月14日の結果報告)
        • 2020年6月24日の予想
          出玉予想:◯
          高設定の入れ方予想:
          機種(全台~1/2系) メイン機種強め
          並び予想:50~99人

          14日はスロスロで総差枚+3.3万枚を叩き出し、勢いの止まらない将軍グループ。
          しばらくは落ち着くかと思っていたが、与野店では24日にも「あつまる×スロパチ取材」が行われるようだ。恐らくかなり久々の「あつまる」ということもあり、現状から考えてもかなり期待できるとみた。
          機種単位の全台~1/2系でアピールしてくると思われるので、そこを狙っていこう。

          毎月24日のスロパチ取材では14日のスロスロ同様、まどマギシリーズ、星矢SP、エウレカ3といったお馴染みの機種に加え、バジリスクシリーズ、リゼロ、HEY鏡等割と幅広くピックアップされていることが伺える。
          あつまる来店ということで、どこをメインの見せ場に持ってくるかと考えたとき、14日はまどマギ2をメインに持ってきたと考えると今回もと考えるのは薄そうだ。

          では何をメインに持ってくるかと予想すると、しつこいようだがバジリスク絆2を挙げたい。導入直後はイマイチな扱いだった同機だが、コロナ自粛明けから全国的に設定を使う店が増えてきて、運用次第では動く機械だということが知れ渡ってきて、かなり扱いが良くなっている機種であると言える。
          配置的に同店でもメインで使っていく見込みがあると思われるので、この辺りでインパクトを与えておきたい。
          あくまで堅実に行くのであればお馴染みの機種に行くのも良いだろうが、非等価ということもあり更なる高みを目指すのも悪い戦略ではなだいろう。

          以上をまとめて予想をあげると以下の通り。
          ———————–
          ★複数台機種★
          ◎バジリスク絆2 全3台
          ◎まどマギ叛逆  全4台
          ◯エウレカ3   全2台
          ◯聖闘士星矢SP  全3台
          △Re:ゼロから  全5台
          △バジリスク3  全2台
          ———————–

          予想は以上となります。
          勢いそのままに行くのか、やや抑えるのか注目です。
          期待しましょう。

          • >2020年6月24日の予想結果

            抽選人数:166名

            ★複数台機種★(印は事前予想)
            _地獄少女2   勝2/2 率116.4%
            _ディスクアップ 勝2/2 率115.2%
            ◎バジリスク絆2 勝2/3 率105.4%

            ★機種イチ★
            ◎まどマギ叛逆 +1691枚
            ◯聖闘士星矢SP +3368枚
            ◯エウレカ3   +1794枚
            △Re:ゼロから  +3608枚
            _バイオリベ  +4406枚
            _北斗の拳天昇 +3740枚
            _HEY鏡    +1744枚

            朝一の人数は166人と20スロの総台数を超える人数で、近況の結果からかなり期待している人が数多く来店したと見られる。スロパチでは「目も当てられない結果」という評価だったが、個人的にはそうは思わなかった。早速内容を見てみよう。

            まずは本命予想に挙げたバジ絆2が1台は凹んだものの、2台はしっかりと出て2台で+5500枚という好成績となった。
            続いて新台のディスクアップが2台で+7400枚とこちらも凄まじい結果。
            そして地獄少女2がなんと2台で+8700枚と爆発したが、初当たりもしっかりついているので、誤爆ということはなさそうだ。

            高配分はこの3機種6台で確かに少ないと言えるが、6号機を中心にかなり広い範囲に単品で高挙動と見られる台があった。こういった台がしっかり回されるというのが同店の特徴ではあるんだけど、この日に限っては凹み台もかなり回されている。
            特に旧基準や5.5号機の吸い込みが凄まじく、かなり結果に影響している。
            いまさら撤去寸前のサラ番に設定が入る可能性は低いし、それでも納得の上で回してるなら良いんだけど、その結果回収日だったとか、出さなかったというのは見当違いってもので、設定はしっかり入ってたもののそれを上回る稼働でお店の黒字となった。というのが正解かと思われる。
            お店にとっては稼働をつけるということがどれだけ大切かというのを再確認した。

            そして回す側としては、店舗の特徴、取材内容をよく考えた上で目の前の台の設定判別をしっかり行うことが勝利への第一歩となる。隣が出てるから~強い取材だから~というのは一要素に過ぎず打ってる台の設定が変わるわけではない。
            台移動が出来ない状況だったかもしれないが、辞めて帰るなり他の店に行くなりする勇気というのも大事なのだ。

            趣味打ちすることにとやかく言う気はないが、安定して勝ちたいとか、設定狙いをしたいと思うのであればとりあえずで良いので6号機に座ることをオススメする。どこの店舗でも高設定の中心は6号機で間違いないので。

            自身の予想結果としては、本線の絆2がしっかり出たのと、バジリスク3以外の全機種から単品が確認されたので合格点。

            上記の理由から総差枚はかなりのマイナスだったものの、しっかり判別すればいつも通りの配分はあった。最近の状況や並び人数との比較で考えるとやや劣ったとも言えるので今回は★★★★
            次回にも期待したい。

            営業 4 (2020年6月24日の結果報告)
        • 2020年6月14日の予想
          出玉予想:◯
          高設定の入れ方予想:
          機種(全台~1/2系) 末尾(全台~1/2系) メイン機種強め バラエティ強め
          並び予想:50~99人

