みんパチユーザーによる
埼玉県の営業予想 >>

ニューセンチュリー大宮店

このホールに投稿された情報を
アプリのプッシュ通知で受け取る
ニューセンチュリー大宮店
特徴

2020年7月22日にガーデン大宮北に屋号変更

評価
番付普通の店
全期間
総合点41点(評価数:12 件)
営業評価2.4
接客評価3
設備評価3
基本情報
営業時間10:00〜22:45
住所埼玉県さいたま市北区東大成町2-449-1
地図こちらをクリック
台数パチンコ392台/スロット232台
旧イベント日情報募集中
入場方法
整理券の有無あり(会員カード不要)
整理券の配布方法抽選
配布時間9:50
情報を修正する
遊技料金
パチンコ4.16円 1.04円
スロット20.83円
交換率(換金率)
4.16円パチンコ非等価
1.04円パチンコ100玉
20.83円スロット5.0枚
景品交換所の場所

中央扉出て直ぐ左

外部リンク
台データこちらをクリック情報を修正する

※上記の情報においては正確でない場合もございます
※ホールと景品交換所には一切の関係性がありません

ゴトー軍団 調査スケジュール
ホール攻略LINE 埼玉・北関東版
  • 12月8日(水)
  • スロッター✕パチンカー 先月 優秀賞
    三郷市
    【埼玉県】
  • スロッター✕パチンカー 先月 敢闘賞
    川越市
    【埼玉県】
  • スロッター✕パチンカー
    近日公開【埼玉県】
  • スロッター✕パチンカー
    近日公開【埼玉県】
  • スロッター✕スロッター 先月 敢闘賞
    狭山市
    【埼玉県】
  • スロッター✕スロッター
    近日公開2店舗合同【埼玉県】
  • スロッター✕スロッター
    近日公開2店舗合同【埼玉県】
  • スロッター✕スロッター
    近日公開【埼玉県】
  • スロッター✕スロッター
    近日公開【埼玉県】
  • 12月10日(金)
  • スロッター✕スロッター
    北戸田駅
    初突撃【埼玉県】
  • 全てのスケジュール・過去の結果を見る
月間読者ランキング開催中!
毎月Amazonギフト券プレゼント

評価・コメントをする営業の予想をする

メールアドレスが公開されることはありません。

この店舗を評価する

営業
接客
設備
営業評価旧イベント日や取材日のみの出玉状況の評価をしてください
(通常営業日においてはどこのホールも基本回収なのでそれは評価には加えないでください)
接客評価接客、清掃状況、スタッフの容姿
設備評価新台やデータ機器の充実度、台間シャッターや肘掛けの有無、Wi-FiやUSBの有無、休憩所や食堂の質、装飾の華やかさ

サムネイル画像が設定できるようになりました♪
設定してみる

画像をアップロード


※Ctrlキーを押しながらの画像選択で一度に4枚まで投稿可能


2枚目の画像


3枚目の画像


4枚目の画像

新着コメント (全68件)

一般コメント劣悪コメントみんレポ
  1. マイホだったけど

    もう限界
    1k10も回らない台が大多数
    毎回行く度に回る台探してカニ歩くも人気台 マイナー台関係無く1k 5~10 上振れしても12~3がいいとこ
    基本打ちっぱなしでも保4貯まらない
    風車がほとんど左に弾かれる
    ハイワロSP中に貯めてても次変動始まるまでに4つはまず貯まらない
    どんなゴミ釘師雇ってんだよ
    なかなか当たらないのは別に構わないが回らないストレスのが高いのを店側はいい加減分かれよ
    ずーっと通ってたけどここ最近のやり方があまりにクソすぎるんでもう行きません
    ジジババ相手に1パチで地味な利益取ってください
    さようなら

    • 2020年6月21日の予想
      出玉予想:◯
      高設定の入れ方予想:
      機種(全台~1/2系) 少台数機種強め Aタイプ強め
      並び予想:10~49人

      前回、6月11日から10日が経ち、再度1の付く21日で計画されているという事は、今後1の付く日で定期開催みたいな位置付けになるのかもしれませんね。

      であれば、まず出玉を付けて「ユーザーに意識して貰う事」から始めるしかない訳で、今回も魅力的なラインナップで準備してくれそうな予感がします。

      狙い方は【複数設置機種】での全台系、部分投入と巧く使い分けて用意されています。

      まず、部分投入される台数多めな機種狙いですが、前回のゴージャグはなかなか稼働が上がらないなかで結果も見え難くなってしまっていましたね

      その他の機種でここへの投入実績があり、その機種というだけで稼働が上がりそうなマイジャグⅣは、同じ投入実績のある凱旋よりは安定しやすく、回してくれそうな気がします。

