フェイタン のプロフィール

ポイント数12741pt
※Amazonギフト券
5000円獲得まで残り2259pt
職業個人事業主(プログラマー)
Twitterコチラ
遊技スタイル軍団長
来店頻度週3~4回
主な活動地域埼玉県、神奈川県、千葉県
好きなパチンコ台ダンバイン
好きなスロット台番長3
好きなライター演者-
関東エリア中心に稼働してます
  • 134

フェイタン のコメント一覧

  1. フェイタン
    2020年7月14日の予想
    出玉予想:◯

    【月に一回の安心できるお楽しみ!今月も14日は将軍与野!】

    そろそろ、同店に集う上級スロッターの面々は、ホール側とのキャッチボールも巧くなってきた事は、前回の結果を見てもよく判る。

    大事ではあるが、細かい話は省いて行くとする。

    辿り着く為のヒントは蓄積されたモノから自身の目で確認し、納得した方が結果に繋がるだろう。

    【過去の積み重ねを紐解くべし】

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━

    狙い方は今回も引き続き【複数台】【末尾系】【バラエティ】で良い様だ。

    【複数台】
    ・星矢SP
    ・まど2
    ・まどマギ叛逆
    ・エウレカ3

    ・ゴージャグ
    ・アイムアニバ

    この辺りから3~4機種が期待来そうだ。
    勿論いつかは世代交代、主役交代は訪れるであろうが、それが今回である根拠はない。

    【末尾系】

    候補としては
    【0・1・3・5・6・7・8】となる。

    【3・5・6】で良いぞというホール側への思いやりを持つ事が【毎度7割から全6かと思わせる、将軍系列特有の末尾系の強さへの敬意の表し方】だと思いたい。

    「ここが主役だ」

    【バラエティ】

    前回からのこの一か月の間で、
    606番台:秘宝伝Rev.→マッハGoGoGO
    613番台:犬夜叉→GⅠ優駿倶楽部2
    へと入替が行われている。

    これまで毎月、この日の結果をしっかり見て来ていれば、これだけで色々と判る事があると気付けるはず。

    情報の収集・取捨選択・精査・そして妄想と紙一重の神の宣託、辿り着いて欲しい。

    出玉予想も〇としておくが、「ホールは用意するだけ」。
    ◎になるかどうかはユーザー次第なのである。

    それだけのポテンシャルがこれまでの同店には常にあったのだから。

    続きを読む
  2. フェイタン

    >2020年7月4日の予想結果

    朝一抽選=58名
    一般入場=16名

    【複数設置台】・・・・・・・・

    (全6)
    ・聖闘士星矢 海皇覚醒Special
    出率110.6%・勝率100%(2/2台)
    ・ラブ嬢2
    出率114.2%・勝率100%(2/2台)

    (一部投入/で56)
    ・アイムジャグラーEXAE(4/12
    出率100.7%・勝率50%(6/12台)

    一部投入のアイムは別にして、星矢SPとラブ嬢Ⅱの勝率、出率は良いモノになりましたね。
    内容的には、星矢SPは完全ブン回しの回し切ってのものでありながら、一方のラブ嬢は一撃離脱で回転数が回ってない分、率として良くなったものですね。

    結果的にプラスなのですから良いのでしょう。

    【結果判定】
    ■朝イチでの台確保の容易性:◎
    総設置400台への並び58人
    ■20スロ全台数中の高設定割合:〇
    20スロの総数360台
    対象範囲の投入8台:2.2%
    ■高設定投入台の予測容易性:△
    判りやすい傾向がアリ
    法則・周期性等が解析中
    ■対象の人気・スペック評価:〇
    ■遊戯料金・交換率の優位性:〇
    46枚貸し・5.1交換・貯玉
    ■取材対象範囲の総差枚結果:△
    対象範囲の総差枚+10,206‬枚
    ☆特記事項:

    【総評】
    対象範囲の総差枚+1万枚。どれだけ内容が良くともその程度になってしまうのは、やはり対象となった投入台の絶対量ですよね。
    低スペックのアイムで、1/3で、更に56であれば、残りの2/3まで補って良い数字が出る事はまずないでしょう。
    4台が固まっての全6、確かに全台吹けば一定の目立つエリアにはなるとは思う。
    しかし、8/360であり、4/360でしかないのは紛れもない事実。

    360台の【2.2%】に高設定が入っているので期待してください

    これを言えと言われても流石に苦しみます。<続きを読む

    営業3(2020年7月4日の結果報告)
  3. フェイタン
    2020年7月11日の予想
    出玉予想:◯

    7月11日に今月2度目のスロッター×スロッター開催となります。

    前回の結果を経て、何となく同店の複数台の傾向は見えて来ていますが、ピンポイントで一本釣りするのは不可能な状況も見えてきたという事でもあったりしてますね。

    また、同店のバラエティもかなり強い結果を魅せ続けていますので、そちらの方がもうちょっと見えやすいのかもしれません。

    狙い方は、引き続き【複数設置台】と【バラエティ】で良い様です。

    ーーーーーーーーーーーーー
    【複数設置台】
    恐らくAT系の1機種と予測して、候補機種を挙げてみます。
    ◎サラ番2【4台】
    〇リゼロ【3台】
    〇北斗天昇【4台】
    ▲HEY!鏡【4台】
    △まどマギ叛逆【2台】+ニューアイム【2台】

