メルヘンワールド富岡店

メルヘンワールド富岡店
特徴

2019年12月28日 グランドオープン

評価
番付普通の店
全期間
総合点46.5点(評価数:11 件)
営業評価2.6
接客評価2.5
設備評価4
過去1年間
総合点46.5点(評価数:11 件)
営業評価2.6
接客評価2.5
設備評価4
旧イベント日の実績
台あたりの平均差枚-22枚
サンプル数24
詳細データこちらをクリック
基本情報
営業時間10:00〜22:45
住所群馬県富岡市黒川779
地図こちらをクリック
台数パチンコ320台/スロット316台
旧イベント日3のつく日/9のつく日
グランドオープン日
(周年イベント)
2019年12月28日
入場方法
整理券の有無あり(会員カード不要)
整理券の配布方法抽選
配布時間9:30
情報を修正する
遊技料金
パチンコ4.34円 1.08円
スロット21.73円 5.43円 2.17円
交換率(換金率)
4.34円パチンコ25玉
1.08円パチンコ100玉
21.73円スロット5.0枚
5.43円スロット20枚
2.17円スロット50枚
景品交換所の場所

正面入口の左側

外部リンク
P-WORLDこちらをクリック
台データこちらをクリック情報を修正する
店舗ブログ情報提供する
Twitterこちらをクリック

※上記の情報においては正確でない場合もございます
※ホールと景品交換所には一切の関係性がありません

ホール攻略LINE 埼玉・北関東版

評価・コメントをする営業の予想をするpt大幅還元

メールアドレスが公開されることはありません。

この店舗を評価する

営業
接客
設備
営業評価旧イベント日や取材日のみの出玉状況の評価をしてください
(通常営業日においてはどこのホールも基本回収なのでそれは評価には加えないでください)
接客評価接客、清掃状況、スタッフの容姿
設備評価新台やデータ機器の充実度、台間シャッターや肘掛けの有無、Wi-FiやUSBの有無、休憩所や食堂の質、装飾の華やかさ

サムネイル画像が設定できるようになりました♪
設定してみる

画像をアップロード


※Ctrlキーを押しながらの画像選択で一度に4枚まで投稿可能


2枚目の画像


3枚目の画像


4枚目の画像

新着コメント (全82件)

一般コメント劣悪コメントみんレポ
  1. 6月28日同店でツインドラゴンハナハナを打った者です。

    • 2020年6月28日の予想
      出玉予想:?
      高設定の入れ方予想:
      オールリセット
      並び予想:10~49人

      スロッタースロッター開催+週末
      (過去の傾向に関してはフェイタンさんをご覧になってください)

      並びは2.30人ほどだと思うが、その中で設定狙いでならばれているお客様は極少数です。
      半分くらいは低貸しとパチンコに流れので抽選受けなくてもいいレベルです。

      朝の立ち回りはメイン系全リセなので、増大したセイヤと凱旋のリセ狩りしながら状況見つつ、3.4台機種の全形を狙いたい。

      ハイエナしながら、ゆるーく高設定ぽいの探すくらいが客層的にも積もりやすいし後ツモもいける。

        • >2020年6月28日の予想結果

          スロッタースロッター開催でした。

          結果は
          ゴールドライン(ニブイチ456)
          .サラバン2

          ここ以外に高設定らしき台はありませんでした。

          予想に上げた通り、朝イチリセ狩りしながら昼過ぎ辺りにサラバン2積もれるような理想的な展開となれればいいが、当たり機種が一機種しかなく全台形でもなかったため実際は厳しそう。

          厳しめな結果となってしまいました☆2

            営業 2 (2020年6月28日の結果報告)
        • 2020年6月28日の予想
          出玉予想:◯
          高設定の入れ方予想:
          機種(全台~1/2系) 少台数機種強め Aタイプ強め バラエティ強め
          並び予想:10~49人

          再度日曜日でのスロッター×スロッター開催となるのだが、この所結果の低迷が続いている。

          ただ、「出さない」のではなく、「出して貰えない」という状況だとは言えるだけの投入量が用意されながら、稼働が低めで推移してしまっているのが実情といえる。

          であるならば、そこにはチャンスはあるという事であり、出そうと思えば出せるのだがユーザー側が出してないだけとも言えるのかもしれない。

          というのも、複数台はちょっと狙いにくいとは感じていて、敢えて言うのであれば「Aタイプの投入傾向が強い」とは言えるのだが、ジャグラー系とアクロス系を散りばめていて正直絞り切れない。

