フェイタン のコメント一覧

  • 21
  1. フェイタン
    2020年2月2日の予想
    出玉予想:◯

    週末には数百レベルの並びが発生する、人気の大型スロ専の同店の旧イベ日のひとつ、「2の付く日」となればやはり期待して良いでしょう。

    勿論2月2日ですので2が並ぶ上に日曜でもあるので、並びのボリュームは考えたくもないですが、これだけ人気機種を当たり前の様に投入してくれる店舗も珍しく、その出玉の期待値も大きいとなれば、抽選という神の選別に身を委ねてみるのも良いのかもしれません。

    狙いは複数設置台での全台系。
    投入傾向はAT&ARTからAタイプのどれでもチャンスがある偏りのないタイプ。
    傾向と言う掴み処があまりない、予想としてはし辛いホール。

    それでも何か端緒をという事で探してみると、1月24日に新台入替があって6号機の最新話題作からジャグラー系、ハナハナまで多種多様な新台、増台の導入があったようです。

    スカイガールズ~ゼロノツバサ~ 【4台】
    マイジャグラーIV 【26台】
    マイジャグラーIII 【8台】
    グレートキングハナハナ‐30 【4台】
    パチスロ 花伝 25φ 【3台】
    パチスロ モンキーターンIII 【2台】
    パチスロ BLACK LAGOON3 【2台】
    パチスロ黄門ちゃまV 【2台】
    パチスロ獣王 王者の覚醒 【2台】

    新台・増台でこの様な設置台数となっており、ここは狙い処ののヒントとなるかもしれませんが、ここでも投入機種実績と同じで、一通りを網羅して偏りという隙を見せないこの店らしさが垣間見えるとも言えるかもです。
     
    全6の可能性が見えるのは、叛逆等の例外的前例はあるものの、多くが4台設置以下で選択されてきており、1/2や1/3という部分的投入台としての候補は、アクロス系を除いては4台設置以上で選択されている事が殆どである事から、他のホールさんで見られる傾向と差はなさそうです。

    こうやって見てくると、ちょっと狙い台を絞るのが難しいホールだという事を再認識させられるばかりですね。

    これを【この店の特色】と捉え、【抽選が多かろうとどの台にでも可能性があるので有利不利が無い】と前向きに解釈するのも悪くないのかもしれま続きを読む

  2. フェイタン
    2020年2月3日の予想
    出玉予想:◯

    恒例の3の付く日、2月3日も勿論期待の1日となる事でしょう。

    複数設置機種での全6、全56、1/2や1/3での56での投入と、色々趣向を凝らせながら多機種への安定投入が期待できる点の安心感が〇。

    【複数設置台】
    此の所6回連続で投入されてきている凱旋を始め、まどマギ系、番長3、ギアスR2CC、政宗2辺りは定番の選択機種。
    ここに前々回初投入から2回連続投入された北斗天昇、人気の高いマイジャグを筆頭にジャグラー系、アクロス系Aタイプも入れ替わりで選択され、人気機種で魅せてくるスタイルは狙いは絞り易く、根拠を掴んでしっかり回し切る上級者も多い様で出玉感を毎回しっかりある。

    全56や、部分投入56でも、毎回確実に6挙動が見られ、よくある「56といってもどうせ5」という残念な事がないというのも積み重ねてきた傾向。
    あとは、アムディ系列では特異的に重用されているドリームクルーン2まで選択範囲として意識しておけば、余程外れる事はないと思われる。
    今回もこの辺りから狙って行きたい。

    【末尾系】
    複数台の方で、ジャグラー系やアクロス系の選択が無い時はまずこちらで引っ掛けてくるので、そこから紐解くパターンは後ヅモ用の立ち回りで〇。この所、8682277227ときましたので、今度が7であれば、このパターンが今後の判りやすい傾向として印象付けようとしてる可能性はあるかも。

    また、引っかかったアイム系、旧基準はアツイ傾向がある事、引っかかったバラエティ機種でも問題なく投入される、という所も「判りやすい傾向」として途切れる事無く継続中。