      全台系で用意される機種は、前回叛逆を引っ張り出してくるくらいなので、
      ・セイクリ
      ・エヴァフェス
      ・星矢SP
      ・ダンまち
      辺りでいかがでしょうか。

        • >2020年6月21日の予想結果

          【ジャグラーの高設定が欲しい人よっておいで~】

          朝一抽選=26名
          一般入場=38名

          【複数設置台】・・・・・・・・

          (全56)
          ・ハナビ
          出玉率105.0%・勝率50%(2/4台)
          ・クランキーセレブレーション
          出玉率108.5%・勝率75%(3/4台)

          (一部投入/で56)
          ・ゴーゴージャグラー2(9/16投入)
          出玉率104.7%・勝率44%(7/16台)

          同店では珍しいAタイプだけの構成となったようだ。
          出率で見ればそれぞれの機種なりに結果はでてはいたと言って良いかと思う。

          今回も継続して部分投入で準備されたゴージャグだが、今回、実は投入量が1.5倍になっている。

          「大幅増量」と言っても良いのだが、前回の結果の中で触れた、

          【強気の投入が無いと稼働が低い間は結果が見えてこないと、かえって「ダメっぽい感」が漂ってしまう】

          という指摘に呼応してくれたかどうかはさておき、【投入量を50%UPした結果、平均回転数も20%UPした】訳で、平均回転数が上がってくれば投入箇所での差枚も増加し、【設定状況の良さに気付ける可能性も上がって、更に島全体の稼働率上昇を促進する】という良い循環の【スタート地点が見えた】という印象がある様に思う。

          ユーザーの意識を塗り替えるまでは根気よく続けていくしかないのだが、動き始めれば加速度的に動く性質のものだと思えるだけに、現状の【差枚的な負担増が無いままに、投入量を増加してユーザーに状況の良さに気付かせる環境】が可能な間は継続してアピールして欲しいなと感じた。

          予想をして、そこに確かにあったにも関わらず、回されない、稼働状況が寂しいまま埋もれている高設定程勿体無いモノはないよね、同店ユーザーにもしっかり掴んで貰いたいと思いました。

          【結果判定】
          ■朝イチでの台確保の容易性:◎
          総設置232台への並び26人
          ■20スロ全台数中の高設定割合:△
          20スロの総数232台
          対象範囲の投入17台:7.3%
          ■高設定投入台の予測容易性:×
          判りやすい傾向が多少アリ
          法則・周期性等は未確認
          ■対象の人気・スペック評価:〇
          ■遊戯料金・交換率の優位性:△
          48枚貸し・5.0交換・貯玉アリ
          ■取材対象範囲の総差枚結果:△
          対象範囲の総差枚+11,616枚
          ☆特記事項:

          【総評】

          以上から、今回は☆3

          注:スマホ表示での見易さを模索中の為、表記が暫く色々変わるかもしれません

            1 返信
            営業 3 (2020年6月21日の結果報告)
            • >フェイタン さん

              全台の集計出せよ
              非等価で何万枚回収してるのか公表しろや

                1 返信
                • >馬鹿 さん

                  予想するのも集計や考察するの大変なんですよ!
                  それを命令口調で言うのはあまりにも理不尽ですよ!
                  しかもフェイタンさんはジャグラーに絞った予想なんですからジャグラーに絞るのは当たり前だと思います!

                    3 返信
                  • ゴッチさん

                    >馬鹿 さん

                    馬鹿さん、それは言い過ぎだろ。
                    みんレポの差枚集計が見れりゃ良いんだろうが、取り扱いがなきゃ自分でやってみたらどうだい?