          ただ、前回がアクロス系2機種とされていただけに、今後もアクロス系に偏らせるような意図がないのであれば、今回は順当にジャグラー系を狙っていくべきだろう。

          狙い方は、「複数設置台」と「バラエティ」で引き続き良いと思う。

          「複数台」
          ・マイジャグⅢ
          ・ゴーゴージャグラー
          ・ファンキージャグラー
          辺りを中心視したいが、「バラエティ」の傾向を増やしたことで、同店のバラエティが実に72台にも及ぶ大量設置であり、そこで1/3~1/2と投入されてきている事から、これら10台以上設置されているジャグラーでは「全台系」を作るには負担が多すぎる状況になっている。

          よって、設置台数の関係から今回も、
          ・ハナビ
          ・サンダーVライトニング
          ・サンダーVリボルト
          ・クランキーセレブレーション
          当たりの台設置機種を2機種程度の全台系しか選択が無さそうに思う。

          バラエティでは、やはりAタイプの選択が多くみられ、人気6号機や旧要件5号機の選択は少な目に感じる。

          ・ハナビ通
          ・ドン2
          ・ファンキージャグ
          ・カンフーレディ
          ・ニューパルDX
          ・バンバンクロス
          ・A偽物語
          ・ファンキージャグラー
          これら投入頻度の高いAタイプに、

          ・ザクザク七福神
          ・オバロ
          ・1000ちゃん
          これら投入頻度の高い6号機から攻めて行く方が無難だろう。

          結果が出ていないのは、出る台が回されていないだけで、そこには用意はされているようだ。

          ホールが客の打ちたい所に入れてくるのか、客がホールの入れる所を回すのか、いずれにしても噛み合えばビックリするくらいの結果が出るポテンシャルはありそうだ。

          • >2020年6月28日の予想結果

            朝一抽選=22名
            一般入場=20名

            【複数設置台】・・・・・・・・
            ・押忍!サラリーマン番長2
            出率106.0%・勝率60%(3/5台)

            【バラエティ・29/75投入】 ・・
            出率99.0%・勝率32%(24/75台)

            毎回ジャグラーやAタイプで用意してきて、なかなか稼働が上がらなかった同店だが、今回は複数台にサラ番2をもってきて、それなりの稼働はついたようだ。

            「サラ番」を打っての結果としては、ユーザー的には満足とまでは行かないのかもしれないが、2=6号機という事ではあるので、この辺りは前作の様にはいかない。

            それでも、一定の稼働が付き、大きくマイナスになる事もなく106%程でも出てきた事は進歩と言えるだろう。

            個人的には、ここまで魅せ続けて来て、いきなりAT系へ振っては稼働の面でどうなのか?という思いがあるが、実際にはそれなりに稼働も付いた事から、同店管理者の判断の方が正しかったのだろうと認めざるを得ない。

            バラエティの方では、投入先だけの結果では出率110.2%をマークする優秀な結果に見えるが、稼働の少ない中でのビンゴネオの爆裂の結果だけで押し上げた数字にも見えてしまう。

            実態はやはりもっと下にありそうなだけに、まだまだ気を緩めるわけにはいかないだろう。

            予想段階では「投入頻度の高いモノ」をピックアップしておいたが、そこから外れたのも2機種だけと、やはり狙い易い状況には有ったと言える。

            今回外されたドン2で2600、ファンキーでは5841回転も回されており、ユーザー側も「連続投入傾向の強いAタイプ」を狙う意識はあったのかもしれないが、-3、081枚というのは如何にも追いすぎだろう。

            【結果判定】
            ■朝イチでの台確保の容易性:◎
            総設置316台への並び22人
            ■20スロ全台数中の高設定割合:〇
            20スロの総数237台
            対象範囲の投入34台:16.9%
            ■高設定投入台の予測容易性:△
            判りやすい傾向が多少アリ
            法則・周期性等が見られない
            ■対象の人気・スペック評価:〇
            ■遊戯料金・交換率の優位性:〇
            46枚貸し・5.0交換・貯玉アリ
            ■取材対象範囲の総差枚結果:△
            対象範囲の総差枚+435枚