    どちらにしても1/2での56の投入、それも毎回確実に6挙動台が見られる末尾系も、狙う価値のある投入形態だと思います。

    結果はデータとして出ているし残っているものなので、その積み重ねで判断は各々ですれば良いのですが、並びを考えてもこの投入量と結果は期待するに値すると思います

    狙います。

    続きを読む
  3. フェイタン

    並び、抽選25人+一般入場20人

    不二子A 出率109.0% 勝率66%(2/3台)
    北斗天昇 出率107.1% 勝率50%(3/6台)
    スープラSP 出率103.1% 勝率33%(1/3台)

    今回の全6箇所はこちらの3台だったようです
    出率はそれなりに出たものの勝率が微妙に見えますね。しかし、データをよく見ると、マイナスになった不二子の1台、スープラの2台、そして北斗天昇の3台中2台は殆ど回されていないか、多少は回されたもののプラマイ付近で諦め、放流されている状況で根拠が掴めず粘り切れなかった様子。展開ひとつで期待出来る形になれれば結果が出たであろう設定6だっただけに勿体なくも残念な結果。
    唯一、北斗天昇の1038番台 3367回転まで回して差枚ー2212枚というのは、流石に疑心暗鬼になっても仕方がない展開だろう。他の2台が順調に伸びを見せていれば全台系を確信して粘れたかもしれないが、それでも6号機でー2000枚を超える状況で更に追加投資は勇気がいるよね、赤トロフィー止まりだったかな?。

    まどマギ叛逆 出率99.8% 勝率60%(3/5台)
    まどマギ2 出率102.8% 勝率40%(2/5台)
    ゴッド凱旋 出率120.9% 勝率60%(6/10台)
    マイジャグ3 出率105.0% 勝率82%(9/11台)
    ニューアイム 出率105.6% 勝率47%(7/15台)

    こちらは56を部分投入された機種たち。出率、勝率の全体平均からみると投入割合は1/2という所だろうか。
    まどマギ2で+3,653枚、マイジャグ3からは+3,035枚&+4,932枚、ニューアイムでも+6,228枚と公称出率を超える台が確認出来ており、事故もありがちだとは言えゴッド凱旋からは+3,391枚&+3,369枚&7,273枚という結果も出ている事から、やはり同店では56と言ってもしっかり6の投入があるのだと再確認出来る結果。
    選択機種を見ても、人気機種、メジャー機種が選ばれており、不人気機種やロースペ台でかわしてるという様なネガティヴな印象を感じる事の無いものであると言える。

    末尾続きを読む

    営業4(2020年1月23日の結果報告)
  4. フェイタン
    2020年2月6日の予想
    出玉予想:◎

    同店の旧イベ日は「6の付く日」。2月6日が待ち遠しい優良店。

    1月の6の日では、こちらの予想、こちらの希望、こちらの妄想を超えた結果を出し続けた同店だが、2月以降もその勢いは続くのか楽しみだ。

    狙い方としてはありがちではあるけど複数設置機種での全台系、末尾系、あとは複数設置機種から漏れた機種であっても別途並びで固まって入る形態も良く見られるので意識したい。

    【複数設置台からの全台系】
    最も警戒が必要なのは、同店での看板機種といえる番長シリーズとジャグラーシリーズ。

    特にジャグラーは知識最大設置台数を誇る84台。中でも人気のマイジャグはⅢ&Ⅳ併せて39台と紛れもないメイン機種
    1月20日新装開店で更に増台されたゴーゴージャグラーの12台にゴージャグ2の4台を含めたゴージャグ系の16台がシェアとしては続くのだが、直近増台ジャグラーであるゴージャグは引き続き要注意である。

    番長シリーズでは4台と手頃な台数のサラ番は引き続き全台系の候補して注視すべき。4台設置のHEY鏡も候補足り得るし、12台設置の番長3も1/2や1/3では全然ありえるであろうし、「末尾」や「並び」ではほぼ間違いなく引っかかるだろう

    あとは、6号機での主力としては北斗天昇は常に警戒が必要であり、リゼロ、叛逆と合わせて注意したい。

    ディスクアップの全台系という実績からも、ハナビやまどマギAなども4台設置と手頃感がある。

    全台系では番長系、ジャグラー系&Aタイプ、6号機、5号機と網羅した構成を想定しておこう。

    『特に番長系、リゼロではパネル違いでの繰り返しの高頻度投入は警戒すべし』

    【末尾系】
    初回の旧イベ日に合わせた【6】の投入があり、2回目でも恐らくサービス的なポジションであろうとは思われるが【6】が再度選択されるも、投入割合で上位に置かれた【1】が本命であった事から、本命の台番は変わっていくという事だと思われる。
    今回は3回目となってどの番号に本命が変わるかは、傾向がこれから見えるまではなかなか難しいが、投入割合を落としたサービスNo.として【6】が今回も本命とは別に用意してくれる期待を持っても良さそうなホ続きを読む