    【バラエティ】

    〇引き続き狙ってみたい2機種
    ・天晴モグモグ風林火山
    ・あの花

    〇まだ続けて入るかもしれない4種
    ・喰霊零
    ・男塾
    ・サラ金MAX
    ・番長A

    〇引き続き狙い辛い2種
    ・スナイパイ71
    ・戦コレ2

    前回のバラエティの読みはかなりの精度が出せましたので、今回も結果に繋がると良いなと思います。

    続きを読む
  4. フェイタン
    2020年7月11日の予想
    出玉予想:◯

    【何故これだけの営業を魅せ続けて、打ち切るだけの稼働が付かないのか不思議】

    と、言い続けてはや3回目、これくらいの稼働、これくらいの差枚であれば、今回も引き続き同程度の投入は【結果としての数値を魅せる為に、集客規模以上の投入を続ける】という判断が続くのかな?と思えてしまう。

    では、あっさりと行ってみましょう。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    狙い方は引き続き【複数設置台】と【末尾系】で良い様です。

    【複数設置台】
    ・マイジャグⅢ【3台】
    ・モンキーターンⅣ【3台】
    ・サラ番2【4台】
    ・星矢SP【4台】
    ・十字架4【3台】

    【末尾系】
    ◎【7】
    〇【1】
    ▲【2】

    的は絞りにくいホールと言えますが、強さはしっかり用意されていると思えます。

    続きを読む
  5. フェイタン
    2020年7月11日の予想
    出玉予想:◯

    3/21以来の自粛休業明け一発目のスロッター×スロッター開催となるようです。

    初開催からの2開催では、満足のいくレベルの投入を魅せ、2回目では不発が頻発した中で、全体的な稼働の強さから誤爆も誘因し、結果としてはこれまた充分満足と言えるレベルのけっかを残していた。

    「今後も期待して良さそうなホール」という評価で締めた時から既に3か月。
    ユーザーも、この間の休業期間の負担の為に厳しい営業となっていたであろう同店でのプレイから、少しづつ厳しさが身に染みて心が離れかけている状況にもあるかも知れない。

    ここでしっかり魅せ、改めて今後への期待を持って貰う必要がある大事な開催だと思われます。

    狙い方は「複数設置台」と「末尾系」で狙って行けそうです。

    同店も、系列他店と同じく、ジャグラー系の扱いは良い様で、休業前もまずはファンキーで連続投入を魅せていました。

    ハナビやニューパルDX、エヴァまご2と他のAタイプも毎回顔を見せ、添えられたAT系はリゼロに絆2と人気処6号機。

    まずは前例通り、素直にジャグ含むAタイプ2~3機種+AT系1機種【以上】の花火を期待したい所ですね。
    ーーーーーーーーーーーー
    【複数台】
    まだ流石に過去2回からキッチリ仕留めるのは難しい為、多分に妄想が入りますが御容赦下さい。

    ジャグラー系の扱いが良い系列であり、同店も投入歴としてはしっかりその傾向は魅せてくれてくれてはいますが、今回、再開一発目としても、あまりに多台数は選択しにくいと考えます。

    かといって、ファンキーより減らす=スーミラ【2台のみ】というのも寂しく、
    ①ファンキー【3台】全6
    ②ゴージャグorゴージャグ2【5台】の全6
    ③ファンキー+スーミラ【計5台】の全6
    からの選択と想定。
    敢えて絞るなら②

    ーーーーーーーーーーーーー

    その他Aですが、P-worldの機種リストがバラッバラで非常に見難く、みおとしがあるかもしれませんが、
    ・ケロット4【2台】
    ・ニューパルDX【2台】
    ・ハナビ【2台】続きを読む

  6. フェイタン
    2020年7月11日の予想
    出玉予想:◯

    【裏切りという言葉を未だ一度も使う事無く続く一番館系列の信頼感】

    前回の結果も、その用意された内容からすれば、もと遥か上の到達点を見越せるモノだったが、稼働の点で「折角の投入台が存分にポテンシャルを発揮しきれたとは言えないレベル】と言える状況ではあった。