          今、将軍グループがアツい

          多くの店舗の営業再開から2~3週間経つが、
          取材等を行うが規模は縮小しているお店。
          取材等は行わないが旧イベ日にはひっそりと投入しているお店。
          取材等も行わず旧イベ日でも通常通りの営業をしているお店。

          等々、千差万別な方針が見受けられる昨今のホール事情だが、
          将軍グループに関しては「取材を行いその上でしっかりとアピールをする」という方針ではないだろうか。確かにコロナによる影響は大きく、営業自粛もあった上で、世間の逆風という厳しい業界ではあるが、だからこそこれを機に新規客を取り込もうという、ピンチをチャンスに変えるという強気の営業である。

          というのも「みんレポ」で「将軍」と検索してもらうと分かる通り、
          営業再開後の旧イベ日にほぼ全ての店舗で過去最高レベルの差枚数を記録していることが分かる。グループ内でも店舗により旧イベ日はマチマチで、6の付く日の6/6は特別だとしても、8の幕張や、5の柳沢でも2万~4万の総差枚を叩き出している。

          「4」のつく与野店であっても、それは例外ではなく、
          6月4日にはひっそりと1.7万枚を記録しており、毎月14日に恒例となっていたスロッター✕スロッター開催とあれば、大いに期待が持てるのではないだろうか。

          それを踏まえて機種予想をしていきたいが、同店の特徴としてはかなり偏った機種選択を行っていて、ひたすらに同じ機種が連打されることが多くなっている。
          営業明け1発目としては変化がある可能性があるが、この傾向が継承されているとすれば、聖闘士星矢SP、まどマギ叛逆、エウレカ3の3機種は本命機種で間違いない。

          最新導入機種としては、北斗天昇(3台)、ラブ嬢2が増台(2台)、バラエティにタイガー&バニーとサラリーマン金太郎MAXとなっているが、個人的には1つ前の入替機種に注目したく、それが3/4と少し前になるがバジリスク絆2となっている。
          アピールという点でも配置、機械割と申し分なく使っていける機種でもある。
          ただし隣あった機種に投入されるということはセオリー的にあまりないので、
          隣に聖闘士星矢SPがあるというのはマイナス点で二者択一になりそう。

          続いて末尾予想だが、4,9は抜け番となっている。
          全台機種と末尾の関係性はそこまで強くないものの、全台系機種の最高設定になりやすかったり、本命機種を外してしまったときの保険的な立ち位置で末尾のみ投入される可能性も高く、気にしておきたい。

          過去13回のうち「3」が最多の3回で、2,5,6が2回、0,1,7,8が1回となっており、
          2連続で選択された例もないことから、複数台機種とは打って変わってバランス派と思われる選択となっている。
          次もバランスを維持したいと考えれば、末尾0,1,7,8がややリードか。

          さらに前述した機種と末尾の絡みも見てみると、
          まどか叛逆:5678
          星矢SP  :356
          エウレカ3 :01
          北斗天昇 :123
          ラブ嬢2  :56
          タイバニ :6
          金太郎MAX :5
          バジ絆2  :012
          ※台番号はデータサイトを参照

          末尾5,6が4機種、1が3機種、0,2,3が2機種、7,8は1機種となった。
          この2点と機種内容や選択間隔を総合的に見て本命は末尾1としたい。

          最後にバラエティだがかなり高い確率で特定末尾とかぶっている機種は当たりとなっている。対象機種が12台と少ないこともあり直接狙うというよりは、特定末尾の絞り込みという点で注目しておきたい。

          以上をまとめて予想をあげると以下の通り。
          ————————————
          ★複数台機種★
          ◎まどマギ叛逆  全4台
          ◎エウレカ3   全2台
          ◯聖闘士星矢SP  全3台
          ◯バジリスク絆2 全3台
          △北斗の拳天昇  全3台
          △ラブ嬢2    全2台

          ★特定末尾★
          ◎末尾1
          ◯末尾5
          △末尾0
          ————————————

          予想は以上となります。
          交換率は約5.5枚と近隣店舗と比較するとやや劣る面であるゆえ、人数は多くないですが、その割にしっかり投入されている印象がありツモり易さはありそうです。
          グループ全体が仕掛けてきてると考えると期待したいですね。

          • >2020年6月14日の予想

            申し訳ないです。
            末尾予想のところですが、過去のデータを確認したところ自身のデータに抜けがあり、数え間違えが発覚しましたので、修正致します。

            過去 “16回” のうち「3」が最多の “4回” で、
            “1”,2,5,6,”8″ が2回、0,7が1回となっており、

            3が一歩抜け出すもののその他はバランスが取れている。
            次もバランスを維持したいと考えれば、末尾0,7がややリードしているものの、
            他の数字を切るには至らない。

            この2点と機種内容や選択間隔を総合的に見て本命は末尾 “5” としたい。

            内容的にはほぼ変わりませんが、末尾1,3,8の回数がそれぞれ加算されて、
            個人的な優先順位に少し変動がありました。

            ★特定末尾★
            ◎末尾5
            ◯末尾0
            △末尾1

            となります。
            今後はなるべくミスのないように注意していきます。

            • >2020年6月14日の予想結果

              抽選人数:86名

              ★複数台機種★(印は事前予想)
              _まどマギ2  勝3/4 率109.4%
              ◯聖闘士星矢SP 勝3/3 率104.9%