  5. フェイタン
    2020年2月5日の予想
    出玉予想:◯

    5の日が旧イベ日であり、ジャグラーの超特化型店

    狙い方は複数設置機種

    ジャグラーのラインナップは以下の通り

    ・マイジャグラーⅣ 16台
    (6台列/10台列)
    ・アイムジャグラーEX-KK 2台
    (いわゆるアイムジャグラーEX AnniversaryEdition)
    ・ファンキージャグラー 3台

    ・アイムジャグラーEX-AE/KT 9台
    【赤パネルと緑パネル】(最も多く出回っているジャグラー)
    ・ゴーゴージャグラー 4台

    ・ニューアイムジャグラーEX-KT 6台
    (2014年導入、やや古めの一般的なジャグラー)
    ・スーパーミラクルジャグラー 3台
    ・ゴーゴージャグラー2 5台

    最大設置台数を誇るマイジャグⅣが勿論メイン機種であり毎回必ず入ってくるが、1/2や1/3で56という入り方が定番。

    投入形態は全台系と、1/2や1/3という部分投入を機種毎に区切って選択投入される。
    全台系での投入機種は基本3台設置か4台設置機種である。
    過去に6台設置(現在5台設置と減台)のゴージャグ2が2度選択された実績があるにはあるが、頻度から見れば圧倒的少数である。

    1/2や1/3という部分投入形態では、マイジャグⅣを含む全てのジャグラーが選択肢となり、3種~4種という実績ながら、最近は3機種が続いている。

    敢えてもう機種名で分けて書いたりもしないが、上のリストと、投入形態別の割り振り条件を照らして貰えれば、自ずと狙いは絞れると思う。

    並びの人数も少ないので、ちゃんと考えて選択、ちゃんと判別して判断の出来る人ならこんなに美味しい店は無いと思われる。

    続きを読む
  6. フェイタン
    2020年2月3日の予想
    出玉予想:◯

    3の付く日が特定日として強さを見せてきた同店の2月3日ですね。

    Aタイプ数台+荒めの台1というパターンが固定化してきた感のある同店ですが、お客さん側としても、お店としても互いに良い結果を生むと思われるので良い傾向ですね。

    デメリットとしては、それを嗅ぎ付けた軍団が入り始めると、なんだかんだで占有率を上げられ、単身乗り込む私たちでは確保が難しくなるって事くらいでしょうか。

    最近はスーミラの選択がずっと無いので、マイジャグⅢ&Ⅳ、ゴージャグ、ファンキーから複数台+(北斗天昇・まどマギ2・サラ番・エウレカ3の中のいずれか1機種)とシンプルな構成が続いてます。
    特に直近はサラ番→エウレカ3→サラ番→エウレカ3とテンポよく来てますので、素直にジャグラー系かサラ番から入るのが、この店のセオリーと考えて良さそうです。

    勿論、勿論、まど2、叛逆、北斗天昇、更にギアスR2CCにアクロス系ハナビの前歴もありますので、常に頭の隅には留めておく方が良いですよね

    Aタイプバラエティもしっかりとした傾向が見られますので、そこから順次狙いを広げる形で良いでしょう。
    熊酒場にはいい熊が来るようです。

    1月23日以降には新台入替も無いようですし、引き続き以前と同じ立ち回りで高設定をゲットしたいですね、並びも多くないので非常に有利な環境だといえると思います。

    続きを読む
  7. フェイタン
    2020年2月2日の予想
    出玉予想:◯

    同店の旧イベ日の「2の付く日」。
    2月2日と2が並ぶだけに、普段でも三桁の並びを見せる同店だけに、今回の並びも相当なモノになるのではないでしょうか。

    またスロ設置が423台と多いものの、全台系では2~4機種、6~19台とかなり日によって幅があり、1/2や1/3で入る複数設置台では対象機種が1~5機種、8~49台とこちらでも大きな幅があり、同じ特定日でもその期待度は当然ピンキリである。