    これを【穴場】という表現で表せば、恐らく間違いでは無いのだろうが、ホール側からすれば【穴場】と呼ばれるより【メジャーな優良店】と呼ばれる方が嬉しいだろう。

    そして、そう評価される為にはお客さんに足を運んでもらい、期待感を持ってブン回して貰うしか無い。

    では、今回もその「期待感」の元となるべく、可能性を模索してみよう。

    今回も引き続き、狙い方は「複数台」「末尾系」で良い様だ。

    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    【複数台】

    ・3月からで6連続で投入が続いている「マイジャグⅣ」の狙いは外せないだろう。
    ・序盤はスーミラ推しの様に見えて、最近はファンキーの投入が続いている。
    ・前回は、3連続投入中だったハナビが外れ、替わりにAT系が2機種投入された。
    ・6号機AT系の投入が続いている
    ・今回は「1の日」であり、AT系2機種と、ジャグ2機種に、それ以外のAタイプの追加くらいは期待しても良いののではないか
    ・直近新台・導入台からの選択はほぼ無し
    ・今回は旧イベ日と重なるタイミングとなる為、前例に倣って4~5機種の投入と想定出来るかもしれない。

    くらいは、結果をサラっと見るだけでも読み取れる「傾向」だろう。

    この辺りから期待される機種となれば
    ◎マイジャグラーⅣ
    〇スーパーミラクルジャグラー
    〇まどマギ叛逆
    〇サラ番2
    ▲星矢SP
    ▲ファンキージャグラー
    ▲ニューアイムEX-KT

    あたりだろうか。

    【末尾系】
    前回の時点では「137」への拘りと読み取りましたが、「5」となった事で、共通項としては「奇数」。
    また、月や日、またその数字から何らかの係数を使って導かれている形跡も見られない続きを読む

  7. フェイタン
    2020年7月11日の予想
    出玉予想:◎

    【常に分岐営業が当たり前!?と思わせる安定的強さ】

    そんな事をしていては、いつか客は付いているのに潰れてしまいます。

    この様な優良ホールこそ、適度な押し引きで無理なく優良営業店で有り続けて欲しいと思うのが、同店の営業に注目している我々一般スロッターの願い・・・のハズ?

    でも、スロッター×スロッター開催となれば期待感は大きく、そこに応えてくれる同店には敬意を表しつつも、しかり狙って行きたいと思う(爆

    狙い方は引き続き【複数設置機種】と【末尾系】で良い様です。

    【複数設置台】
    3月以降、ジャグラー系の投入が安定。
    番長系に代表される大都系も、投入、結果共に安定。
    他には、アクロス系Aタイプ、ハナハナ系も繰り返し投入を魅せる。

    という事から、狙いはその辺りに絞ってまずは立ち回りたい。
    それ以外では、ギアスR2、バジⅢ、星矢SPくらいではあるが、中ではちょっと辛めなバジⅢでもしっかり結果を出して来ているだけに、その内容には信頼を持って良さそうだ。

    【末尾系】
    ここの選択プロセスについては勿論現在分析中ではあるが、正直、もう少しデータが欲しい所ではある。
    ただ、内容は頗る強さを魅せ始めているので、全体をしっかり見れば辿りつく事はそれほど難しないと言えるほどに投入先の結果は良い
    最高設定の割合が多い事が想像出来る。

    ザックリとした言い方になるが、比較的若い数字に期待したい・・・という所。

    当選ライン上のAtaipu no選択率が高く、その点でも結果は安定して見えてくる。。。のが、同店で朝一でツモれなくとも、【その後】までが期待出来る理由となろう。

    続きを読む
  8. フェイタン
    2020年7月11日の予想
    出玉予想:◎

    【初開催!!一番館系列から新たな存在感を主張するホール登場】

    最近は他系列店舗から注目が集まる、勢いがある一番館から新たなスロッター×スロッター開催店登場。

    いや、等価店だけに基本12主体で、3以上は当日の営業割次第なのは全国何処の店舗でも同じなのだが、個人的にはそれでも「わざと」かは不明だがクセがあり、管理人の意図、癖を読み取りつつ、少な目な当日の稼働の中からも手繰り寄せて戦えるイメージのあるホール。

    この事から、今回は初開催という事もあり、一定の強さは当然見込めるが、今後もその投入から見えるモノが用意されてくれば、選択肢の上位に置ける可能性を秘めたホールと期待する。

    同店の特徴としては、系列他店と同様にジャグラーの種類、台数共に充実しており、6種38台、マイジャグⅢのみ16台と全台系というより部分投入として扱うレベルの台数があるが、それ以外は3~6台と、全台系でも選択しやすい台数で纏めてあり、期待感が持てる。

    番長シリーズも目立つ設置となっており、サラ番2の評価は定まるまでに至っていないが、サラ番、番長3、HEY鏡と、それぞれに名機と呼べる出来の機種達が揃えられているのは楽しみがある。
    設置台数的にも、こちらも全台系として扱いやすい纏まりになっていて、今後の投入に期待感が持てる。

