フェイタン のコメント一覧

  • 21
  1. フェイタン
    2020年2月16日の予想
    出玉予想:◯

    【萌ぇスロ界の需要拠点】である同店が、今月も萌ぇスロの楽しさ、面白さを世に布教すべく16日に何かを計画しているという情報と共に、何やら次のステップへ向けて動き出すという新しい動きをキャッチしたので対策を講じる必要がありそうだ。

    エージェントからもたらされた情報は2点。

    1点目は、どうやら萌ぇ道の発展に向けて新しい戦力を導入したらしい。
    すでに情報の解析、分析も終了したので報告する。

    戦力1:ゆるせぽね【4台】
    戦力2:パチスロ ラブ嬢Ⅱ【1台】

    との事である。

    まず、【戦力1:ゆるせぽね】についてだが、
    春の女神、花の女神にして冥界の女王であり、冥王ハーデスの嫁ペルセポネの萌ぇ形態である。
    萌ぇスロとしては王道路線といって良いが、名前の通り色々なところが【緩い】。
    今回、16日に何かを計画している【萌ぇスロ界の需要拠点である同店】とすれば、春に向けて花の女神をゆるゆると前線へ送ってくる可能性は非常に高く、警戒されたい。

    更に、冥王のゆる嫁に追従させる他戦力として現在警戒し、対策の為の分析を急いでいるのは以下の通りである。
    ・スカイガールズ~ゼロノツバサ~【4台】
    〇エース:ソニックダイバー隊所属・零神を駆る【桜野音羽】階級は曹長
    ・GI優駿倶楽部【2台】
    〇エース:ダービーアカデミー所属・【羽生まこ】通称うまこ
    ・パチスロ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか【4台】
    〇エース:天界から降りてきた神・【ヘスティア】通称ロリ神

    この様な強力な戦力を【百戦錬磨の萌ぇスロ界の需要拠点である同店の管理人】がいつまでも待機させて置くはずもなく、今回前線に送り出してくる可能性は低くは無いとみて警戒している。

    もたらされた情報の2点目であるが、どうやら【末尾系】という新戦術を導入し、すでに実戦レベルまでの練成も終了しているという重要な情報だ。

    これに伴い、上記で挙げた【戦力2:パチスロ ラブ嬢Ⅱ】などの少数精鋭の特殊部隊が作戦参加する事が想定され、これまでは特段の警戒を必要としていなかった少数構成である独立続きを読む

  2. フェイタン
    2020年2月16日の予想
    出玉予想:◯

    15、16と連続開催が予定されているこの週末。
    まだ土曜の結果が出る前ではあるが、日曜は連続開催最終日となるだけに総仕上げ、土曜の結果を踏まえてしっかり掴みたい所。

    比較的Aタイプと、旧基準機での投入が主だった同店も、前回はバーサスに2台の6号機とそろそろ本格的な6号機の運用を考えているのだろうか。

    また、他県ではパチンコファン感謝デーとか、3日間抽選で賞品当たっちゃうのだけど、千葉では「千葉パチンコ・パチスロフェスティバル」と銘打って14、15、16、17日の4日開催で盛り上げようとしてますな

    その中日の週末、15、16日で組んでいるのだが「15日」「16日」となれば、「15日は5号機」「16日は6号機」とかインスピレーションですね。

    という事で、
    ・マイジャグⅣ
    ・バーサス
    ・パチスロ北斗の拳 天昇
    ・Re:ゼロから始める異世界生活
    ・マジカルハロウィン7
    ・パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI‐EVOLUTION ZERO
    までで選択したい。

    今後の6号機の運用・客付きの為にもここはちょっとやっちゃうかな?