    特異的に多い日はありはしたが、最近の傾向は全台系対象6~10台、部分投入機種の対象台数としては相変わらず8~25台前後とムラがあるが、投入割合は1/2~1/3になるので高設定の期待存在数は10~23台という事になるだろうか、400台超の総設置台数の店の特定日としては、お世辞にも多い割合とは言えないだろう。

    それでも三桁の並びを継続的に作るという事は、その様な「塊」での投入以外でのスポット的な投入や、平均ベース設定が高めで、誰もが高設定を期待する様な挙動を
    振れ幅の範囲としても高頻度で魅せる程度で配置されていると解釈できるであろう。

    あくまでも想像でしかないが、それも等価店でそれを維持出来るのは大したものである。

    しかしながら、これだけの台数が揃っていると機種数でもかなりのものであり、余程レアな機種でなければ大抵網羅されており、3台設置以上が過去の実績からは「複数設置台」と認識して良さそうだが、その中から3機種前後の台を、特徴的な傾向がある訳でも無い中で狙い台を絞るのは困難を極めるだろう。

    敢えて挙げるとするならば、部分投入台として最近は毎度1機種のみではあるが対象となる枠での過去の実績からは、比較的GOD凱旋の部分投入が反復して見られるという事くらいだろうか。

    全台系枠では2~3機種が対象になってきている様だが、ここは繰り返し投入選択される様な傾向が見られず、また、凡そ爆裂機と呼ばれるような系統での人気台も、導入時期に近しいタイミングでの6号機の選択も、また旧要件機・5号機の人気機種と言われるような機種の選択も、全くない訳ではないが頻度は少なく、前回の戦国乙女西国であったりそれまでに一度も選択されていないハナビという様な本当に宝くじの様な枠となっており、抽選で続きを読む

  8. フェイタン
    2020年2月2日の予想
    出玉予想:◯

    この店の旧イベ日「2の付く日」として、2月2日は「2が2個」付いてしまう、期待感のある日付で予想をしてみよう

    まぁ、1月22日と、2の個数は一緒なんですけどね

    【2020.02.02】

    なんか特別感あるから良い事起こりそうだよね

    前から読んでも後ろから読ん(もういい。。。

    今回は、流石に21日に増台されたメイン機種

    押忍!番長3 【増台・全24台】
    まどマギ叛逆 【増台・全10台】

    ここはもう入る事でしょう、ここで入らないならもう一生入れるな!ってくらい、入れるなら今回ですよね。

    台数的に全台までは望めなくとも、1/2や1/3、塊・並び、パネル区切りでの部分投入は必ずあるだろうと信じたい所。

    あとは、全台で入るなら2台設置機種、2台設置も含めそれ以上の台数の機種については1/2,1/3で複数機種対象に広めに投入してくれるのがこのお店のパターンですので、設置台数の多い店ですから中々ピンポイントに絞るのは難しいものの、1台高設定挙動が感じられたらもう一台の方も高確率で入っているとか、1機種2台が入っていたら、並びで隣の機種の2台もとか、色々なパターンがありますので、「出てる台の隣は入ってないだろう」という俗論はこの店では考える必要が無いとだけ覚えておきたいですね。

    スカイガールズ ゼロノツバサ
    リノ
    蒼き鋼のアルペジオ
    サザンアイズ
    アメイジングスパイダーマン
    ロックマン
    ギャラガ

    これらについても、今回で出してくる可能性は高いと思うので、好みのものがあれば狙ってみても良いかもしれません。

    続きを読む
  9. フェイタン
    2020年2月2日の予想
    出玉予想:◯

    前回26日では、2台の投入台の内、片方のハナビを数うちゃ当たる的な名前の挙げ方で出せたものの、戦国乙女西国とか、どうこをどう捻ったらこの台に行きつくのか皆目見当もつかない結果で・・・

    【相変わらずさっぱり掴めない】

    のが当店の傾向。
    その中で、次回2月2日に選択されそうなのはと考えてみたけど、言葉では言い表しにくいので省くけど、【ギアスR2CC】くらいしか見えてきた様な気になる機種がない

    前回は触れなかったけど、直近の新台として20日にはスカガ【1台】、忍魂【2台】が入っていたけど、かすりもしてないしね。

    それでも186台の設置に対して、毎回50人前後の人が抽選に向かうのだけど決して少ないとは言えないだけに、特別有利とは思えないのに抽選に列が出来てるんだよね。

    で、戦国乙女西国がなぜあんなに回せるのかと不思議に思う。

    もしかして・・・・

    「全てはメールから始まる!!情報命一」

    これかっ!?