    その他では、6号機も最新機種を随時導入しており、その構成は少数となっている。
    これも、取材等では扱いやすく、これら全てが

    【抽選が何番でも楽しめる営業を心掛けている】

    という【良い意味で裏切る営業をする傾向がある】点に通じるヒントになると考える。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーー

    当日の狙い方は【複数設置台】と【末尾系】で良い様だ。

    【複数台】
    初開催、お披露目一発目では、やはり系列全般に扱いの良いジャグラー系には注目。
    同じく、番長シリーズにも目が行くが、ジャグラー系だけ、番長シリーズ一色という投入には、同店の店長の魅せる傾向からは考えにくい為、それぞれから1機種なら。。という所か。

    【抽選で何番からでも】から示唆されるのは、末尾系であったり、小台数設置機種が想起続きを読む

  9. フェイタン
    2020年7月11日の予想
    出玉予想:◎

    【初開催!?にして週末の萌える2連戦!?】

    という事で、スロッター×スロッターがまた一つ萌えスロ店を発掘した様です。

    発掘というと語弊がありますか。1年以上前にもゴトー軍団の設定狙いとして入っていた同店も、月日が経つうちにホールも変化・進化を遂げ、「ゴトー軍団の設定狙い」も、【スロッター×スロッター】へと進化を遂げている訳ですからね。

    という事で、改めて【初開催】となる様です。

    狙い方は「複数設置台」と「並び」という事で良い様です。

    P-worldで設置状況を確認すると、最大設置は凱旋の「8台」に、番長3の「7台」が続きます。

    そこに続くのか「5台設置」となっている、
    ・まど2
    ・ハナビ
    ・リゼロ
    ・ニューアイム
    の4機種

    恐らく、事実上この辺りが同店の「主力」であり、それに続く2~4台萌え台達がそれぞれに主役として使われているのでしょう。

    【複数設置台】としては、その辺りから・・・ですが、【初開催】と位置付けられている以上、相応の投入は見られると思いますが、初回からピンポイントに提示するのは流石に無謀ですよね。

    11日土曜、この日の状況をベースに、2連戦の2日目の狙いへと繋げるイメージで今回は行こうと思います。

    P-worldの掲示も隅々まで思わず読んでしまいましたが、まずは【萌え】【人気】【判り易さ】【安定性】をキーワードに絞って行きましょう。

    【並び】
    1台設置バラエティの多い同店ですので、「並び」はバラエティには間違いなく置かれる事でしょう。
    複数個所で用意される事でしょうし、好調台が見えてきたらその両隣りをチャンスだと嗅ぎ付ける嗅覚が大事です。

    2日連続開催となるので、2日目の告知も、初日の結果を閉店後に取りまとめて公表してくれるそうですので、こちらもベース予想は別途出しておきますが、その初日の結果をみて更に追記という形で2日目は対応してみたいと思います

    まずは再開、改めての初開催としてガッチリ掴んでいきましょう

    続きを読む
  10. フェイタン

    >2020年7月1日の予想結果

    朝一抽選=43名
    一般入場=36名

    【複数設置台】・・・・・・・・

    (全56)
    ・マイジャグラーⅢ
    出率105.4%・勝率60%(3/5台)

    (一部投入/で56)
    ・マイジャグラーⅣ(4/8投入)
    出率104.2%・勝率63%(5/8台)

    【バラエティ・10/18投入】 ・・
    出率105.8%・勝率66%(12/18台)

    差枚や勝率では前回から低下してしまってはいるのだが、それでもこの構成だとユーザーの満足感は大きいものでしょう。
    マイジャグシリーズであるところが尚憎いですよね。

    【結果判定】
    ■朝イチでの台確保の容易性:◎
    総設置152台への並び43人
    ■20スロ全台数中の高設定割合:〇
    20スロの総数134台
    対象範囲の投入19台:14.2%
    ■高設定投入台の予測容易性:△
    判りやすい傾向が多少アリ
    法則・周期性等が多少アリ
    ■対象の人気・スペック評価:〇
    ■遊戯料金・交換率の優位性:◎
    50枚貸し・等価交換・貯玉アリ
    ■取材対象範囲の総差枚結果:〇
    対象範囲の総差枚+21,892枚
    ☆特記事項:

    【総評】

    こちらのホールでも、やはりバラエティが強いですね。
    一番館系列さん、スロッター×スロッターが入ってからの安定度がどこも素晴らしいです。
    一番館系列に好きにお客さんを集められて黙っている訳にはいかないと、他のホールの状況も良くなり、全体に盛り上がって急速に業界が復興するリードオフマンとして、今後も頑張って頂きたいが、我々小市民は目先の出玉の方に目が行きます(爆
    以上から、今回は☆4

    注:スマホ表示での見易さを模索中の為、表記が暫く色々変わるかもしれません

    続きを読む
    営業4(2020年7月1日の結果報告)
  11. フェイタン

    >2020年7月1日の予想結果

    朝一抽選=171名
    一般入場=144名

    【複数設置台】・・・・・・・・

    (全6)
    ・まどか☆マギカ叛逆の物語
    出率112.1%・勝率100%(4/4台)