              ◎まどマギ叛逆 勝3/4 率101.3%
              _アイムジャグ 勝5/8 率101.1%

              ★末尾系★
              _末尾「2」  勝11/14 率108.5%

              ★バラエティ★
              投入4台    勝5/12 率101.7%

              朝一は日曜日とは言えスロスロ開催日の過去最高の並びとなった。
              やはり将軍グループが出している。という印象は皆持っていたようだ。

              まずは、まどマギ2が平均約9000回転&差枚+2500枚としっかり結果を残した。
              1台マイナスになってしまったが、状況から全台と見て間違いなさそう。
              6でもそこまで勝率の高い台じゃないしね。

              続いて定番の星矢SPが苦しみながらもなんとか全台プラス。
              特に1台いつも苦しめになるんだけど割も高い台じゃないから仕方ない。

              次に1/2がまどマギ叛逆とアイムジャグラー。
              叛逆についてはしっかり判別されて当たり台だけがぶん回された。
              アイムに関しては末尾絡み以外の台は回転不足に終わったが、非等価でしかもアイムとなると気乗りしないのは分かる。かつかなり久々の登場だったしね。
              この点からも同店のお客はレベルが高い気がするんだけど、だからこそ今回のアイムのような穴場のような台が生まれることもある。

              そして末尾だが久々の爆発。平均+2000枚で投入台勝率100%は凄いの一言だ。
              回転数からも早々に気付かれていた可能性が高い。
              そんな中、凱旋はともかく番長Aと鬼浜愛を掴んだ人はツイてないとしか言いようがない。特に鬼浜はバラエティだしまさかだね。

              そのバラエティは台数は少なめながらもしっかり出た台もあり100%超え。
              秘宝伝revは当たりでもコケやすく、ちょっと回しづらいよね…

              自身の予想結果としては良いところがなかった。
              まどかシリーズがどっちも入るとは思ってもいませんでした。
              当たったのは過去最高レベルに出すということくらいでしょうか。
              抽選人数も過去最高だったのでバレてましたけどね。

              5.5枚交換とは言え105台で総差枚+33000枚超えは余裕の赤字。
              並びの期待に沿う結果と言え今回は★★★★★
              次回にも期待したい。

              営業 5 (2020年6月14日の結果報告)
          • 2020年6月14日の予想
            出玉予想:◯
            高設定の入れ方予想:
            機種(全台~1/2系) 末尾(全台~1/2系) メイン機種強め 少台数機種強め バラエティ強め
            並び予想:50~99人

            【3か月振りのスロッター×スロッター開催で再加速】

            比較的小規模店舗といって良い同店が、他店と差別化を図って生き残っていくには、同店でしか出来ない魅力を魅せ続ける事。

            将軍系列のひとつとして、他の関東将軍系列の「やるときゃやるよ」という特徴を如何なく魅せるが、思ったほど狙う層が少なく好環境を3月までは維持されていた、ホールにとっては厳しいとは言えるが、客側にしてみれば有難いホールの一つ。

            以前、3月までの同店の状況を引っ張って来てみると・・・

            スロット設置は123台。内、20スロは105台。
            これまでの実績からの、総設置台数に対する高設定投入割合は15%~20%と高め安定。
            狙い方は【複数台】【末尾系】【バラエティ】と、設置台数が少ない中でも頑張って傾向を作り出し、【魅せる営業】を心掛けていると見える点は好感度が高く、各項目にもそれぞれに【それなりに強めな傾向】を作られている様子が見える為、並びが比較的少ないという点で【客の評価がそれ程高まっていない現時点では非常に穴場感がある】と言って良いホールだと言えよう。

            べた褒めですね

            結果が伴わなければ、中身が感じられなければ流石の私もここまで書きませんので、そういう事で良いのです。

            今回は休業明け一発目のスロッター×スロッターという事で、狙い方は3/14の予想に準じて臨む形で良いでしょう。

            一部抜粋して転載します。

            【複数台】
            まどマギ系、蒼天の拳、星矢SPの投入率が非常に高く、この辺りは鉄板機種として狙ってる客も多いと思われる。
            特に星矢SPでは毎回全台1万回転を超えるブン回しが見られ、抽選の最前列1~3番は直行してると思われるほどの信頼感であり、当面、同ホールでは安定して継続される傾向と言え、【同店の複数回投入機種への常連客の信頼度の厚さが垣間見える】

            今年に入って2回の開催では、続けて蒼天の拳が外れるという【客目線ではハプニング】といえる状況だったが、その代わりとして連続投入されたのがエウレカ3。

            エウレカ3も8000回転超レベルで回され始めただけに、蒼天もまだ撤去はされてはいないものの、6号機として更に看板機種として世代交代という意図だと感じ取って良いのかもしれない。

            狙いは勿論
            ・星矢SP【3台】
            ・エウレカ3【2台】
            ・まどマギ系、叛逆【4台】が優位も、まど2【4台】との2択

            もしAタイプ投入があるとすれば、ゴージャグ【3台】、ハナビ【4台】、ギアスR2CC【2台】辺りが選択肢になるのではないだろうか。

            最後に、同店の新台・導入台の直近開催への投入実績は希薄。あっても末尾系やバラエティの範疇で考慮するレベルだろう。

            【末尾系】
            末尾系においては、同店及び系列店の特徴として1/2前後の投入率が一般的な中、7割から全台に渡って6の投入となる場合が多いので、【バジ絆2以降の新台導入台】の複数台での全台系投入が無かったとしても末尾系で拾われての6投入は期待して良いレベル。