    続きを読む
  10. フェイタン
    2020年2月2日の予想
    出玉予想:◯

    月初はどこのお店も勢いをつけて、その月の客足を乗せたい所なんでしょうね。
    先月もまどマギシリーズ総動員で楽しませてくれた同店ですが、今月も色々と趣向を凝らして楽しませてくれる事でしょう。

    多少無理を承知でザックリ纏めると、ここ最近の同店の投入機種は

    9月9日【まどまぎ系】
    初代まどマギ、まどマギ2、まどマギ叛逆
    10月10日 【Aタイプ】
    ハナビ、クレアの秘宝伝シリーズ
    11月11日 【まどマギ系】
    まどマギ2、まどマギ叛逆、まどマギA
    12月12日 【Aタイプ+RT】
    クレア眠りの塔、クレア女神の夢、A偽物語、エヴァ魂を繋ぐ、ギアスR2CC
    1月1日【萌え?系】
    マジハロ7、Re:ゼロ、エウレカAO、マジハロ5
    1月11日【M繋がり(M&M)】
    まどマギA、ゴッド凱旋、まどマギ、まどマギ叛逆

    と、明らかな【纏まり】を見せて投入されている
    このなかで全く「まどマギ」を絡めなかったのは【萌え?系】枠だけだが、本来まどかを「萌え系枠」から外す正当な理由もないはずなので、正月元旦仕様として特別枠と考えて良いだろう。

    では次回は?となると、なんとなくだが【Aタイプ+α】枠の様に見えてくるのではないだろうか。
    よって、1月27日の新台入替で「まど2」が更に増殖してはいるのだが、現在「まどか連続増殖中」として、度々のまどマギシリーズの増台を繰り返している為、その周期としてたまたま27日がまど2であったが、開催日の周期としては【Aタイプ+α】枠であって、そこがシンクロさせていないだけで、2/2の次開催では盛大に【まどマギ枠】で順当に。

    2月2日の予想は以下としてみる

    ハナビ4台
    A‐SLOT偽物語
    クレアシリーズ
    ニューパルサーSPII
    ディスックアップ(本来はAやノーマルではなくARTだが)

    この辺りでいかがだろう? 一応まどかAやエヴァ、R2CCもあるが。
    判りやすい傾向があって結果もだす店は優良店。

    続きを読む
  11. フェイタン
    2020年2月2日の予想
    出玉予想:◯

    引き続き複数設置台とバラエティを狙って2月のスタートダッシュを決めるチャンス。

    取りあえずは番長3とリゼロ、ここはもう裏切らないのだろうと思います。
    言い切ると色々問題もあるのかもしれませんが、ここが外れたらもう「騙した」くらいのレベルで常連さんには不評を買いそうな程、もう引っ込みがつかないレベルではあるのだけど、取りあえずは【そのような傾向が見られる】くらいにしておきます。

    で、残る1枠は何だろう?という、非常にコンパクト且つ、毎度そこが全となる重要なポイントですから、そこを考えないといけませんね。

    実績からも筆頭になるのはマジハロ5と戦国乙女2でしょう。

    次点としては、
    ・複数回選択された事のあるイクリプス
    ・最近入れだしたデビルメイクライクロスの様に、鏡と北斗修羅の2回目もあるかも
    ・イクリプス程は繰り返して無いものの、今回「おnew」マークついて5台へ増台のバジⅢ

    と、挙げ味目ればやはりいくらでも根拠づけ出来てしまうのだけれども、寄せたい、出して欲しい、という思いが強い程、もしくはお客様へ本当の意味での還元とか、楽しんで貰うという優良店程、判りやすい傾向になるはずですので、現状ではそこまで無理に広げなくても「ナルホド」の範囲で警戒は良いのだと思います

    バラエティに関しては、「エイリヤンエボ・プチマーメイド・スモモチャン・スープラ」そしてサザンアイズと、傾向がハッキリしているので、引き続きで楽しませてくれるはずです