                    旅打ちさんが言う通り大変だと思うけどな…

                    こういう文句を言うの止めようぜ。
                    予想してくれた人に失礼だべ。

                      3 返信
              • 2020年6月11日の予想
                出玉予想:◯
                高設定の入れ方予想:
                機種(全台~1/2系) メイン機種強め 少台数機種強め Aタイプ強め
                並び予想:10~49人

                【個人的にオススメな庭系列の隠れた優良店の兆し】
                3月28日の開催より約2か月半、個人的には、あくまで個人的なのですが、ガーデングループながらガーデンを冠していない同店ではありますが、同店の今後が楽しみで仕方がない、注目の店舗さん。

                ガーデン系列での旧イベ日や各種媒体・取材時の高設定の投入量は、その投入量自体の公約的な示唆が無い限り、他グループ店と比較してやや少な目なイメージを持っています。

                その中で、同店はスロッター×スロッターの初開催となったグランドリニューアルな昨年27&28日の営業が凄まじく、三桁の並びを作っていたものの29日よりボリュームダウンしても、その後3開催、1/11まで三桁を持続した期待感を持たれていたホール。

                ボリュームダウンして以後は、顕著に並びも減って、稼働も落ちて来てしまっていたのですが、3月には尻上がりに投入量を挙げて、個人的に優良だろうと思える設置台数の10%も届く所まで上げて来ておりました。

                その効果がこれからと思った矢先のコロナですから、同店管理者もさぞ口惜しかった事でしょう。

                改めて再開を喜び、また一歩づつではありますが、積み上げて欲しいと願うホールさんです。

                投入形態はガーデン系列で多く見られる複数設置台の全台系と、部分投入。

                ・全台系
                選択される機種の設置台数が、全台系だけに少な目になるのは致し方ない事から、その選択機種も一線級とは言えない所からの選択にはなります。
                【過去の選択機種の設置台数は2~4台設置機種のみ。】
                比較的早めに出玉が付くであるとか、設定看破が比較的楽であるとか、比較的安定してスランプが上がるであるとか、【何らかの全台系を見過ごさなさそうな機種】が選択されている傾向が見えます。
                HEY!鏡なんて、複数の繰り返し投入があるホールで座って6だったなら歓喜しちゃいますけどね、あんなに判り易い台・・・私なら。

                ・部分投入系
                こちらは殆どが7台設置以上となっている多台数設置機種が対象になっています。
                また、ジャグラー系の投入割合が頗る高く、最初からそこ狙った方がと思えるレベルにあるとは思いますが、部分投入である事、稼働が落ち込んでいた事が災いし、【見えてこない】事から真価を発揮出来ていないケースが多々見受けられます。

                ちょっとその辺りの改善の為か、普段稼働があるのでしょう、凱旋や、新台6号機の物語セカンドの投入を魅せてみたりしてますが、ここは今後、同店の管理人がどう作っていくのかが見所の一つかと思います。

                いずれにせよ、客目線で【判り易い】を、「座って」「回して」「当ててみて」「粘ってみて」「周りを見て」の何がしかのポイントで作っている様子が見られ、投入量も顕著に、それも「低稼働、客が少ないからそれに合わせて減らす」では無く、逆に増やしてアピールを試みている同店を優良店候補として注目して行きます。

                  • >2020年6月11日の予想結果

                    朝一抽選= 20名
                    一般入場= 26名

                    【複数設置台】・・・・・・・・・
                    (全56)
                    ・まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
                    出玉率105.0%・75%(3/4台)
                    ・コードギアス R2 C.C.ver.
                    出玉率106.9%・75%(3/4台)

                    (一部投入/で56)
                    ・ゴーゴージャグラー2(6/16投入)
                    出玉率105.1%・50%(8/16台)

                    年末年始には集中的に登用されていた叛逆を、ここにきて投入された事にしっかり対応出来ている事は回転数を見てもよく判りますよね。
                    ましてや、すぐに高設定を見抜けるかと言えば、余程序盤から良挙動を見せくれる以外には不安を感じながら押す形になり易い叛逆をここまで見事に回し切るのだから、同店ユーザーの質の高さが判ります。

                    ギアスは自粛休業直前の開催からの連投にはなっていますが、これまた回し具合は「確信と期待を持って座った」と言っても良いレベル。

                    ギアスR2CCはそれなりの結果が見えたとは思うものの、叛逆は一台の突出から、他の台が比較して疑念を持ってもおかしくない状況だっただけに、感心するばかりです。

                    部分投入となったゴージャグ2は定番中の定番。ただ、その投入割合は結構厳しめだった上に、ゴージャグって素直に上がるケースって少ないイメージなので全体に回し切られた感は無いですよね。