            また、末尾でひっかかるバラエティ機の勝率が特異的に高い傾向がある為、バラエティでの当たり台から末尾を察知する事が近道になりそうであり、そのバラエティの当たり台に、直近での1台導入台は高確率で期待出来るため、3段論法的ではあるが、1台導入台の末尾は末尾系での有力候補足り得るという事がいえるという事になる。

            また、同店は台番号の「4・9」という番号を使用しないのと、末尾系では同じ番号を使わないという傾向がある為、この時点で前回の「6」を含む3個の数字が候補から外れる事はほぼ間違いない

            ◎同店の末尾系での投入割合は、他系列に比べて圧倒的。ここの察知は勝敗に直接繋がる、同店での【複数台での星矢SPの確保と同等以上に重要なポイント】です

            【バラエティ】
            末尾の項でも述べたが、バラエティで末尾系に該当する機種の高設定投入率=当たり台の確率は非常に高い。
            逆に言えば、バラエティで出始めてる台の末尾が、末尾の当たりの可能性を示すという事になった訳だが、こちらは対象が12台となっており、その内の4台の投入が見られる。

            見た目上【1/3投入】という事だが、【末尾2・3・5・6】は2台づつ存在しているので、末尾系での当選末尾の投入割合が頗る高いのが将軍系列の特徴だけに、
            【末尾2・3・5・6を末尾系で通せば2台は末尾系と被り、結果明示上の投入量はそのままに実投入台を減らせる】という効果が産まれるので、この末尾で2台が好挙動を魅せたら【そういう事】だと察知する嗅覚を育てよう。

            情報量が非常に多くなったが、比較的少ない105台という設置台数の中で、他者より早く高設定投入台を確保するには、より多くの傾向・パターン・可能性を頭に入れて置き、実際の挙動から察知を早める事が近道です。

            頑張りましょう。

              • >2020年6月14日の予想結果

                朝一抽選= 86名
                一般入場= 5名

                【複数設置台】・・・・・・・・・

                (全6)
                ・聖闘士星矢 海皇覚醒Sp
                出玉率104.9%・勝率100%(3/3台)
                ・魔法少女まどかマギカ2
                出玉率109.4%・勝率75%(3/4台)

                (一部投入1/2で56)
                ・まどかマギカ叛逆(2/4投入)
                出玉率101.3%・勝率75%(3/4台)
                ・アイムジャグラーEXAE(4/8投入)
                出玉率101.1%・63%(5/8台)

                【末尾系・11/14投入:No.2】・・・
                出玉率108.5%・勝率79%(11/14台)

                【バラエティ・ 4/12投入】 ・・・
                出玉率101.7%。勝率42%(5/12台)

                複数台ではいつもの安定のラインナップと思ってよく見ると、まど2と叛逆が共に入ると言う、営業再開後の初回という事もあってか大サービスでしたね。
                その中で、2月以来のアイムの投入は余り予想されていなかったのか、立ち上がりが重かったのか回し切られたとは言い難い勿体無い結果となった。

                同ホールのもう一方の主役、末尾系のパワーも健在だった。
                今回も実に11/14と、ほぼ全台といえるレベルの投入を魅せ、ユーザーもそれはすでに浸透したのか全体によく回され、結果も頗る良好と言える。
                相変わらず、全6ではないか?という景色を魅せた。

                バラエティでは順当に1/3での投入となったが、末尾が眩し過ぎてちょっと霞んでしまうかもしれないが、マジハロ5で+2316枚、獣王で+3207枚と存在感を見せている。

                今回は直近導入のタイバニと、同じ末尾の秘宝伝Rev.が共に投入され、獣王は入れつつも鬼浜に入れない事で【末尾6】を匂わせるバラエティの投入となったが、秘宝伝の不発と、末尾【2】の猛爆で惑わされずに攻めきれた、ユーザーの勝利と言える。

                【結果判定】
                ■朝イチからの台確保の容易性:△
                総設置121台への並び86人
                ■20スロ総数中の高設定投入割合:◎
                20スロの総数105台
                対象範囲の投入24台:22.9%
                ■高設定投入台の予測の容易性:◎
                判りやすい傾向がアリ
                法則・周期性等がアリ
                ■投入台の人気・スペック評価:◎
                ■遊戯料金・交換率での優位性:△
                46枚貸し・5.2交換・貯玉
                ■取材等対象範囲の総差枚結果:◎
                対象範囲の総差枚+40,044枚
                ☆特記事項:

                【総評】
                休業前より並びも投入台も微増はしたものの、傾向も、そのボリュームもほぼ休業前と変わらぬ姿を魅せてくれた事には安心した。
                特別今回がではなく、これが同店のいつもの姿であるのだから、もっと狙われても良いのではないかと思ってはいたが、今回は余す事無く攻め切れている事から、しっかり予習して臨んでくれたものと思いたい。

                この少ない設置の中で、これだけのモノを継続して魅せる同店には、それに見合った賑やかさがあって欲しいと願うばかりだ。

                まだ休業明けから元の様な営業を魅せられないホールが多い中で、ほぼ全ての傾向を維持・継続させ、投入割合増、並びも増、そして差枚結果も増を魅せた事は、0.6ギャップがあったとしても評価したい。