    【末尾系・22/39投入:No. 】・・
    出率107.5%・勝率62%(24/39台)

    叛逆がここまで安定して出るのも不思議だけど、バラエティの強さが異常です

    バラエティの稼働状況をみても、同店に集っているユーザーの質の高さがよく判ります。

    下手な予想屋より、同店に集まっているユーザーの予測の方が上手を行ってるかもしれません

    【結果判定】
    ■朝イチでの台確保の容易性:△
    総設置306台への並び171人
    ■20スロ全台数中の高設定割合:〇
    20スロの総数306台
    対象範囲の投入26台:8.5%
    ■高設定投入台の予測容易性:〇
    判りやすい傾向がアリ
    法則・周期性等が
    ■対象の人気・スペック評価:〇
    ■遊戯料金・交換率の優位性:◎
    46枚貸し・等価交換・貯玉
    ■取材対象範囲の総差枚結果:☆
    対象範囲の総差枚+63,156枚

    ☆特記事項:
    全台差枚は+44,020枚

    【総評】
    パッと見では派手さが無い投入に見えますが、その中身はやっぱり濃いホールです。
    しっかり分岐を超えて、ここまでやり続けるのは大変ですよね。
    こんなホール、本当に近くに欲しいです。

    以上から、今回は☆5

    注:スマホ表示での見易さを模索中の為、表記が暫く色々変わるかもしれません

    続きを読む
    営業5(2020年7月1日の結果報告)
  12. フェイタン
    2020年7月11日の予想
    出玉予想:◯

    7/11(土)スロッタースロッター開催。
    公約は『3台並び複数』と『末尾』。

    前回は、ユーザーとホール管理者の意識のマッチングが良好だった様で、それまでとは全く別の店では無いかと思えるくらいの確かな攻略感が見られ、一定の盛況感が感じられた。

    同店としても、この流れは断ち切りたくはないであろうし、前回同様にしっかりと3台並びで出玉を魅せる営業を心掛けてくる可能性が高い。

    ユーザーとしても常に勝ちたい、ツモりたい、攻略感、征服感に浸りたい事は間違いない所ではあろうから、前回を踏まえてしっかり狙って行きたい。

    今回は直近の新台入替、新装開店時の導入機種に着目する。

    具体的には以下の機種を起点として3台並びが存在するようだ。

    ①まずは、6月30日の導入機種から、
    ・GOGOジャグラー{2台)
    ・ニューパルサーDX(2台)

    ②更に、7月7日の導入機種から、
    ・エウレカ3(2台+増台)
    ・まどマギ叛逆(4台+増台)

    今回は、それぞれの機種が全て複数設置台となるため、3台並びが全てその機種だけとなるか、隣接する機種との混合構成の3並びとなるかは現時点では判らない。

    また、7月7日の新装にて台配置の変更の可能性がある為、新装後にそれぞれの機種が隣接しているかどうかも判らない為、前回の①と同様の考えで臨んで貰いたいが、少なくとも挙げた上記機種を基点として3台並びが⑤⑥となる可能性が高く、前回同様に2箇所は最低でも用意されるだろう。

    また、その3台並び以外にも末尾が存在しているわけなので、そちらを狙うものアリ。
    ただし、優先順位としては3台並びから探した方が勝機は高くなりそう。

    あくまで私の推測ではあるが、今回もどのような結果になるのか注目している。

    ちなみに、3台並びにおいてはいずれも⑤⑥レベル。
    末尾においては1/2で⑤⑥レベルであると噂されています。

    続きを読む
  13. フェイタン
    2020年7月7日の予想
    出玉予想:◯

    7月7日のゾロ目の日にスロッター×スロッターが予定されています。

    サクサクいきますが、狙い方は【複数設置台】で良さそうです。

    同店の投入機種のセレクトは難解です。

    敢えて挙げるなら、リノ推しです。

    それ以外は「何でもセレクト」されます。

    という事で、今回の提案は「直近導入台」で行ってみましょう。

    前回でも直近導入台からのセレクトが目立ちましたので、今回はそちらを取り上げてみます。

    6月26日に行われた新台入替では、以下の機syうが導入・増台されています

    ・番長3
    ・リノ
    ・ハナビ
    ・まどマギ叛逆
    ・島漢ー30

    また、当日の7月7日はパチでの新台入替がありますし、10日で再度スロの増台が予定されています。

    外れる機種の花道投入もあるのでしょうか?

    また、こんなパターンもあるでしょう

    ・番長3導入で→サラ番・サラ番2・HEY!鏡などの投入
    ・リノ導入で→スーパーリノの投入
    ・ハナビ導入で→バーサスの投入
    ・まどマギ叛逆の導入で→まどマギ2の投入
    ・島漢ー30の導入で→花伝も南国もないので、ラブ嬢Ⅱとか?