                    もうちょっと何台か押してみようかな?と思える様な展開の助けがあれば、もっと良い景色がみられたのでしょう、残念な結果と言っても良いでしょう。

                    【結果判定】
                    ■朝イチからの台確保の容易性:◎
                    総設置232台への並び20人
                    ■20スロ総数中の高設定投入割合:△
                    20スロの総数232台
                    対象範囲の投入14台:6.0%
                    ■高設定投入台の予測の容易性:×
                    判りやすい傾向が多少アリ
                    法則・周期性等は未確認
                    ■投入台の人気・スペック評価:〇
                    ■遊戯料金・交換率での優位性:△
                    48枚貸し・5.0交換・貯玉アリ
                    ■取材等対象範囲の総差枚結果:△
                    対象範囲の総差枚+11,672枚
                    ☆特記事項:

                    【総評】
                    判り易かったかどうかは別として、人気台で揃えられたのは好感度高し。
                    折角の全台系だったギアス、叛逆共に伸ばせた台は一応あるものの、それぞれにもっと高い景色は見られたとは思う。
                    ゴージャグ2については、やはり台数が多い分、ちょっと強気の投入が無いとかどうが低い間は結果が見えてこないと、かえって「ダメっぽい感」が漂ってしまいます。
                    交換ギャップも少なく、この程度の差枚でもプラスはプラスという感触くらいは見られたでしょう。

                    以上から、今回は☆3

                    注:スマホ表示での見易さを模索中の為、表記が暫く色々変わるかもしれません

                      営業 3 (2020年6月11日の結果報告)
                  • ガーデン系列

                    コロナ渦でも営業して利益を貪ろうとするのは流石ガーデン系列と言ったところか。
                    肝心の営業面だが、
                    パチンコ:1パチ専門だったはずだがコロナで時短営業を余儀なくされた影響で4パチを設置。休業中(1週間だけ)で得ることが出来なかった利益を確保している。釘はシンフォギア2が1k12回転ほど。
                    パチスロ:ディスクアップのみ稼働停止。当たり前だが設定など入っていない。

                    4/28日イベント日のことです。
                    また、非等価です。

                      12 返信
                      営業 1
                      接客3
                      設備3
                    • 2020年3月28日の予想
                      出玉予想:◯
                      高設定の入れ方予想:
                      機種(全台~1/2系)
                      並び予想:10~49人

                      28日に「スロッター×スロッター」が入るそうですね

                      22日の結果詳細も出ていませんし、何を避け、何を狙うのかは難しい判断が迫られますが、投入量が元々それほど多くないだけに、投入機種も全台系、部分投入台含めて3機種前後という所。

                      割と最新機種やメジャー機種の選択、ジャグラー系の選択が多いだけに、絞って名前を挙げておきます。

                      ・物語セカンド【6台】
                      ・新鬼武者【2台】
                      ・叛逆【4台】
                      ・マイジャグⅣ【24台】
                      ・ゴージャグ2【16台】

                      多台数設置機種は部分投入となるでしょう。

                        • >2020年3月28日の予想結果

                          朝一抽選= 7名
                          一般入場= 22名

                          【複数設置台】
                          (全56)
                          ・HEY!鏡
                          出玉率 103.4% 勝率 50%(2/4台)
                          ・地獄少女 宵伽
                          出玉率 104.5% 勝率 100%(2/2台)
                          ・盗忍!剛衛門
                          出玉率 114.6% 勝率 100%(3/3台)
                          ・コードギアス 反逆のルルーシュR2 C.C.ver.
                          出玉率 107.9% 勝率 66%(2/3台)

                          鏡は特訓対決の勝利周期の分布で、割と早くから設定の傾向を掴みやすいですし、513・514番台辺りはもっと押せる根拠が無かったのか、その後の展開が気になるスランプですが、514・516番台の立ち上がりは厳しいものがありましたね。

                          地獄少女は稼働が付かない勿体ない結果ですね、ほぼ一撃離脱の利益確保で済まされてしまった様です。

                          剛衛門の600番は楽な展開で気持ち良くブン回しに入れた様でおめでとうございます。601番台は「ほっとして」いる様が目に浮かびますが、初動の不安が頭をもたげたのも想像に難くない引き際でしょうか。