                全台差枚でも+33,497枚と、100台そこそこのホールがやらかす分岐営業としても優秀だろう。

                以上から、今回は☆5

                注:スマホ表示での見易さを模索中の為、表記が暫く色々変わるかもしれません

                  1 返信
                  営業 5 (2020年6月14日の結果報告)
              • 2020年4月4日の予想
                出玉予想:△
                高設定の入れ方予想:
                機種(全台~1/2系) 末尾(全台~1/2系)
                並び予想:10~49人

                旧イベント4のつく日
                最近の傾向では客側がプラスで終わっている。
                過去結果を見るとまどマギや星矢SPだが
                今回は前回と同じ絆2を軸にサラ番、政宗を予想してみた。

                • >2020年4月4日の予想結果

                  最近の旧イベと比較すると少々物足りないと取るべきか?それともコロナの影響に負けずにホールの頑張りを褒めるべきか?
                  自分は後者を選択した。
                  いつもと同じ立ち回りで充分戦える機種に高設定を入れてくれた。絆2が全台 サラ番にも良い挙動の台が一台あり 他にも攻殻機動隊とかも良さげなグラフを描いていた。

                  今回も当日予想を挙げてしまった
                  次回より早く予想を挙げ ユーザーのお役に立てればと思う。

                  営業 3 (2020年4月4日の結果報告)
              • 2020年3月14日の予想
                出玉予想:◯
                高設定の入れ方予想:
                機種(全台~1/2系) 末尾(全台~1/2系) メイン機種強め 少台数機種強め
                並び予想:10~49人

                【4の付く日が旧イベ日。『スロッター✕スロッター』としての初開催】

                となる今月の月イチ突撃となる3月14日を予想してみよう。

                「コインを弾丸以上の速度で連射する能力」を持つらしいと言われるゴトー氏が率いるプロ集団「ゴトー軍団」が、その類稀なる情報収集能力を以て厳選したホールへ突撃し、ペンペン草も残らない程食い尽くすと言われる(本当かwww)「ゴトー軍団の設定狙い」が3月からリニューアルし、『スロッター✕スロッター』と、やはり何がしかの特殊能力を持つ人達の集団の様な匂いもするタイトルへと変わっての初突撃だそうですよ。

                それなら「何だか特別感あるよね?」って感じで期待してみたい。

                改めて同店の状況をおさらい。

                スロット設置は123台。内、20スロは105台。
                これまでの実績からの、総設置台数に対する高設定投入割合は15%~20%と高め安定。
                狙い方は【複数台】【末尾系】【バラエティ】と、設置台数が少ない中でも頑張って傾向を作り出し、【魅せる営業】を心掛けていると見える点は好感度が高く、各項目にもそれぞれに【それなりに強めな傾向】を作られている様子み見える為、並びが比較的少ないという点で【客の評価がそれ程高まっていない現時点では非常に穴場感がある】と言って良いホールだと言えよう。

                【複数台】
                まどマギ系、蒼天の拳、星矢SPの投入率が非常に高く、この辺りは鉄板機種として狙ってる客も多いと思われる。
                特に星矢SPでは毎回全台1万回転を超えるブン回しが見られ、抽選の最前列1~3番は直行してると思われるほどの信頼感であり、当面、同ホールでは安定して継続される傾向と言え、【同店の複数回投入機種への常連客の信頼度の厚さが垣間見える】

                今年に入って2回の開催では、続けて蒼天の拳が外れるという【客目線ではハプニング】といえる状況だったが、その代わりとして連続投入されたのがエウレカ3。

                エウレカ3も8000回転超レベルで回され始めただけに、蒼天もまだ撤去はされてはいないものの、6号機として更に看板機種として世代交代という意図だと感じ取って良いのかもしれない。

                狙いは勿論
                ・星矢SP
                ・エウレカ3
                ・まどマギ系、叛逆が優位も、まど2との2択
                何かAタイプを1機種、固定枠化させようと苦心している様子が見られるが、マイジャグ系を持たない同店のジャグラー系は客への出玉期待感への訴求力は弱い。
                前回もアイム系の投入を見たが、アイム系は全6でも他機種の5以下というロースペだけに、どうしても差枚マイナスまで振れてしまう事も多く、店舗側は入れやすい反面、その出率程も出ない事の方が多く、客の信用・信頼が揺らぐリスクも内包する機種だけに、同店は恐らく今後の投入は無いと予想する。

                もし入れるとしても、クラセレやクレア眠りでは、そのポテンシャルからAT&AT機の枠を一つ使いたいレベルのなってしまうし、番長Aは逆に厳しスペックといって良く、ニューパルDXも好んで朝から狙う台とも言えないだけに、手持ちの弾としては、もしAタイプ投入があるとすれば、ゴージャグ【3台】、ハナビ【4台】、ギアスR2CC【2台】辺りが選択肢になるのではないだろうか。

                最後に、同店の新台・導入台の直近開催への投入実績は希薄。あっても末尾系やバラエティの範疇で考慮するレベルだろう。

                ただし、現在のコロナウィルス関連で広告自粛の風潮があるなか、同店でもその類は控えている様子ではっきりとは判らないものの、現時点でバジ絆2【3台】は導入されており、新台・導入台の投入傾向が薄い他店でも【絆2だけは例外的に投入を魅せる】事が多い為、今回は安定信頼枠にAタイプ枠より絆2投入を魅せる可能性はあるかもしれない。