    続きを読む
  3. フェイタン
    2020年2月16日の予想
    出玉予想:◯

    「6の付く日」が旧イベ日となる同店。
    未だ、話題の絆2の導入に関してもアナウンスもない上に、2月3日の新台入替以降の動きもない中で11日の結果の詳細も出て来ませんので、現時点では11日の予想をそのままスライドする以外に目新しい要素が無い為、方向性は引き続きという事で。

    これまでの同店での予想で毎回繰り返してるけど、ここは傾向的なモノがまったく見えてこない、ピンポイントでは狙い辛いお店。
    狙い辛いなら不利じゃんって解釈も出来るけど、一方で軍団の占有や抽選負けという心配が不要でどこからでもチャンスがあるという解釈も出来るお店。

    導入直後や、1週間以内程度の突撃でも、新台、導入台の投入があった記憶もないので、ここもヒントにはなり得ないという状況ですね

    2月6日にラムレムパネルのリゼロ導入があったけど、2月2日が済んでからなんだ・・・と思って見たり、なかなか事前に香るものが掴めないのです。

    去年の履歴まで遡って少しでも傾向をと思って見てみても、ハナビや各種Aタイプが色取り取りに使われている程度で、AT&ART、6号機とかはまったく傾向が掴めないので、それで行ってみましょう

    〇複数設置Aタイプラインナップ
    (機種名:設置台数:過去登場回数:機械割)
    ニューパルDX 5台:0回:110%(台数的にも期待低)
    ギアスR2CC* 4台:2回:112%
    バーサス*** 4台:0回:106.4%
    ニューパルSP2 3台:0回:108.9%
    ハナビ**** 3台:4回:108.5%
    クレア女神の夢 3台:0回:108.4%
    クレア眠りの塔 2台:0回:115.2%
    戦国乙女A** 2台:0回:108.1%
    ハナビ通*** 2台:1回:108.9~110.9%
    A偽物語**** 2台:3回:109.7%
    クラセレ*** 2台:0回:115%

    昨年6月~20年2月2日までで、延べ28台の投入台中、Aタイプが上記の通り延べ10台という事で、特別Aタイプが多いかと言うと微妙な出現率35.7%でした。

    1度1機種と言うのが続きを読む

  4. フェイタン
    2020年2月16日の予想
    出玉予想:◯

    前回、マジハロ5でお客さんのリベンジ心に応えた投入で結果を出した同店。

    しかし、肝心な継続投入を続けている、同店の看板機種と言って良い2機種【リゼロ】と【番長3】がボリュームダウンさせてありました。

    その状況からでもリゼロは平均出率が前回を超えるという頑張りを見せたものの、番長3ではモロに煽りを喰らっての、とうとう出率100%を切る事態に陥っていました。

    当然今回は、リベンジ云々というより、同店の看板機種としての威厳を保つためにもしっかり答えを出そうと考えるはずです。
    マジハロ5の結果を見ても、それが見て取れるはずです、そういう店です。

    さて、それはもう安心して、ホールを信じて座ってしまえば良いとは思うのですが、やはり抽選というものがあります。

    ですので、残る1枠もしっかり絞っておきたいところ。

    マジハロ5の件でみても、今度は獣王と考えがちですが、前回も触れましたが、そもそもあれだけ稼働が付かなくなってしまった台に敢えてリベンジ投入しても、【また不発】とか【今回はいつもの2機種だけかよ】という評価に行きついてしまう事は見えてしまっているだけに、ちょっと無いと思うのですよね。

    お客さんの心理をしっかり読み取って、阿吽の呼吸でお客様と作り上げてきた実績を、自ら信用と共に崩して猜疑心を生み出す可能性を態々選択する様な、つまらない店ではないはずです。

    よって、ここはこれまでの実績で、近い方から選んでいけば
    ・デビルメイクロス
    ・北斗修羅
    ・HEY!鏡
    の3機種が実績を伴った候補であると思えます。

    ただ、やはりこのタイミング、絆2が目前に迫ったこの時期だけに

    【SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~III】

    これは使うべきタイミングでもあると考えます。

    バラエティに関しては、「エイリヤンエボ・プチマーメイド・スモモチャン・スープラ」そしてサザンアイズと、傾向がハッキリしているので、引き続きで楽しませてくれるはずです