    続きを読む
  12. フェイタン
    2020年2月2日の予想
    出玉予想:◯

    月と日がゾロ目の日が旧イベ日となっている同店が、某営業評価サイトの当日の期待度が県下No.2という高評価となっているので、狙ってみる価値がありそうだ。

    こちらのホールの様子を調べてみようとP-WORLDを覗いてみた所、新台入替が1月24日にあった様だ。

    更に進むと、台の説明や、朝の入場案内が写真入りで判りやすかったり、かなり親切な印象を感じながら見ていくと、機種の設置台数の表示がないのですよね。
    これでは、どの機種に力を入れてそうとか、複数台で狙うのか、バラエティとして考えるのか、そもそもAタイプが推しなのか、AT&ARTが主力なのか、6号機と5号機のシェアも判らず困った。

    ただちょっと目にしない台がチラホラ目にはつく。
    で、某記事に頼る事になるのだが、なんとバジⅢが12台もあるそうな。
    それならもう軸はまずコレは不動ですよね、ちょっと異端な匂いがするので、客側の人気とか、世間の注目とか関係なく、こういう場合は店の主張を感じ取る、、、で良いと思います。

    あとは4台構成が4機種、3台構成は数多くあるようだ。

    準メインと考えて良いのであろう4台構成台はアイム、マイジャグⅢ、リゼロ、ウルトラセブンとの事。

    ここから共に人気のマイジャグⅢとリゼロに投入する【客の期待に寄り添う店】なのか、それらを差し置いてウルトラセブンに入れてしまう【我が道を行く、我異端なり】であるのかと言えば、バジⅢを12台も揃える辺り後者の匂いがする。

    3台設置機種には聖闘士星矢SPや猛獣王を始め、人気機種となる叛逆・まど2・北斗天昇など、意外に(謎)正統派なラインナップも押さえている様だが、そこは経営上の妥協感を感じてしまう(謎

    クレア3ではなく未だにクレア2を使っているとか、サンダーVが3台も設置してあるとか、本来こちらが同店の本当の顔、【仕方なくではなく好んで選択】に思えて仕方がない。

    更に畳みかける様で申し訳ないが、このホールには「萌えスロバラエティ」という名の1台機種構成のバラエティコーナーが設置されているらしい。

    もう【我が子を信じたいけど信じきれなくなってきている親の心境】にも似た、まともな普通のホール続きを読む

  13. フェイタン
    2020年1月31日の予想
    出玉予想:◯

    引き続き31日を考えてみます

    31日は某プロ集団の突撃のみですので、一切の遠慮なく彼らがホールを蹂躙するのでしょう。

    先だって取り上げた、P-Worldでも「おnew」マークの消えていない台の昨日から今日に掛けての状況ですが、

    スカイガールズ~ゼロノツバサ~ 【4台】
    巨人の星~情熱編~       【4台】
    こちらの2台は全台とは言いにくいですが、連日1~2台の良挙動が見られます。
    探偵オペラ ミルキィホームズ  【2台】
    こちらは29日は死亡、本日30日では1台がブン回し体制に入っているが差枚は上がらず0を跨いで終日揉む展開。

    ルーレットクイーン‐女神の羅針盤‐【2台】
    29日はそれほど回されて無いものの2台ともプラス、30日は回されず。
    パチスロ ルパン三世 世界解剖【2台】
    両日共にに殆ど回されず見所無し
    戦コレ![泰平女君]徳川家康 【2台】
    両日共に1台の差枚プラス、台は日替わり、30日は高設定挙動
    パチスロ マイケル・ジャクソン【2台】
    両日共にに殆ど回されず見所無し
    パチスロ猛獣王 王者の咆哮【2台】
    29日は厳しく、30日は回されず。

    ちょっと見辛いかもしれませんが、傾向としては2台導入機種は連日稼働が付かず、ここに入れてもアピールにもならず、明日もノーマークで良さそう。

    スカガ&巨人については、事故なのか1/2なのかまでは判断付き辛いものの、連日伸ばす台がみられる為、明日は狙いから外したくもなりますが、連続開催な状況からもしこの伸びが高設定であるが故のモノであるなら明日31日もあり得るのかもしれませんね。

    ミルキィホームズについては、今日31日、1台ですがこれだけ回すには何がしかの根拠があるのかもしれません。
    現在30日21時の時点ではこの状況ですが、このあとも伸ばし切れないまま、設定が入っていたが不発・・・という状況だったのであれば、明日の連日投入はあるかもしれませんね。