                【末尾系】
                末尾系においては、同店及び系列店の特徴として1/2前後の投入率が一般的な中、7割から全台に渡って6の投入となる場合が多いので、バジ絆2の複数台での全台系投入が無かったとしても末尾系で拾われての6投入は期待して良いレベル。

                また、末尾でひっかかるバラエティ機の勝率が特異的に高い傾向がある為、バラエティでの当たり台から末尾を察知する音が近道になりそうであり、そのバラエティの当たり台に、直近での1台導入台は高確率で期待出来るため、3段論法的ではあるが、1台導入台の末尾は末尾系での有力候補足り得るという事がいえるという事になる。

                また、同店は台番号の「4・9」という番号を使用しないのと、末尾系では同じ番号を使わないという傾向がある為、この時点で前回の「3」を含む3個の数字が候補から外れる事はほぼ間違いなく、更にバジ絆2が全台系未投入であった場合、バジ絆2の3台の台番末尾のいずれかで、「3ではない末尾」は、今回に限っては高確率で狙えるかもしれない。

                ◎同店の末尾系での投入割合は、他系列に比べて圧倒的。ここの察知は勝敗に直接繋がる、同店での【複数台での星矢SPの確保と同等以上に重要なポイント】です

                【バラエティ】
                末尾の項でも述べたが、バラエティで末尾系に該当する機種の高設定投入率=当たり台の確率は非常に高い。
                逆に言えば、バラエティで出始めてる台の末尾が、末尾の当たりの可能性を示すという事になった訳だが、こちらは対象が12台となっており、その内の4台の投入が見られる。

                見た目上【1/3投入】という事だが、【末尾2・3・5・6】は2台づつ存在しているので、末尾系での当選末尾の投入割合が頗る高いのが将軍系列の特徴だけに、
                【末尾2・3・5・6を末尾系で通せば2台は末尾系と被り、結果明示上の投入量はそのままに実投入台を減らせる】という効果が産まれるので、この末尾で2台が好挙動を魅せたら【そういう事】だと察知する嗅覚を育てよう。

                これまでの末尾実績:全15回中【2356】は9回。
                4.9を除く全数字種は8個。
                完全ランダムであれば、【2356】の選択率は全種中の1/2なのだが、その投入比率は3:2で【2356】に寄る。

                情報量が非常に多くなったが、比較的少ない105台という設置台数の中で、他者より早く高設定投入台を確保するには、より多くの傾向・パターン・可能性を頭に入れて置き、実際の挙動から察知を早める事が近道です。

                頑張りましょう。

                  • >2020年3月14日の予想結果

                    朝一抽選= 59名
                    一般入場= 7名

                    【複数設置台】
                    (全6)
                    ・聖闘士星矢 海皇覚醒Special
                    出玉率 106.9% 勝率 66%(2/3台)
                    ・交響詩篇エウレカセブン3 HI‐EVOLUTION ZERO
                    出玉率 109.7% 勝率 100%(2/2台)

                    (一部投入/で56)
                    ・劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(2/4投入)
                    出玉率 103.7% 勝率 50%(2/4台)

                    投入機種は完璧でしたね。
                    今後もこれを続ける事は、軍団や専業の的には当然なるでしょうけども、それを求める並びは期待出来るし、抽選不正なり、店内ダッシュなり、出来る限り抑え込んで公平に行き渡る努力さえ怠らなければ、最高の環境と言えると思います。

                    叛逆の判別もしっかり出来ている様ですし、上質なスロッターが集まってる様ですね。

                    【末尾系(9/13台投入:No.6)】
                    ・出玉率 102.5% 勝率 62%(8/13台)
                    今回は約2/3という投入になった様ですね。(複数台との重複を除外して1/2ね)
                    残念ながら絆2の引っ掛かりは無かった様ですが、末尾の番号の選択パターンも大体見えてきましたし、同店には是非我がホームへ移転してきてほしい状況です。

                    【バラエティ(5/12台投入)】
                    ・出玉率 94.2% 勝率 33%(4/12台)
                    こちらは、末尾系との重複分を除外して1/3となる投入と、本当に良心的且つ優良な管理者と言えると思います。
                    私のホーム最寄りの同店の系列店の店長と入れ替わって欲しいものだ。

                    ただ、残念ながら今回の末尾系【6】は当然2台含まれていた訳ですが、「秘宝伝Rev」が投入対象とならなかった点が、予想した側としては残念な点。
                    ここにも投入があれば、全てにおいて完璧、ホールでの実践的立ち回りでもほぼ完全攻略的内容になったのですが残念です。

                    ラブ嬢Ⅱの回しは末尾系で辿ってのモノでしょうし、秘宝伝Revのこのマイナスでも3700まで我慢したのも恐らくそうなんでしょう。
                    ここは応えてあげて欲しかった点ではありますが、もう充分すぎる程に客とのキャッチボールが出来ている、【並びは少ないがかなりの優良店】といって差し支えないレベルでしょう。

                    ・設置121台への並び59人。台確保の容易性:◎
                    ・20スロ設置105台。対象範囲の投入18台。投入量:〇
                    ・判りやすい傾向・法則等が見られる。台選択の容易性:◎
                    ・選択された台の人気度・スペックの評価:◎
                    ・46枚貸し、5.2交換。客側の優位性:△
                    ・20スロ対象範囲の総差枚+7,705枚@非等価。結果:△

                    ☆=超優秀
                    ◎=優秀
                    〇=平均的~良
                    △=平均未満
                    ×=明らかに劣る