    続きを読む
  5. フェイタン
    2020年2月15日の予想
    出玉予想:◯

    旧イベ日「5の付く日」に、ジャグラーの超特化型店である同店を狙ってみたい。

    狙い方は複数設置機種

    ジャグラーのラインナップは以下の通り

    〇マイジャグラーⅣ 16台
    (6台列/10台列)
    ・アイムジャグラーEX-KK 2台
    (いわゆるアイムジャグラーEX AnniversaryEdition)
    ・ファンキージャグラー 3台
    ・アイムジャグラーEX-AE/KT 9台
    【赤パネルと緑パネル】(最も多く出回っているジャグラー)
    ◎ゴーゴージャグラー 4台
    ・ニューアイムジャグラーEX-KT 6台
    (2014年導入、やや古めの一般的なジャグラー)
    〇スーパーミラクルジャグラー 3台
    〇ゴーゴージャグラー2 5台
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    機種名の頭の記号
    ◎→前回:全6
    〇→前回:一部6
    ・→未投入

    最大設置台数を誇るマイジャグⅣが勿論メイン機種であり毎回必ず入ってくるが、1/2や1/3で56という入り方が定番。

    投入形態は全台系と、1/2や1/3という部分投入を機種毎に区切って選択投入される。
    全台系での投入機種は基本3台設置か4台設置機種である。
    過去に6台設置(現在5台設置と減台)のゴージャグ2が2度選択された実績があるにはあるが、頻度から見れば圧倒的少数である。

    1/2や1/3という部分投入形態では、マイジャグⅣを含む全てのジャグラーが選択肢となり、3種~4種という実績ながら最近は3機種が続いていたが、前回は4機種と増やされた。

    敢えてもう機種名で分けて書いたりもしないが、上のリストと、投入形態別の割り振り条件、前回の投入実績を照らして貰えれば、自ずと狙いは絞れると思う。

    並びの人数も少ないので、ちゃんと考えて選択、ちゃんと判別して判断の出来る人ならこんなに美味しい店は無いと思われる。

    続きを読む
  6. フェイタン

    >2020年2月11日の予想

    抽選人数:74名
    一般入場:54名

    【末尾系(19/31台投入:No.7)】
    ・出玉率 107.3% 勝率 61%(19/31台)

    ふむふむ、なるほど。
    何か関連や傾向があるのかは判りませんが、番号は【7】に変えてきましたね。
    これは今後、何かあるのかじっくり観察・解明していくとして、この7のラインは良いですね。
    Aタイプの含まれ方は秀逸です、またそこをしっかり入れてくるのは好感が持てます。
    また、5号機、6号機の人気台を広範囲にカバーされており、マイナーでも高出率な台であったり、色々楽しみのある良ラインですね。
    結果は、投入割り通りの勝率は出てきて、出率は頗る優秀な数字となってますので、ギアス、番長3、ガルパンなどの爆発もありますが、Aタイプの堅調な下支えの上に積み上げた高出率ですね。

    予想は外れましたけど、良いと思います!

    【バラエティ(11/25台投入)】
    ・出玉率 101.0% 勝率 32%(8/25台)

    ダンまち、エウレカ3、マジハロ7と、新しめな6号機に稼働が付いたものの、それぞれ不発と残念だったものの、回転数みても根拠があって回されたようにみえますね。
    この様な目の肥えたお客さんがいるお店は結果が見えやすいので良いですね。
    結果は残念なものの、出率では100%を超えて来ているので及第点といった所でしょうか、今回は不発の多発が原因ですものね。悪くないと思います。

    投入割合は充分優秀だと思いますし、その中での投入台の割り振りも好感がもてますね。
    範囲内での総差枚でも+35、000枚前後まで行ってますかね
    複数台での全6とか、派手さが無い分目立たないですが、かなり強いと思いますよ。