            【総評】

            ホール全台差枚で1万枚程度、客側のプラスになったとかで、今回はちょっと活気があったようだが、まだまだ投入に間違い冴えなければ、もっと上の景色が見えてくるハズ。
            今後に期待したい。

            対象範囲が80台と広範囲だからと言って、34台の56が入っていて、万枚オーバー台もありながら総差枚が+435枚では「入れているフリだけで実は入っていないガセイベ」認定されても致し方ない状況にある訳で、それが続けば続くほど、その認識が固定化されていくのだと管理者となる程の人物が判ってないハズもなく、それでいて「〇〇しようと工夫している」と感じられなく、ただ「勝手に増えるのを待つ」程の愚者ではない事を祈りたいものだ。

            以上から、今回は☆2

            注:スマホ表示での見易さを模索中の為、表記が暫く色々変わるかもしれません

              営業 2 (2020年6月28日の結果報告)
          • 2020年6月21日の予想
            出玉予想:△
            高設定の入れ方予想:
            機種(全台~1/2系) バラエティ強め
            並び予想:10~49人

            今回も日曜での開催です。

            狙い方は複数設置機種と、前回からバラエティも狙い目となっています。

            投入台は、バラエティが狙える状況になって以来毎回1機種での用意であり、以前の傾向から狙いを絞るのは難しいけど、比較的多め(5台以上?)の機種でも狙えるという事くらいが、今予測出来る精一杯でしょうか。

            バラエティ
            78台に及ぶ巨大バラエティコーナーで40%前後の投入が用意されると思われます。
            まだ投入傾向等に言及するまでには至らないものの、3台に1台以上の確率で高設定台に座れると考えれば、無理に予想して台選びするより、バラエティ直行でも良さそうな環境といえますね

            • >2020年6月21日の予想結果

              朝一抽選=20名
              一般入場=31名

              【複数設置台】・・・・・・・・

              (全6)
              ・バーサス
              出玉率106.6%・勝率100%(2/2台)
              ・アレックス
              出玉率103.5%・勝率50%(1/2台)

              【バラエティ・27/76投入】 ・・
              出玉率95.8%・勝率31%(22/72台)

              Aタイプ2機種の全6もそれほど吹き上がってくれなかった中で、バラエティの投入量はそれなりながら稼働の低さから複数台での差枚も食い潰してしまった形。

              元々バラエティは何処のホールでも稼働が付きにくい上に、基本は回収コーナーと位置付けられる場所だけに、旧イベや取材時等でしっかり「良いイメージ」を持たせて通常営業の稼働に繋げる目的で対象にされる事も多いと認識しているのですが、よもや複数台での全6での差枚も食い潰す結果となってしまっては、なんとも。

              投入量自体が不足してる感は無いだけに、せめてある程度の盛り上がり、賑わいを見せる所までは結果を出し続けて稼働を作らないと、流石にこれでは狙い辛いですよね。

              バラエティでも比較的触られやすいAタイプ、ジャグラー系への投入が見られるだけに、そこで結果が出て引っ張る流れが産まれれば良かったのですが。。。

              【結果判定】
              ■朝イチでの台確保の容易性:◎
              総設置316台への並び20人
              ■20スロ全台数中の高設定割合:〇
              20スロの総数237台
              対象範囲の投入26台:11.0%
              ■高設定投入台の予測容易性:△
              判りやすい傾向が多少アリ
              法則・周期性等が見られない
              ■対象の人気・スペック評価:〇
              ■遊戯料金・交換率の優位性:〇
              46枚貸し・5.0交換・貯玉
              ■取材対象範囲の総差枚結果:△
              対象範囲の総差枚-10,112枚
              ☆特記事項:

              【総評】

              ボリュームあるバラエティコーナー、稼働を付けて活かしたい意向が見えるモノの、コーナーの出玉感が無ければ、逆に触り辛さを感じさせてしまうだけに、投入箇所の出玉感は大事ですよね。
              低調な状況を繰り返せば繰り返すほど、ユーザーの疑心暗鬼は根強いモノとなって、払拭して期待感を持たせるまでの時間と資金はその何倍も必要になってしまうだけに、折角のこの規模の投入台ですから活かせる流れになると景色は全然違うモノになるポテンシャルは秘めてると思うのですが。