    あとは、29日、30日分として挙げた傾向で引き続き明日31日も結果に繋げたい所です。

    続きを読む
  14. フェイタン

    抽選17人+一般入場6人

    交響詩篇エウレカセブン3 HI‐EVOLUTION ZERO
    出玉率 106.2% 勝率 100%(4/4台)
    ラブ嬢Ⅱ
    出玉率 110.4% 勝率 66%(2/3台)

    今回はこちらで全台系、6というよりは56ってところです
    比較的しっかり回されたエウレカ3は全台プラスと好成績ですね
    出玉が安定しないという評価ではありますが、それでも高設定だと結果は出やすいのでしょうね
    もう一台はラブ嬢Ⅱさんでした。共に通路に面した一等地という事もあって、目の付け所はシャープだったようです。
    ただ、個人的にラヴ嬢はリアルな方が好みでして、スロの方はなんとなくマイナーな扱いをしちゃってまして「ここ一番」という所でのターゲットに選ばない傾向がありそうです。好き嫌いはダメですね。

    勝率、出率共に一定の数字にはなって居ますが、エウレカは回されたものの出率不足、ラヴ嬢Ⅱは数字こそ立派なものの、稼働率も差枚も低いレベルでプラスで纏められただけと、凡そリベンジという程のインパクトもないので☆2で。

    続きを読む
    営業2(2020年1月27日の結果報告)
  15. フェイタン
    2020年2月2日の予想
    出玉予想:◯

    毎度叛逆で魅せてくる同店の2月2日に突撃。

    狙いは複数設置機種が基本となるが、叛逆だけは別格の扱いを受けてきているので、これが外れるまでは抽選で前が取れれば素直に狙うべきだろう

    設置台数の割りに並びが多い同店なので、まずは抽選がネックになりそうだ。

    あとは、エウレカ3、喰霊零、鏡などの全6期待や、北斗や前記3機種も含め、ジャグラー系が主体となる1/2や1/3での投入機種も多く用意されるので、リスクは勿論あるが機種選びが軽減されるだけでも勝ちには近づくはずだ

    今回はバラエティがターゲットにはなって居ないが、2月4日には新台入替が予定されており、結構な入替がある様なので、今回を最後に引退撤去となる機種たちの最後の花道というものが見られるかもしれない

    並びが多いので、まずは抽選突破に注力。

    続きを読む
  16. フェイタン
    2020年2月2日の予想
    出玉予想:△

    旧イベ日でもない通常営業日ではあるが、月初の突撃とあまり前例のない形だけに、何か特別感を感じてしまうのだがいかがだろう

    過去にはジャグラーの状況が良かったらしい。
    その投入形態も独特で、それぞれの機種の最後の台番号の台に入っていた傾向が強かったので、今回もそこは最初から押さえにいくもよし、他の狙いでハズしてから、空き台の様子見ながら取りに動ける状況もありえるよね

    また、事前には予想してなかったものの、実際の現地では末尾に傾向がかなり強く見える事が多々あるようなので、今回も警戒はしておきたいね。
    勿論、今回は旧イベ日ではない分弱めの可能性もあって、その分末尾とか、全台系投入台以外には、ジャグラー系の最後番台とかのオマケも無い可能性も当然ある訳だが。

    それでも、直近の新台である以下

    ガンダムクロスオーバー 【3台】
    島漢 【2台】
    烈火の炎 【全2台へ増台】
    ザクザク七福神 【1台】
    美ら沖 【1台】
    鉄拳4 【全2台へ増台】

    が、1月22日と、当日までに10日を経過するだけに、何処まで主張されるかは不明ながら、やはり警戒は必要だろう。

    狙い方としては、基本は複数設置台の1/2や1/3での投入で、その分機種数が10機種前後と広めに網羅される傾向があるので、まずはジャグラー系、更に直近導入台、サラ番や叛逆の人気処も含めて広く見た方が良さそうだ。