    今回も引き続き☆4で。

    続きを読む
    営業4(2020年2月11日の結果報告)
  7. フェイタン

    >2020年2月7日の予想

    抽選人数:17名
    一般入場:6名

    ・交響詩篇エウレカセブン3 HI‐EVOLUTION ZERO
    出玉率 107.0% 勝率 100%(4/4台)
    ・闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機
    出玉率 109.7% 勝率 66%(2/3台)

    共に全56で置かれた様子だが、それぞれに稼働が付かない状況で、1台づつ中途半端な回転数ながら6の出率を超える出玉を確保出来た結果、平均の数字だけは出てしまった形だ。

    20スロ256台での投入7台は流石に寂しい。
    それが例え差枚プラスであっても、回され無かった結果での1台での数字という事も鑑みれば、対象範囲での差枚がいくらプラスと言っても、高評価は難しいだろう。

    例え、等価でプラスだと言っても、ここは評価は抑えます。
    回して貰えない、貰えなかったという事は、回さなかった客が悪いのではなく、回して貰える場所に入れなかった、避けたという見方も出来てしまう。
    また、結果見えない客側からすれば「入ってない」と評価されてしまうのは、自分の首を絞めるだけであるので、「回して貰える場所へ入れて出して貰う」意思が見られなければ、それはやはりマイナス評価であろう。☆2で。

    続きを読む
    営業2(2020年2月7日の結果報告)
  8. フェイタン

    >2020年2月11日の予想

    抽選190人+一般15人

    【複数台】

    ・Re:ゼロから始める異世界生活(双子パネル)
    出玉率 106.3% 勝率 100%(3/3台)
    ・聖闘士星矢海皇覚醒Special
    出玉率 106.0% 勝率 75%(3/4台)

    ここが同店自慢のファーストクラス。
    入場順1~7番の方の専用VIPシートで御座います。
    VIPシートAは3席、機械割113.3%でのお迎えとなります。
    VIPシートBは4席、機械割107.1%でご用意させて頂きました。

    また、今回もシークレットVIPシートといたしまして、機械割110.7%とハイスペックな特別席を3席、御用意させて頂きました。
    ・マジカルハロウィン5
    出玉率 98.5% 勝率 33%(2/3台)

    【バラエティ(9/36台投入)】
    ・出玉率 99.4% 勝率 36%(13/36台)

    今回は、複数台での追加枠の1台、マジハロ5は残念ながら完全に不発となりましたね。
    定番の2機種も前回よりは低空飛行という感じ。
    バラエティでは前回と同等レベルでは収まったものの、1/4では流石に100%の壁は遠いでしょう。
    20スロ設置360台での投入が19台は10%にも届いておらず、些かボリューム感が無いですね。
    47枚等価は客側有利な環境ではあるのですが。
    強い投入傾向は、お客側からみて、その店へ行けば掴めるという意識を刺激します。
    その点では、同店の2機種は、その【傾向の強さ】という意味では最強ではあるものの、一定レベルを超えると、それは【誰でも知ってる=優位性が無い】という事と同義で、結果として
    【抽選ゲー感は拭えないものの、7番までを引くという一点と潔い】
    という持ち上げ方の評価になりますよね。
    勿論、それが集客には繋がっているのでしょうけども。

    対象範囲での総差枚は+10,808枚。
    本来なら等価で総差枚+なら☆4をベースで考えるのですが、投入19台中7台が、抽選ゲー状態続きを読む

    営業3(2020年2月11日の結果報告)
  9. フェイタン

    >2020年2月11日の予想

    抽選191人+一般65人

    【複数台】
    (全6)
    ・HEY!鏡
    出玉率 117.5% 勝率 100%(4/4台)
    ・ハナビ
    出玉率 105.2% 勝率 50%(1/2台)

    明らかな大都推しは【傾向】として、意識してなくても客目線では【その気にさせる】露骨だと言われようと、客有利な好ましい条件ですよね。
    ハナビの全台も、地味に安定した収支を作り出してくれる、これほど上等な店も珍しい。