    7のゾロ目の特別感で期待感増幅ですね

    続きを読む
  14. フェイタン
    2020年7月7日の予想
    出玉予想:◯

    7月7日でスロッター×スロッターが予定されている。

    自粛突入前にはドンドンと投入量をふやされていたのだが、休業明け後の前々回は10台のみ、前回はほぼ倍増したといっても、設置台数の5%レベルと、他のガーデン系列と変わらない「ガーデン系列らしい投入量の少なさ」に留まっている。

    ただ、2や8の付く日より「28日」が明確に強化されているだけに、今回「8の日からも外れた開催」と考えると、内容は厳しいモノが予想される。

    と考えていたのだが、今回は「7月7日」と、良いイメージの数字のゾロ目という事で、同店の主力取材となっていると思われるスロッター×スロッターを、

    【敢えて8の日から外してでも7月7日にしてきた】

    と考えれば、これは「28日」並、もしくは以上さえ想起させるのではないか?
    と、思うに至るところである。
    ーーーーーーーーーーーーーーー
    狙い方は引き続き複数設置台での全台系機種及び、部分投入機種を捜し歩く形になる。

    ・全台系
    3~4台設置機種を中心に、7~10台設置機種でも時折用意はされる。
    比較的新台導入台からの投入も見られ、6号機の選択割合は他のガーデン系列より高めである点も、【客側の打ちたい機種を全台系として用意してくれる】というプラス評価をして良いだろう。

    また、ここでのAタイプの選択も比較的ある点でも同系列では目立つ特徴だが、設置量としては充分な量があるにも関わらずメジャー処のジャグラー系よりもアクロス系を好んで投入選択される点については、単回の確認のみの山佐系ニューパルSPという履歴とともに、Aタイプ好きには意識して欲しい所。

    選択の予測は難しく、広く選択肢を取られているが投入傾向は一貫しており、朝一座ってダメでも現地での立ち回りには一定の傾向が見えるとは思える。

    ・部分投入系複数設置機種
    4~5台程度の設置機種での投入もそれなりに目立つものの、10台以上の大量設置機種で選択されるならこちら側。

    こちらでもAタイプはアクロス系での投入がメイン。単回の大都系クレアがあるにはあるが「眠りの塔」であるだけに、そのスペックからも「本来好んで用意されている続きを読む

  15. フェイタン
    2020年7月7日の予想
    出玉予想:◯

    先月につづいて、7月も7日でスロッター×スロッターの開催となります。

    ラッキー7のゾロ目という事で、世界各地(?で賑やかになりそうですが、同店×スロスロでみると、同店での初開催が昨年のこの月、この日という事で、

    「スロッター×スロッター開催1周年!」

    とか、特別に魅せてくれたりするのかどうかは【お店次第】なのでしょう

    さて、狙い方は【複数設置台】での、全台系と一部投入機種。

    前者は3~5台設置機種で選択され、後者はそれ以上の多台数設置機種というのも、他でも見られるよくあるパターン。

    そこへ、同店の好む、いや、同店ユーザーの好む。。。という事になるのか、Aタイプよりは荒波系AT機の選択率が高いです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    ・全台系
    3~5台設置機種を中心に、最大13台で魅せた初代まどマギがありますが、今年に入ってからは8台の物語セカンドが最大値。
    基本はAT系が主な選択となっていますが、アクロス系、大都系Aタイプの選択も最近見せている。

    3月21日では物語セカンドが選択されたものの、基本、旧要件機の少数設置機種が多く、新台導入台はその時の物語セカンド以外では見られていない。

    ・部分投入枠
    4台~の一桁設置機種の選択もあるにはあるが、殆どが10台以上設置な大量設置機種での投入枠となっていたが、この所4~6台程度の機種での選択ばかりとなって来ている。

    マイジャグⅣ、ハナビというAタイプ、リゼロ、ガルパンG、エウレカ3などの6号機も時折投入を魅せるが、やはり主体は旧要件人気爆裂機を部分投入で選択するパターン。

    勿論、絆2やサラ番2、モンキーターンⅣに物語セカンド、サンダーVライトニングに至るまで、最新機種は取り揃えているが、それらはほっといても稼働が付くだけに、注目させたい、全体稼働を上げたいホール側からすれば、狙い目は自ずと絞られるのじゃないだろうか。

    直近増台導入のギアスR2CCとマイジャグⅢは共に4台構成となり、直近導入台とは言えすでに最新機種と言えるような機種でもなく、逆に導入契機で狙ってみたいところかもしれない。

    他に、続きを読む

  16. フェイタン
    2020年7月8日の予想
    出玉予想:△

    引き続き、特定日となる『8のつく日』の予想です。

    好調台が多く見受けられ、恐らく店名からも一番強いと思われる18日だけではなく、前回の8の付く日となった6月28日でも、全体に稼働が低めながらも各所に高設定と思しき台が確認でき、この7月8日もやはり期待できるのだろう。