                          R2CCの605番が不安に駆られたのも目に浮かぶところですが、606番はスタートが遅かったのでしょうか?止めるタイミングには見えないですが、設定を感じ取れるスランプかと。

                          (一部投入/で56)
                          ・ミリオンゴッド-神々の凱旋-(4/7台投入)
                          出玉率 103.3% 勝率 43%(3/7台)
                          ・〈物語〉シリーズ セカンドシーズン(3/7台投入)
                          出玉率 105.6% 勝率 60%(3/5台)
                          ・ゴーゴージャグラー2(4/16台投入)
                          出玉率 101.6% 勝率 44%(7/16台)

                          凱旋416番台は朝一からいきなりの天井直行だったのかな?よく踏ん張って結果に繋げたと感心しちゃいますね。

                          物語セカンドは、まだそれほどサンプルも多くなく、スランプだけでは判断付きにくいですが、比較的暴れてますね。
                          先日私もこの機種の新台入替のホールで「6」を終日回しましたが、閉店間際まで差枚0ラインを挟んで小幅に上げ下げを繰り返し、最後に1300枚貰っただけという修業の様な位置に値を過ごしましたが、こんなに暴れる機種でもあるんですね。

                          ゴージャグはキレたらヤバい挙動を魅せますが、大人しい時は一変してアイムモドキになりますからね、今回の結果もある意味「ゴージャグらしい」といえるのかも。

                          これら対象機種以外でも、
                          ・560番台 閃乱カグラ 2847G +1,557枚
                          ・561番台 やじきた道中記 5300G +4,518枚
                          ・570番台 エヴァフェス 3047G +850枚
                          ・573番台 カンフーレディドラゴン 5562G +5,398枚
                          ・575番台 獣王 5372G +1,294枚

                          等々、各所で魅せる所があったようですね。

                          今回は【同店の本気】を見せつける様な投入が見られて良かったと思います。
                          低稼働や不発に泣いた場所はあったものの、魅せる、出す、安定感を意識したと伝わる営業だったのではないでしょうか。

                          想定した満点の結果でなかったと、ホール側も地団太を踏んでいる状況だとは思いますが、一定の結果は出たと思いますし、何より「出す気」を伺えたのが一番の収穫かも知れません。

                          ・設置232台への並び7人。台確保の容易性:◎
                          ・20スロ設置232台。対象範囲の投入23台。投入量:〇
                          ・判りやすい傾向・法則等が多少感じられる。台選択の容易性:〇
                          ・選択された台の人気度・スペックの評価:〇
                          ・48枚貸し、5.0交換。客側の優位性:〇
                          ・20スロ対象範囲の総差枚+17,303枚@非等価。結果:〇

                          ☆=超優秀
                          ◎=優秀
                          〇=平均的~良
                          △=平均未満
                          ×=明らかに劣る

                          回を重ねるごとに、内容の良化が著しく感じられるのは高評価ですよね。
                          差枚としての結果は物足りない感じもありますが、今後が楽しみに思える内容だったのではないでしょうか

                          以上から、今回は☆3

                            営業 3 (2020年3月28日の結果報告)
                          • >2020年3月28日の予想結果

                            適当な予想すんなゴミ

                              6 返信
                              営業 1 (2020年3月28日の結果報告)
                          • 2020年3月22日の予想
                            出玉予想:△
                            高設定の入れ方予想:
                            機種(全台~1/2系)
                            並び予想:10~49人

                            【22日に今月2度目の『スロッター✕スロッター』】

                            前回の14日の投入機種の構成は、スロッターが喜ぶ内容であった事は間違いない。
                            しかし、投入内容に比べて結果が不運にも繋がらず残念であった事もまた確かだろう。

                            そんな同店の【2度目の突撃】となれば、当然それは【リベンジさせる】という意味に取って良いであろうし、前回来店のスロッターも思いは同じだろう。

                            総設置台数の5%という、かなり少ない投入量と言える前回での不発を、今回リベンジさせるとすれば、そこは失敗出来ないだろう。

                            失敗=スロッターの信頼を失う。。。である事も確かだからだ。

                            勿論、【ホールが意図的に不発を仕組む事が出来る訳では無い】事はみな判って入るが、であれば、結果として不発となれば、それは・・・

                            ・設定が入っている前提の評価【不発】

                            ではなく

                            ・設定が入っていないと推測されての【ガセ特定日】

                            という評価になる訳だね。

                            そんな不本意な評価で信頼を失うのも当然同店も本望ではないであろうし、【リベンジさせたい・する必要がある】のであれば、当然同一機種を同一構成で、同一レベルには置く必要がある。