                    環境、構成は兎に角優良店のソレではあるのだが、今回は些か不発が多かっただけに対象範囲の総差枚が一息になってしまったのは残念。

                    同店のポテンシャルと環境ならば、交換ギャップには目を瞑る必要はあっても常に高評価を付けたいところではあるが、充分な投入量があっての低差枚では流石にそれも適わず。

                    以上から、個人的には非常に残念で【独断的補正】という恩寵を発動したい所だがそうもいかない。今回は☆3

                      2 返信
                      営業 3 (2020年3月14日の結果報告)
                  • 2020年2月14日の予想
                    出玉予想:◯
                    高設定の入れ方予想:
                    機種(全台~1/2系) 末尾(全台~1/2系) バラエティ強め
                    並び予想:10~49人

                    旧イベ日が「4の付く日」という珍しいお店の同店へ、月イチで訪問している某プロ集団の今月の訪問日は2月14日だそうだ。

                    直近6ヶ月、6回の履歴では星矢海皇覚醒SPが5回、まどマギ叛逆と蒼天の拳朋友がそれぞれ4回ずつと、明らかに偏った出現率を見せており、理由は兎も角「複数台」としてはここから狙うのが確実性が高そうだ。

                    また、1月16日の入替で導入の犬夜叉は1台導入だが、前日の2月13日にも

                    ・ラヴ嬢Ⅱ
                    ・鬼浜爆走紅蓮隊 愛
                    ・A-ALOT 北斗の拳 将

                    が予定されており、この中に複数台での導入があれば、そこは警戒しておきたい場所だといえる。

                    また、末尾系においては、同店及び系列店の特徴として、他店では1/2前後の投入率が7割から全台に渡って6の投入となる場合が多いので、上記新台の1台設置は末尾系やバラエティでの当たりに期待すべき。

                    また、末尾でひっかかるバラエティ機の勝率が特異的に高い傾向がある為、バラエティでの当たり台から末尾を察知する音が近道になりそうであり、そのバラエティの当たり台に、直近での1台導入台は高確率で期待出来るため、3段論法的ではあるが、1台導入台の末尾は末尾系での有力候補足り得るという事がいえるという事になる。

                    また、同店は台番号の「4・9」という番号を使用しないのと、末尾系では同じ番号を使わないという傾向がある為、この時点で前回の「8」を含む3個の数字が候補から外れる事から、1/7までは最初から絞れる事となるので狙い易いといえるのではないだろうか。

                    引き続き、複数台の傾向、末尾の法則等絞り込んでいき、勝率を追求していこうと思う。

                      • >2020年2月14日の予想

                        抽選人数:72名
                        一般入場:4名

                        【複数台】
                        (全6)
                        ・アイムジャグラーEX AnniversaryEdition
                        出玉率 93.4% 勝率 50%(1/2台)
                        ・魔法少女まどか☆マギカ2
                        出玉率 110.0% 勝率 75%(3/4台)
                        ・聖闘士星矢 海皇覚醒Special
                        出玉率 107.3% 勝率 100%(3/3台)

                        (全56)
                        ・交響詩篇エウレカセブン3 HI‐EVOLUTION ZERO
                        出玉率 109.2% 勝率 100%(2/2台)

                        【末尾系(10/13台投入:No.3)】
                        ・出玉率 101.3% 勝率 46%(6/13台)

                        【バラエティ(4/12台投入)】
                        ・出玉率 101.8% 勝率 42%(5/12台)

                        アイム以外は全体的に良く回され、結果につながったね。
                        末尾系でのAタイプの不振が残念といえば残念か。
                        全6アイムはあんなもんですよねw

                        ・設置121台に並び72人は如何にも多く、台確保の難易度高。△
                        ・20スロ105台に対し投入24台はかなり優秀。◎
                        ・投入台に傾向や法則性が見られず、台選びの難易度高。△
                        ・非等価46枚貸し5.2枚交換は若干辛い。△
                        ・対象範囲での全台差枚は∔26,359枚。非等価であり並。〇

                        以上から、今回は☆3で。

                          1 返信
                          営業 3 (2020年2月14日の結果報告)
                      • >さいたま市浦和区上木崎|2月14日 攻略情報 | パチンコ店長のホール攻略 さん

                        […] みんパチ […]

                        • 2020年1月14日の予想
                          出玉予想:◯
                          高設定の入れ方予想:
                          機種(全台~1/2系) 末尾(全台~1/2系) メイン機種強め バラエティ強め
                          並び予想:10~49人

                          20スロ105台に対して、複数台では3~6機種、8台~16台の投入対象と、ちょっと日によって幅が見られ、ここは何がしかのパターンを掴みたいところだろう
                          単純に倍違うので、ツモれる期待値も格段に変わってしまう。
                          今後も継続してそこを読み解いてみたいと思う。

                          その他やバラエティは台数の変化は起こらないが、プラス差枚台の割合が結構ブレている傾向が見られるが、これは恐らく稼働率からくるものと思われる。

                          という事で、勝率や収支の安定化には、バラエティやその他から入る方が安定しそうなのだが、如何せん末尾やバラエティは他者の稼働状況を見てからの方が投資が減らせるというのも確かなので悩ましい所だが、この日の条件なら、前者で60%超、後者で50%程度の最終プラス差枚結果を見せ続けているので、ザックリ黙って座っても1/2でプラスの恩恵に預かれると言う見方も出来るのかも。