    (5/10台投入56)
    ・北斗の拳 天昇
    出玉率 106.7% 勝率 70%(7/10台)

    じゃ、大都以外はダメかといえば、しっかり人気台、6号機でも【平行して】用意してくれるとは、もう文句の付け所が無いよね。

    【末尾系(26/35台投入:No.7)】
    ・出玉率 108.1%
    差枚プラスの割合 71%(25/35台)

    そして、台番号の付け方、コースでの設置具合で同じ事が何処でも出来る訳じゃないけど、Aタイプ、ジャグラー系をこちらの傾向でしっかり魅せるのも、かなりの店の意思を感じ取れるよね。
    それでいて、こちらでも相変わらず大都推しの拘りを見せるのも忘れない、ここまで拘ると他を使い辛くなったり、他に重点置いたら【騙した】と言われかねない、それくらいの主張を見せたのが、今後の【抜き】の布石ではあっても【それを感じさせない】上質管理者が裏に控えていそうですね

    一番館系列でも色々あるとは思いますが、なんだかスゲー設定管理者、営業監督者が揃ってないですか?
    ここ最近、すげー事ばかり見せられている気がします。出玉の話だけじゃなくてね。

    此方のお店の傾向等は、次回があれば、その時からでもじっくり探していくとして、今回は、20スロ280台で投入37台は勿論優秀。
    47枚等価と客側有利な環境。
    台選択に明らかな傾向を残しつつ、しっかり客の求めそうな所までケアされた機種選択は好感。
    末尾での塊投入や、結果が安定しやすく、客も求める部分に固めて投入する判り易さ。続きを読む

    営業5(2020年2月11日の結果報告)
  10. フェイタン

    >2020年2月11日の予想

    抽選30名+一般36名

    【複数台】
    (全6)
    ・アカギ~闇に降り立った天才~(1111番・1112番)
    出玉率 127.2% 勝率 100%(2/2台)

    (6/11台投入56)
    ・ファンキージャグラー(投入範囲1210番~1216番)
    出玉率 107.7% 勝率 45%(5/11台)

    共に申し分ない結果と言えるのでは。
    アカギは珍しいね、出率もあるけど、ここを朝一から狙う猛者はそれほどいないだろうと思うよ・・・それくらい、出率で釣られて痛い目を見せられる台だからw
    たまにバラエティで引っ掛けられて出してる事もあるけど基本入ってないよねw
    ファンキーは荒めの台だけど、それでもAタイプという結果でしょう。

    そして【今回も末尾が揃えられていました】
    このどちらかを事前にある程度絞れるところまで、何か傾向を見つけられると良いのですがね。

    【末尾系(11/19大投入:No.6)】
    出玉率 107.4% 勝率 63%(12/19台)

    勝率は投入通りで収まったものの、出率が異様に高く出てしまってるので、6の割合が高そうだと考えても良いかもしれませんね。

    そして【日付の末尾と同じではなくなった】
    という事で、これまでが偶然だったのか、イレギュラーがあったのか、もっと違う傾向があるのか、何かの力が働いたのか、次回以降の選択で更に突き詰めていきたいところです。

    20スロ162台で投入が19台は優秀な割合でしょう。
    並びが少なく、狙いが絞れるなら確保が容易な好環境。
    47枚等価は客側に有利な条件。
    末尾の傾向は違ったか変えられたが、引き続き複数台での選択の傾向や、末尾系でのライン上の並び・塊での投入等、立ち回りや台選択において、判りやすい傾向が作られているのは客目線では店選択は優先したくなる。
    対象範囲での全台差枚が∔41,294枚、ホール全台差枚でも+39,528枚という結果もだされては、☆5未満の評価は流石に付けられません。

    続きを読む

    営業5(2020年2月11日の結果報告)
  11. フェイタン

    >2020年2月5日の予想

    抽選人数:35名
    一般入場:18名

    【複数台】
    ・ゴーゴージャグラー
    出玉率 102.6% 勝率 50%(2/4台)