                            が・・・【万が一の再不発にも備える必要性】として、見えやすい機種も追加で置くという選択肢はあって良いだろう。

                            元々5%とボリューム的な問題もあっただけに、一石二鳥というものだろう。

                            以上から、
                            ・前回の投入構成をそのままスライド
                            ・万が一の不発に寄る不本意な信用失墜を防ぐ対策として、マイジャグⅣの投入割合アップ、または、もうひとつの同店の定番であるゴージャグ2も、マイジャグと同時、且つ投入割合アップで【今回は確実に魅せる】

                            という期待を込めた予想をしておきたいと思う。

                            ダメならダメで【ダメな店】という評価であるし、良い店、勧められる店であれば【優良お勧め店】という評価になるだけの話だからね。

                            店は用意をするだけ、そしてその評価をするのは私たちスロッターだからね!
                            ホール側の自己満イミフ主張に乗っかる義務は、我らスロッターには無い訳だから。

                            という事で、狙いは【複数台】の一本。

                            【ホールの想いはホールで感じ取ってやろうゼ!】

                              • >2020年3月22日の予想結果

                                朝一抽選= 24名
                                一般入場= 24名

                                【複数設置台】
                                ・クランキーセレブレーション
                                出玉率 107.4% 勝率 100%(3/3台)
                                ・HEY!鏡
                                出玉率 113.4% 勝率 100%(4/4台)
                                ・エヴァンゲリオンフェスティバル
                                出玉率 114.6% 勝率 100%(2/2台)

                                (一部投入/で56)
                                ・マイジャグラーⅣ(6/24台投入)
                                出玉率 99.6% 勝率 42%(10/24台)
                                ・ミリオンゴッド-神々の凱旋-(3/7台投入)
                                出玉率 110.0% 勝率 71%(5/7台)

                                クラセレは一部投入だと思われてしまいましたかね?
                                478番台が伸びた事で、その両脇が回されないというジレンマ。

                                鏡とエヴァフェスは低稼働で勿体なかったものの、その投入内容が垣間見える勝率100%と、取り付くヒントがありもした感じですね。

                                投入台として、全台系で2台、一部投入系で4台の計6台が前回より増やされ、前回の12台から1.5倍の18台へと大幅増量された事も功を奏して、対象範囲の総差枚も前回のマイナスから一転、+14,422枚と低稼働の影響で低めだとはいえ、客目線でも出玉感は前回より感じられた事でしょう。

                                予想で挙げていた「リベンジの為の投入機種の総スライド」にはなりませんでしたが、前回の絆2&愛姫からのエヴァフェスと、最新機種、導入機種の投入であるとか、僅か1台ではあるもののマイジャグⅣの投入量Up、凱旋の追加投入、クラセレや6号機鏡の投入など、出そう、判り易く、リベンジと、前向きに見えるのは好評価ですね。

                                ・設置232台への並び24人。台確保の容易性:◎
                                ・20スロ設置232台。対象範囲の投入18台。投入量:〇
                                ・判りやすい傾向・法則等が多少感じられる。台選択の容易性:〇
                                ・選択された台の人気度・スペックの評価:〇
                                ・48枚貸し、5.0交換。客側の優位性:〇
                                ・20スロ対象範囲の総差枚+14,422枚@非等価。結果:〇

                                ☆=超優秀
                                ◎=優秀
                                〇=平均的~良
                                △=平均未満
                                ×=明らかに劣る

                                並びも少なく、多少投入量が少な目でも仕方ない面はあるものの、今回は色々と良い面も見られましたね。

                                勝率も出率も良く、交換率も非等価とはいえ0.2ギャップは小さ目で良いですし、☆4を付けたいくらいではあるのですが、肝心の差枚が低稼働が原因ですぐの改善が難しい部分ではあるとはいえ、そこが投入18台からみると寂しく見えてしまう点は数字に込む事は避ける訳にはいかない為、今回は☆3で。

                                  営業 3 (2020年3月22日の結果報告)
                              • 2020年3月14日の予想
                                出玉予想:◯
                                高設定の入れ方予想:
                                機種(全台~1/2系) メイン機種強め 少台数機種強め Aタイプ強め
                                並び予想:50~99人