    なかなかピンポイントでは難しいが、ジャグラーや設置台数が多い台、その他少数複数台でも、念のため【末尾2】の警戒はしておいた方が容良いかも。

    続きを読む
  17. フェイタン
    2020年2月2日の予想
    出玉予想:◯

    2の付く日が旧イベ日にあたる同店の2月2日の営業予想をしてみよう

    6号機のラインナップというより、その設置台数、設置割合が他のホールでは見られない程充実、力を入れているのが判るホールといえる。

    それでいて、ジャグラー系もマイジャグを筆頭にしっかり使ってくるので、サラ番や凱旋などもしっかりした台数があるものの、狙いはジャグ系&6号機にしたい所。

    特に、エウレカ3・北斗天昇・まどマギ叛逆の3機種が現在の主力機種といってよく、ジャグラー系では勿論マイジャグⅣがメインとなる。

    また、4~5台設置機から、10台を超える設置台まで躊躇なく投入台へ選択されるため、設置台数が多いからこれはちょっと。。というのはこの店では不要。

    今回の狙いは以下で行く予定

    スーミラ
    マイジャグⅣ
    エウレカ3
    叛逆
    番長3【操パネル】

    2の付く日でもそれほど多い並びではないので、最後尾とかでない限り、これらのどれかにはまず確実に座れると思う。
    ガッツリいけると思う

    続きを読む
  18. フェイタン

    戦国乙女西国 
    出率105.1% 勝率66%
    ハナビ 
    出率106.8% 勝率100%

    こちらが今回全6という事だそうで。
    2機種共にしっかり回されていまして、ハナビは兎も角戦国は。。。ここのお客さんすげーと思う。

    バラエティ
    出率101.6% 勝率42%
    9/24で56の投入みたいだけど、勝率は仕方ないとして出率がこの数字は優秀ですよね

    うん、やっぱり掴み処が。。。でも強さは本物。

    続きを読む
    営業2(2020年1月26日の結果報告)
  19. フェイタン

    並び抽選18+一般15

    末尾系(傾向は0)
    出玉率 106.7% 勝率 89%(8/9台)

    やはり「末尾系feat.全台系」という事だったようだ
    更に、直近で導入された「超AT美ら沖」「ハイハイシオサイ」もしっかり引っかけてあり、この様な判りやすい傾向を避けたりせず、しっかり打ち手に掴ませる営業をする店は高確率で優良店だと断言できるよ

    報告はこれに終わらない。。。

    2番台 沖ドキ 5174G +2,089枚
    3番台 沖ドキ 3982G +3,339枚
    21番台 スーパービンゴリバース 3531G +3,400枚
    26番台 番長3 6882G +866枚
    27番台 北斗の拳天昇 5091G +1,874枚
    34番台 ダンまち 4382G +2,286枚
    62番台 マイジャグ3 7772G +2,929枚
    77番台 マイジャグ3 7991G +423枚

    これらが各所で輝いていたので、末尾の特定は容易では無かったと思われるね
    でも、これって「有難い悩み」なので、特定する間も無く別でツモってしまった人も多かったといえる、ちょっとスゴイよね

    そしてまだまだ終わらない。・。・。・。・。

    吉宗~極~
    出玉率 117.7% 勝率 100%(3/3台)
    ハイハイシオサイ
    出玉率 106.4% 勝率 100%(3/3台)

    出率を見ただけでも判ると思うが、恐らく全6だろう。
    これは事前には察知できなかった部分。
    当日が吉宗の撤去期限という事での引退祭りだったと思われるが、こういう事をやってくれる店だと覚えておけば、今後の人気機種の撤去が近づいたら。。。判るよね?

    そして、忘れていると思うけど、この店って総設置台数が98台ですよ?
    更に等価ですよ?
    どうやら+5,000枚程度ではあるが客側プラスの分岐営業だった様子
    そして並びは18人。。。今後も続くのかは判らないけど、優良店の所作が随所に見える事から期待しても良さそうだね
    今回はマイナ続きを読む

    営業5(2020年1月26日の結果報告)
  20. フェイタン

    並び、抽選13人+一般15人

    ブラクラ2 出率110.5%の勝率50%
    クレア女神の夢 出率117.4%の勝率100%

    この2機種が全56という事のようでしたが
    クレアは兎も角、ブラックラグーンは物足りない結果に終わったね

    なんか予想では一杯考えたんですけど、まったくそんな要素のカケラもなかったですね

    ん・・・・・?
    クレアのひほうで「ん」
    ぶらっくらぐー「ん」

    こういう事でしたか?

    続きを読む
    営業2(2020年1月25日の結果報告)