    こちらが全6の様ですね
    やはりゴージャグは荒れますね

    ・マイジャグラーIV(7/16)
    出玉率 100.6% 勝率 44%(7/16台)
    ・ゴーゴージャグラー2(2/5)
    出玉率 102.8% 勝率 40%(2/5台)
    ・スーパーミラクルジャグラー(1/3)
    出玉率 96.3% 勝率 33%(1/3台)

    こちらは、機種名の後ろのカッコの通り、部分的ながら6の投入となった様子。
    マイジャグは、6というより5の様な挙動で、早じまい掛けたような回転数が目に付きますね

    20スロ166台設置で投入14台と、僅かに少な目な印象はあるものの、結果としてはまずまずと言ったところでしょうか。
    ジャグラーでこれだけ安心して遊べるというのは有難いですが、非等価でもある事ですし、もっと魅せてくれる時があるのでしょう。
    今回は☆3まで。

    続きを読む
    営業3(2020年2月5日の結果報告)
  12. フェイタン

    >2020年2月11日の予想

    朝一の並び、抽選96名+一般入場30名

    【末尾系(10/16台投入:No.2)】
    出玉率 104.7% 勝率 69%(11/16台)

    ( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー
    「2」なんですね
    これは、1番館系列でもちょっと異端な管理者が居る様です

    【バラエティ(12/29台投入)】
    出玉率 106.4% 勝率 55%(16/29台)

    どちらも良く出ていますね、文句の付け所もないです。

    これら以外にも、見せ場は用意されていた様で、ご紹介

    ・ハナビ
    出玉率 107.6% 勝率 100%(4/4台)
    ・Re:ゼロから始める異世界生活
    出玉率 104.6% 勝率 66%(4/6台)
    ・ジャグラーシリーズの一部
    出玉率 105.5% 勝率 65%(11/17台)

    と、かなり各所で賑やかな状態。
    ハナビは全56まであったようで、これはちょっと頑張りましたね。

    これらが20枚等価で用意されたとなれば、かなり優秀だといって良いでしょう。
    20スロ設置台数が134台しか無い中でのこのボリュームですから、一番館ブランドに恥じない、良いスタートとなったと思います。

    並びの数に比べて全体の回し具合が異様に高いレベルですので、ちょっと「初」ブランドが無くなる次回以降の並びと、投入具合を楽しみにしていようと思います。

    評価は文句のない☆5でしょう。

    続きを読む
    営業5(2020年2月11日の結果報告)
  13. フェイタン
    2020年2月15日の予想
    出玉予想:◯

    「情熱」の「赤」から「新!」色となった同店の15日は、勿論「旧」イベ日ではないので、「新」イベ日という事にして頂きましょう。

    2月10日のリニューアル、「新」たに仲間入りの直近導入台
    ・クレアの秘宝伝~女神の夢と魔法の遺跡~【4台】
    ・パチスロ ヱヴァンゲリヲン AT777【2台】

    については、勿論お披露目を願いたいものです。

    更に
    ・スカイガールズ~ゼロノツバサ~【2台】
    ・パチスロ マクロスフロンティア3【2台】
    ・ゴーゴージャグラー2【11台】(勿論部分投入)

    辺りからの選択で当日判断ですかね

    続きを読む
  14. フェイタン
    2020年2月15日の予想
    出玉予想:◯

    絆2の導入は匂わせながらも、未だ導入日の告知が無い為、このタイミングもこれまで通りな予測でいいのだとは思われる

    狙いは「複数台」で良いようだ

    前回の8日のデータが挙がっていないので全体の詳細が把握しかねるのだが、これまでの結果からはAタイプが多めな印象である。

    よって、今回はあっさりと

    ・グレートキングハナハナ
    ・A‐SLOT偽物語
    ・ギアスR2CC
    辺りに、
    ・エウレカAO
    ・マジハロ5
    ・サラ番

    辺りを挙げておこうかね。
    あっても2機種であろうから、6機種も挙げるのは反則気味ではあるが、そこは自覚してるので、適当に流して欲しい(ヲイ!