                                ちょっと予想が難解ながら、年明けから並びが落ち着いて、台確保には有利に働いている半面、前回はゴージャグの不発に泣いた不運も重なっているが、その投入量や内容はまだまだ見所のある同店。

                                「ゴトー軍団の設定狙い」が3月よりリニューアルし、『スロッター✕スロッター』と生まれ変わっての最初の開催となる今回は、初開催みたいでちょっと期待したくもなりますよね。

                                初開催の12月から1月半ばまで、毎回叛逆で魅せ続けてくれていた同店ですが、ここ2回は叛逆なし。

                                また、年明けからは部分投入機種でジャグラー系の目立った投入が続いてます。

                                部分投入だけに、それぞれがいくら良い結果を出しても、平均出率では数字は落ち着いてしまう為、履歴ではイマイチ感が滲みますが、投入台はしっかり結果を出してきていますので、充分狙えると思います。

                                3月3日には新台入替があり、

                                ・バジリスク~甲賀忍法帖~絆2 【5台】増台
                                ・これはゾンビですか? 【3台】
                                ・いろはに愛姫 【2台】
                                ・ケロット4 【2台】
                                ・エヴァンゲリオンフェスティバル 【2台】
                                ・トータル・イクリプスLv.MAX‐RT 【1台】

                                というラインナップで、複数設置が多い分、今後の複数台としての選択肢が増えて、またまた予想が難解な方向になってしまうかも^^;;;

                                現状で、これら以外に【狙い目を絞る為の傾向】というモノが見えていないだけに、見たままの予想となってしまうのがちょっと物足りない。

                                結果で見せるか、結果を期待させるか、どちらか突出した期待感がザワ付くものが欲しいところですね。

                                狙い方は【複数台】で良い様なので

                                ・叛逆
                                ・ゴージャグ2
                                ・喰霊零
                                ・エウレカ3

                                というこれまでの投入頻度高めの台に、

                                ・絆2
                                ・いろはに愛姫
                                ・エヴァフェス

                                辺りの直近新台・導入台から、

                                マイジャグ4とアイムを交えたところから、全台系2~3機種程度に、一部投入機種を1~2機種程度を加えた布陣を予想しておきます。

                                何か傾向や法則が見えてくるまでは無難な予想となりがちですが、しっかり察知していきましょう。

                                  • >2020年3月14日の予想結果

                                    朝一抽選= 26名
                                    一般入場= 29名

                                    【複数設置台】
                                    (全6)
                                    ・いろはに愛姫
                                    出玉率 103.4% 勝率 50%(1/2台)
                                    (全56)
                                    ・バジリスク~甲賀忍法帖~絆2
                                    出玉率 104.1% 勝率 40%(2/5台)

                                    (一部投入/で56)
                                    ・マイジャグラーⅣ(5/24投入)
                                    出玉率 93.8% 勝率 25%(6/24台)

                                    投入機種は大方予想の範囲内で落ち着いたものの、投入台数も落ち着いてしまい、そこはもうちょっと頑張って欲しい所でしたね。

                                    愛姫の結果は1/2になってしまったし、折角入れてもらったマイジャグⅣも不発気味、絆2も2台はそれなりも残る3台は不発と、今回は全てに不発含みと不運な結果に。

                                    選択もスペックも悪くない、今回はただの不運ですが、投入量は10%欲しいですよね

                                    次回を楽しみに出来るラインアップだったと思いますが、非等価で、投入量が5%、更に不運含みとは言え総差枚マイナスでは評価は厳しいものにならざるを得ません。

                                    ・設置232台への並び26人。台確保の容易性:◎
                                    ・20スロ設置232台。対象範囲の投入12台。投入量:〇
                                    ・判りやすい傾向・法則等が無い。台選択の容易性:×
                                    ・選択された台の人気度・スペックの評価:△
                                    ・48枚貸し、5.0交換。客側の優位性:〇
                                    ・20スロ対象範囲の総差枚-2,862枚@非等価。結果:×

                                    ☆=超優秀
                                    ◎=優秀
                                    〇=平均的~良
                                    △=平均未満
                                    ×=明らかに劣る

                                    以上から、今回は☆1

                                      営業 1 (2020年3月14日の結果報告)