                          その中で、複数台=全台~1/2?では、星矢SP、叛逆、蒼天の選択率が高く、残り1~2機種にAタイプからART機に至るまで傾向が掴めないランダム投入が見られる。
                          素直に前者から入るのがセオリーだろう。

                          直近で導入されているエウレカ3、政宗2増台、地獄少女宵伽増台をどう捉えるかだが、地獄少女は全台系で使って一度勝率100%の爆発を魅せても再度投入していた上での更なる増台だけに、全台での投入も含めて、末尾で引っ掛けてくる可能性を想定するべきだろう。
                          政宗2の爆発力も踏まえれば、ここから末尾を引っ掛けて考えるのもありではないだろうか。

                            • 並びは抽選41+一般5
                              ほぼいつもレベルの朝一状況

                              まどマギ叛逆    出玉率 103.1% 勝率 75%(3/4台)
                              聖闘士星矢SP    出玉率 105.2% 勝率 66%(2/3台)
                              エウレカ3      出玉率 111.4% 勝率 100%(2/2台)
                              ここが全56という魅力的な場所というのが答えだったみたいなんだけど、全9台、見事に8000~10000回転と確信をもってブン回された様子。
                              ここまで見事に全台回されるのもあまり見かけない、朝からしっかり知識持った人が取り付けたみたいですね、多少の収支のバラ付きは出たモノのお見事でした、期待値も大幅に積み上げた方達は今後も良い結果を重ねて行くのだろう

                              末尾(10/13投入:No8) 出玉率 100.0% 勝率 38%(5/13台)
                              10/13という高配分で56が配置された末尾系だったが、結果はなんとか全台平均100%という事に。
                              勿論、ホール側としてはここも楽しませようという意思が見られるのだが、選択された8のルートは、ロースペAタイプであったり、爆発力が無い訳ではないがトリガーがキツめな台、もしくは設定から受けるイメージよりはなかなか差枚が揉んで上がらないケースの多い台等が多いラインな感じですね
                              それでも回し切れば自ずと結果は出る場合が多く、地獄少女とリゼロでなんとか構尻があった感じですね。

                              バラエティ(4/12台投入)   出玉率 97.7% 勝率 33%(4/12台)
                              こちらは1/3での56投入ということになったが、その対象機中最も期待したいギアスの不発が足を引っ張ってしまったものの、元々1/3の投入で全台出率で100%を超える事自体大変な事なので、今回は仕方がない結果といえるのかも。

                              全体結果としては、全台系が大きく結果を出したのに比べ、このところ好調だった末尾、バラエティの不発になってしまったが、投入自体はしっかり為され、対象の範囲では全体差枚としてはプラスを堅持したので評価は☆4としておこうと思う

                              勿論、ホールとしての姿勢も客を楽しませよう、期待に応えようというモノが感じられたので、次回も期待をしたいところだ。

                                営業 4 (2020年1月14日の結果報告)
                            • 景品交換所の場所
                              少し分かりにくい位置にあります。
                              店舗の入り口を出ていただくと目の前に整体屋さんが見えるかと思います。
                              そこを真っ直ぐ行くと交換所が左手に見えてきます。
                              ※入り口は2つありますがタクシーが見えるロータリーではない出入り口から出てください。

                                1 返信
                              • 入場方法
                                整理券の有無:なし(並び順で会員カード不要)

                                • 稼働が低すぎて、台選びもクソもありません。営業努力を全く感じない店。
                                  スタッフのフロア巡回能力も低く、稼働が低いから人数もいない。1人トラブると全然スタッフ来なくなる。
                                  貯玉貯メダル再プレイ制限有り(しかも少なすぎ)とか何時の時代だよと感じます。
                                  コインサンドも古く、50枚ちゃんと出ない事も結構ある。

                                    2 返信
                                    営業2
                                    接客1
                                    設備2
                                    悪意が感じられる内容である為、全ての評価が無効となりました
                                  • 7/14 ゴトー軍団突撃日

                                    まず、朝の入場方式は並び順となってます。入り口から道路上に並ぶ感じです。この日は雨だったのですが屋根もないので結構キツかったです。
                                    営業面としては、やはり末尾系が強い印象でした。因みに0~8(4除く)ですので実質1/8で高設定といった配分です。そしてこのイベントに来るお客さんはかなりレベルが高く昼過ぎには特定末尾が埋まっておりました。バラエティーはそこまでではないと思います。
                                    設備面ですが、小さな駅前の店舗なのでかなり台間が狭く、人が後ろを通る度に椅子にゴンゴン当たってしまう。また、自分が通る際にも人様の椅子に身体を当ててしまうので申し訳ないといったことを常に感じてしまいます。コインロッカーはあります。充電器は不明

                                      営業 4
                                      接客3
                                      設備2
                                    • いつ行っても島に1人か2人しかいないお店。
                                      どうやって利益上げているのか不思議。

                                      換金率はよくある47の50、186の200返しみたいです。
                                      5スロの方は計数機が付いているのでドル箱を積む必要はありません。20は流しです。
                                      ホールの女の子の対応は丁寧で良いです。

                                        1 返信
                                      • 明日、ゴトー軍団が突撃する模様。

                                        https://rx7038.com/?p=42948

                                        前回の全6機種の信頼度はそこそこ高く、
                                        1/2で56末尾が好調だった。

                                        1/3で56バラエティは微妙。