    続きを読む
  15. フェイタン
    2020年2月15日の予想
    出玉予想:◯

    5の付く日に、放り投げる予想で大体当たるホールさんの予想を立ててみましょう。

    これまでの傾向から、狙いは末尾系の一本で良い様子。

    末尾の当選ライン上で、655が当たりなら、665と675も当たりの3並びというような、ライン上の並びが毎回見られるので、ホールでは立ち回りの参考にしてみると良いかも。

    末尾の番号の予想については、前回であっさり蹴散らされたので、当面は見(ケン)に入って、放り投げる予想で当たる間はそれで様子を見ます。

    (`・ω・´)つ【15日なので「5」で】

    続きを読む
  16. フェイタン

    >2020年2月9日の予想

    抽選人数:46名
    一般入場:20名

    【末尾系(13/24台投入:No.9)】
    ・出玉率 105.1% 勝率 38%(9/24台)

    !?【9】かい!!!!

    もう萎えた。。。w
    次回からは普通に予想して流します。。。一杯時間かけたのになぁw

    結果としては、3台並びに7台並びと、ホールでの立ち回りでは意識した方が良さそうな感じはまだ残ってますね

    出率としては投入割からみて優秀ですが、凱旋の誤爆2台に助けられたものですね。
    それがあっても勝率は満たない状況。

    引き続き並びも少ないのは好条件ながら、非等価な点も加味して☆3で。

    続きを読む
    営業3(2020年2月9日の結果報告)
  17. フェイタン

    >2020年2月2日の予想

    抽選人数:147名
    一般入場:73名

    【複数台】
    (全6)
    ・バイオハザード リベレーションズ
    出玉率 108.6% 勝率 88%(7/8台)

    (全56)
    ・閃乱カグラ
    出玉率 100.5% 勝率 50%(2/4台)
    ・盗忍!剛衛門
    出玉率 104.9% 勝率 75%(3/4台)

    (10/31投入)
    ・押忍!番長3
    出玉率 100.2% 勝率 42%(13/31台)

    結果はまずまずだが、520台の20スロに対して投入26台、5%はどうにも寂しい。
    ただ、それぞれは結果も出ている為、等価である事も含めて☆3で。

    続きを読む
    営業3(2020年2月2日の結果報告)
  18. フェイタン

    >2020年2月11日の予想

    抽選50名+一般5名

    【複数台】
    (全6)
    ・ゴーゴージャグラー
    出玉率 102.5% 勝率 60%(3/5台)
    ・アイムジャグラーEX AnniversaryEdition
    出玉率 104.1% 勝率 33%(2/6台)
    ・沖ドキ!バケーション
    出玉率 108.2% 勝率 40%(2/5台)

    【バラエティ(7/20)】
    ・出玉率 96.7% 勝率 25%(5/20台)

    並びもほどほどで、この設置台数でこの投入ボリュームなら優秀な部類だろう。
    残念ながら、あまり回されずポテンシャルうぃ発揮できないまま埋もれた各台の結果が恨めしいというところか。

    次回は期待のタイミングらしいので、そこまでモチベーションを維持するには十分すぎる環境だったとは思う。結果だけが残念だ
    ☆2で。

    続きを読む
    営業2(2020年2月11日の結果報告)
  19. フェイタン
    2020年2月15日の予想
    出玉予想:◯

    2月8日の予定が出ていたので予想を入れましたが、どうやら中止となった模様。
    訂正を入れずですみません。

    という事で、改めての16日。

    この間、新台入替等もなく、先の告知も入らない為、そのまま予想はスライドです。

    僅か一回ではあるけど前回の結果も振り返りつつ少しでも傾向的なモノを読み解いて、今回の狙いの精度アップに繋げたい。

    まず、ジャグラーの設置台数が非常に多いので、このお店のメイン機種と言えばジャグラーシリーズなのでしょう。
    当日データからは、全台系での投入もありながら、ジャグラーを含む各所に末尾系を思わせる出玉状態が頻発し、末尾は8番が正解だったようだが、2番3番もありそうな状況で迷ってしまった。