    18日と28日については、前回までにデータを拾って見ている為、今回は丁度一か月前の6月8日に絞って見て見ると、やはり好調台がすぐに目に入ってくるレベルで存在している事が判る。

    複数台で言えばアイムEX-AEなどは複数入っていてもおかしくない挙動であり、バラエティでもハナビ通やサザンアイズ、クレア女神やサンダーVライトニングなど、いくつかピックアップしてスランプ画像は添付しておく。

    複数設置台のみならず、バラエティでも見られる事から、今回の7月8日も複数台からバラエティまで、幅広くチャンスが用意されていると考えて良いだろう。

    また、「たまたま」かもしれないが、6月8日では、勝率では他と変わりはないものの「末尾0」のみ全体の稼働が低い中でも、【出率107.8%】と毛色の違う出率を魅せており、それとなく作られている可能性も視野に入れて立ち回ってみても面白いのではないだろうか。

    稼働が無さすぎるのも立ち回りでは不利な点が多いが、「程度の良さが確認できる程度には稼働があり、確認出来るのに捨てられている」のであるから、朝からだけでなく、何時から赴いてもチャンスが掴めそうな環境が大きな利点となるだろう。

    複数台、バラエティ、そして末尾系と多方向からタブーを作らず攻めてみたい。

    続きを読む
  17. フェイタン

    >2020年7月1日の予想結果

    【総差枚+76,591枚!圧巻の結果!】

    朝一抽選=53名
    一般入場=26名

    【複数設置台】・・・・・・・・

    (全6)
    ・魔法少女まどか☆マギカ2
    出率104.6%・勝率66%(2/3台)
    ・バーサス
    出率107.4%・勝率50%(1/2台)
    ・ハナハナホウオウ-30
    出率116.1%・勝率75%(3/4台)

    (全56)
    ・押忍!サラリーマン番長
    出率100.9%・勝率33%(1/3台)
    ・ゴーゴージャグラー
    出率102.1%・勝率63%(5/8台)
    ・ニューアイムジャグラーEX-KT
    出率102.4%・勝率75%(3/4台)
    ・マイジャグラーⅣ
    出率106.0%・勝率75%(3/4台)

    (一部投入/で56)
    ・バジリスク~絆2 (3/4投入)
    出率111.7%;・勝率100%(4/4台)
    ・押忍!サラ番2(3/4投入)
    出率104.3%・勝率75%(3/4台)
    ・押忍!番長3(5/17投入)
    出率109.0%・勝率82%(14/17台)

    全ての機種が「全台系」と思えてしまう程の内容で、素晴らしいモノでしたね

    あくまでユーザーの粘りと、機械の機嫌であって、ホール側は「設定を入れていただけ」なのだが、正にその「入れていただけ」が大事である事がよく判ると言うモノ。

    ただ一言「素晴らしい」だけで良いと思う。

    【結果判定】
    ■朝イチでの台確保の容易性:◎
    総設置240台への並び53人
    ■20スロ全台数中の高設定割合:〇
    20スロの総数240台
    対象範囲の投入39台:16.25%
    ■高設定投入台の予測容易性:_
    判りやすい傾向を分析中
    法則・周期性等を分析中
    ■対象の人気・スペック評価:◎
    ■遊戯料金・交換率の優位性:◎続きを読む

    営業5(2020年7月1日の結果報告)
  18. フェイタン

    >2020年6月28日の予想結果

    朝一抽選= 114名
    一般入場= 56名

    【複数設置台】・・・・・・・・

    (全56)
    ・仮面ライダーBLACK
    出玉率114.9%・勝率66%(2/3台)
    ・〈物語〉シリーズ セカンドシーズン
    出玉率105.0%・勝率75%(3/4台)
    ・セイクリッドセブン
    出玉率111.8%・勝率100%(3/3台)
    ・笑ゥせぇるすまん3~笑撃のドーン~
    出玉率118.9%・勝率100%(2/2台)

    (一部投入/で56)
    ・ファンキージャグラー(7/16)
    出玉率102.1%・勝率56%(9/16台)

    それぞれの投入箇所で結果がでましたね。
    気持ちが良い程予想も外れて清々しい程です。

    終わってみれば「ああ、それもあったね」ですが、そこを絞れないと意味がないですから惨敗です。

    【結果判定】
    ■朝イチでの台確保の容易性:◎
    総設置456台への並び28人
    ■20スロ全台数中の高設定割合:〇
    20スロの総数360台
    対象範囲の投入19台:5.3%
    ■高設定投入台の予測容易性:〇
    判りやすい傾向がアリ
    法則・周期性等が解析中
    ■対象の人気・スペック評価:〇
    ■遊戯料金・交換率の優位性:◎
    50枚貸し・等価交換・貯玉
    ■取材対象範囲の総差枚結果:〇
    対象範囲の総差枚+24,636枚
    ☆特記事項:

