みゆきビクトリー

このホールに投稿された情報を
アプリのプッシュ通知で受け取る
みゆきビクトリー
特徴

この店舗は、紋別バスターミナルから徒歩10分圏内の場所にあります。
紋別市は、オホーツク海に面しており、冬は流氷が来る街です。
1989年4月までは、JR名寄本線がありましたがオホーツク今となっては、鉄道では、訪れることができなくなった街でもあります。

評価
番付未評価
全期間
総合点この店舗はまだ評価されていません
営業評価0
接客評価0
設備評価0
基本情報
営業時間9:00~23:00
住所北海道紋別市本町7丁目4
地図こちらをクリック
台数パチンコ224台/スロット48台
旧イベント日情報募集中
入場方法
情報提供する
遊技料金
パチンコ4円 1円
スロット20円
交換率(換金率)
4円パチンコ28玉
1円パチンコ非等価
20円スロット5.6枚
景品交換所の場所

景品カウンターの左手側の出入口を出た右手側

外部リンク
台データ情報提供する
店舗ブログ情報提供する
Twitter

※上記の情報においては正確でない場合もございます
※ホールと景品交換所には一切の関係性がありません

ホール攻略LINE 北海道版

評価・コメントをする営業の予想をするpt大幅還元

メールアドレスが公開されることはありません。

この店舗を評価する

営業
接客
設備
営業評価旧イベント日や取材日のみの出玉状況の評価をしてください
(通常営業日においてはどこのホールも基本回収なのでそれは評価には加えないでください)
接客評価接客、清掃状況、スタッフの容姿
設備評価新台やデータ機器の充実度、台間シャッターや肘掛けの有無、Wi-FiやUSBの有無、休憩所や食堂の質、装飾の華やかさ

サムネイル画像が設定できるようになりました♪
設定してみる

画像をアップロード


※Ctrlキーを押しながらの画像選択で一度に4枚まで投稿可能


2枚目の画像


3枚目の画像


4枚目の画像

新着コメント (全3件)

  1. その他画像

    オホーツク海と紋別市街
    旧名寄本線中湧別駅(1989年4月末で廃線となり。現在は記念館)

  2. 景品交換所の画像と再監画像となります。

  3. 【店舗名】
    みゆきビクトリー
    【営業時間】
    9:00~23:00(遊技終了22:45)
    【台数】台数を数えて計測
    パチンコ
    1円128台
    4円96台
    スロット
    48台
    【景品交換所の場所】
    景品カウンターの左手側の出入口を出た右手側にあります。
    【レビュー】
    この店舗は、紋別バスターミナルから徒歩10分圏内の場所にあります。
    紋別市は、オホーツク海に面しており、冬は流氷が来る街です。
    1989年4月までは、JR名寄本線がありましたがオホーツク今となっては、鉄道では、訪れることができなくなった街でもあります。
    私は、そのようなことはあり、生まれて初めて来ました(私が生後何年なのか、みなさま方に興味なしと一喝されるので割愛いたします。)。
    大きく反れてしまいました。
    うんちくばかり記載していないでレビューいたします。
    本日、午後6時過ぎの状況となります。
    スロットは、1列12台配置で合計4シマ、遊技客5名
    パチンコは、1列16台配置で1パチ、4パチ合計で224台、遊技客15名前後で、打っている方みなさんご年配の方ばかりという状況でした。
    私は、海シリーズを打ちませんでした。
    と申しますか、4パチの遊技客が1名のみでしたので、余裕で台は選べる状況でしたが、いくら私がボーダーにさほどこだわらないエンジョイ派だとしても、釘調整がヘソ、風車、寄り、ジャンプを見ただけで、ユーザー側から見て、これはまずいという調整だったこと、今現在の時刻から開始では、挽回できる可能性が少ないと判断し、様子見のみとしました。
    パチンコ遊技台の遊技環境は、ドル箱を積む形態(積んでいた方一人もいませんでした。)、台間狭く、旧分煙ボードなし、ただし、感染症対策で、スロット、パチンコともにビニール製の仕切りあり、数は少ないもののコインロッカーはありました。
    店舗内は、とても古めかしく、トイレも同様でした。

    最後に店舗画像、景品交換所画像、運営サイドで再監できる画像、その他画像を添付いたします。

    差し替え投稿が必要になることになり。お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。
    それでは失礼いたします。

    1 返信