    これがこの店での投入スタイルという事でしょう。
    複数設置台と末尾で狙うのだけど、末尾で該当したライン以外でも、複数設置の全台系として投入された台番から通る複数ラインでピンポイント投入があるという傾向が見られる。

    複数台の選択においては、前回がファフナー&番長3だったが、今回は最大設置数で主力と考えて良い北斗天昇は台数が多すぎて全台系は考えにくい、あっても1/3であるとか、末尾のラインで通したところだけで終わりそうだ。

    それよりも、正面、出入り口側からコースへ引き込む為には、その角地は一等地として誘因役を司るケースが多いので、それを根拠に叛逆の全台系を狙ってみたい。

    それはエウレカ3にも言える事だが、初突撃より投入ボリュームが増えるとも考えにくい為、そちらのコースでの出玉感は沖ドキの事故に任せる形でも良いのでは。

    よって、叛逆の全台系、もしくは叛逆と北斗天昇のそれぞれ部分投入でのジグザグ配置で、全体的な出玉感の演出、メインコース感の演出という線を予想してみたい。

    同じく、番長3と凱旋の事故出玉と、リゼロの部分投入で、全体的にパラパラと途切れなく出玉感を演出するという意味でのリゼロへの部分投入まで考えても良いかと思います。

    前回の初開催での対象が2機種であった事から、あってもせいぜい3機種程度だと思われるので、複数設置台の予想としては、叛逆、天昇の部分投入、あれば更にリゼロまで。続きを読む

  20. フェイタン

    >2020年2月9日の予想

    抽選44名+一般28名

    【複数台】
    (全6)
    ・マジカルハロウィン5
    出玉率 106.6% 勝率 100%(3/3台)

    前回のリベンジ投入となりました。
    やはり獣王は無しで良かったですよね。
    もう、これはお店とお客さんの阿吽の呼吸。
    お店はお客さんの考えを、お客さんはお店の想いを互いしっかり受け止めた会心のデータでしょう。
    両者ともにお見事です。

    (1/5&4/16)
    ・Re:ゼロから始める異世界生活
    出玉率 107.2% 勝率 60%(3/5台)
    ・押忍!番長3
    出玉率 93.1% 勝率 25%(4/16台)

    全6がマジハロの1台となってるだけに、今回は予算少な目でしたかね。
    それでも、たった1台でも、しっかりリゼロと番長3で用意してる辺り、この店の良心が垣間見えますよね。
    ここまで減らすならどっちかへ寄せろ!って意見もあるかもしれませんが、それでも「この2台が続けて入ってる」事に意味があるので、素晴らしいと思います。
    リゼロ、2167、2170のお二方の見切りの素晴らしさのおかげで、1/5投入でも良い数字を残せましたね。上級スロッターな常連さんをお持ちの様で。
    番長3は、投入量が少ない上に半分が不発となってしまったので、厳しい数字になりました。
    でも、これも次に繋がるはずですよね、両者共に。

    【バラエティ(9/24台投入)】
    出玉率 100.1% 勝率 42%(10/24台)

    こちらも安定の投入と結果で、ともすれば抽選ゲーだと言われかねないですが、それでも惹きつけてやまない魅力があるのが【傾向】ですよね。

    ボリュームダウンではあるのですが、それを補って余りある、店と客の連携プレーで結果を引き出したという所でしょうか。
    番長3の不発はちょっと大きいので、今回は☆3まで。

    でも、決して残念でも、在り来たりでも無く、「良い店」ですよ

    続きを読む
    営業3(2020年2月9日の結果報告)