    【総評】

    投入割合も結果も前回から大幅アップではありますが、前回が少なすぎたですので通常レベルという所。
    もっと上を魅せてくれていた同店ですし、今後に期待ですね。
    以上から、今回は☆4

    注:スマホ表示での見易さを模索中の為、表記が暫く色々変わるかもしれません

    続きを読む
    営業4(2020年6月28日の結果報告)
  19. フェイタン
    2020年7月4日の予想
    出玉予想:◯

    7月4日でスロッター×スロッターが予定されている。

    前回、6月29日の内容を見て頂ければ判るが、非常に良い、濃い内容だったと思う。

    ただ、残念な事に「確率の神様」にはすこーし嫌われてしまった様ではあった。

    今回も引き続き同程度を用意されるのであれば、今度はその分の上振れさえ期待したい所だ。

    だが、前回は29日、「9の付く日」という同店の旧イベ日であった事からの内容の増強と捉えるべきで、今回はソコから外れる分、幾許かのボリュームダウンは致し方ない所ではあるだろう。

    とはいえ、同店がジャグラーを切り離すとは考え辛い為、部分投入となるジャグラーの投入割合と、併せて用意される6号機主体でのAT系機種の設置台数、もしくは投入機種数での増減の範囲であろうとは予測する。

    よって、傾向としてはこれまでを踏襲して狙って行く形で良いと思われる。

    まずはAタイプ・ジャグラー系での狙い目だが、旧イベではない事から稼働が落ちる可能性はあるものの、人の流れはここ最近の投入状況からジャグラー系だろう。

    そこでスカしてしまって、掘られないまま客を帰らせては意味がない。
    ・投入割合を落とし、前回は4台並びと固めていたマイジャグⅣで、1台置きとか、2台並びで2~3台置き、また角台等、稼働の付きそうな所への配置で、合間の稼働を取る。
    ・ファンキー、もしくはバーサスの全台系で、ジャグラー&Aタイプへの期待感を作る
    ・AT系は1機種、6号機、台数控えめなところから、星矢SP、HEY!鏡、GⅠ優駿倶楽部2辺りでセレクト
    ・今回、続けてまどマギ叛逆を、1/2で一台置き投入とかでジャグラーにつぐ連続投入感を印象付けるというのもあり得るかもしれないね
    その場合、マイジャグⅣではなく、ゴージャグやマイジャグⅢへの台数的調整でバランスを取ろうとするだろう。

    同店の管理者の手腕、どの様な魅せ方をしてくるか非常に興味深い回となるのではないだろうか?

    続きを読む
  20. フェイタン

    >2020年6月29日の予想結果

    朝一抽選=30名
    一般入場=12名

    【複数設置台】・・・・・・・・

    (全6)
    ・エウレカセブン3
    出玉率108.7%・勝率100%(3/3台)

    (全56)
    ・まどか☆マギカ叛逆の物語
    出玉率102.2%・勝率71%(10/14台)

    (一部投入/で56)
    ・マイジャグラーⅣ(12/33投入
    出玉率99.4%・勝率36%(12/33台)
    ・マイジャグラーⅢ(2/5投入
    出玉率104.2%・勝率40%(2/5台)

    同店らしい投入構成となったようだ
    エウレカ3の結果は勿論申し分ないのだが、まどマギ叛逆の全台系は圧巻であろう。
    ジャグラー系への拘りも残しつつ、それもマイジャグシリーズという奮発で用意され、今回の内容に文句をつける者はいないだろう。

    朝の並びがそれ程伸びが見られない事が心配ではあったが、各台の回転数を見る限り充分以上の稼働がついており、状況の良さも感じる事が出来て楽しめた事と思われる。

    叛逆の結果のバラツキは、もう今更である事は皆が知る所ではあると思われるため仕方がないが、マイジャグシリーズの結果はちょっと残念というしかない。

    マイジャグⅢは、これだけ回されているのだから、もうちょっと上の水準で【確率の神様】にはバランスを取って欲しかったものだ。

    マイジャグⅣでは、4台並び×3箇所と、今後の攻め方としてひとつ頭に留めておきたい所だろう。

    【結果判定】
    ■朝イチでの台確保の容易性:◎
    総設置400台への並び30人
    ■20スロ全台数中の高設定割合:〇
    20スロの総数360台
    対象範囲の投入31台:8.6%
    ■高設定投入台の予測容易性:△
    判りやすい傾向がアリ
    法則・周期性等が解析中
    ■対象の人気・スペック評価:〇
    ■遊戯料金・交換率の優位性:〇
    46枚貸し・5.1交換・貯玉
    ■取材対象範囲の総差枚結続きを読む

    営業3(2020年6月29日の結果報告)