              対象範囲でさえマイナス差枚であれば、全台差枚でも勿論マイナスなのでしょう。
              この投入量は設置台数からみれば充分量が用意されていると言って良く、朝の並びの少なさから言っても環境としては恵まれた環境とも言えるでしょう。
              その点では評価するに値する内容だとは思うものの、対象範囲という限られた優位な部分だけ抜き取ってもマイナス差枚になってしまうのは致命的。

              環境は良いと思われるが結果が出なかった以上、そこにプラス評価は付けられないでしょう。

              以上から、今回は☆1

              注:スマホ表示での見易さを模索中の為、表記が暫く色々変わるかもしれません

                営業 1 (2020年6月21日の結果報告)
            • 2020年6月14日の予想
              出玉予想:◯
              高設定の入れ方予想:
              機種(全台~1/2系) Aタイプ強め バラエティ強め
              並び予想:10~49人

              引き続き日曜日ですが、やはり旧イベ以外の日でもあり、前回のイメージを引きずってしまう分、そこを塗り替えるだけに結果が求められる回といえるでしょう。

              狙い方はこれまでの「複数台」に加え、前回なぜか頗る良結果を魅せていた「バラエティ」について、今回から狙い台として意識していくべき存在となる模様です。

              複数台ではジャグラー系とアクロス系Aタイプを中心にこれまで用意されてきましたが、前回いきなりのボリュームダウンにどうしたものかと思ったら、ひっそりとかなり強くバラエティに比重が置かれていました。

              今回はそのバラエティの傾向を見て行く回として「バラエティの状況がかなり良さそう」としておきます。

              しかし、複数台も全く狙えないという事なく準備はされるようなので、この過渡期のタイミングでは投入ボリューム、種類共に読みにくく難しいですが、

              ・ファンキージャグラー
              ・ハナビ
              ・ディスクアップ

              の以上3機種は実績もあり、引き続き注意を傾けても良い様に思います。

              今回は難しいものの、今後に繋がる結果を魅せて欲しいと思います。

                • >2020年6月14日の予想結果

                  朝一抽選= 25名
                  一般入場= 30名

                  【複数設置台】・・・・・・・・・
                  (全56)
                  ・モンキーターンⅣ
                  出玉率103.6%・勝率60%(3/5台)

                  【バラエティ・30/78投入】 ・・・
                  出玉率100.4%・勝率32%(23/72台)

                  充分回された感のあるモンキーターンⅣだが、やはり出玉の安定感を求めるのは難しいか。

                  今回から狙って行けるバラエティでは、まだ今回は浸透していないのか稼働の点ではイマイチだが、3台並びを中心に2台~5台並び、1台置きと色々な形態をみせている。
                  今後の立ち回りの参考にするべきだろう。

                  【結果判定】
                  ■朝イチからの台確保の容易性:◎
                  総設置316台への並び25人
                  ■20スロ総数中の高設定投入割合:〇
                  20スロの総数237台
                  対象範囲の投入35台:14.8%
                  ■高設定投入台の予測の容易性:△
                  判りやすい傾向が多少アリ
                  法則・周期性等が見られない
                  ■投入台の人気・スペック評価:〇
                  ■遊戯料金・交換率での優位性:◎
                  46枚貸し・5.0交換・貯玉アリ
                  ■取材等対象範囲の総差枚結果:△
                  対象範囲の総差枚+4,150枚
                  ☆特記事項:

                  【総評】
                  この投入量からみてのこの差枚は流石に厳しいモノだと言える。
                  今後浸透するまでは是非このレベルの投入を続けて欲しいものです。

                  以上から、今回は☆2

                  注:スマホ表示での見易さを模索中の為、表記が暫く色々変わるかもしれません

                    営業 2 (2020年6月14日の結果報告)
                • 2020年6月7日の予想
                  出玉予想:◯
                  高設定の入れ方予想:
                  機種(全台~1/2系) 少台数機種強め Aタイプ強め
                  並び予想:50~99人

                  3か月ぶりでのスロッター×スロッター開催となります。

                  過去の5回の開催実績から、同店の狙い方は複数台で、特にAタイプに偏っているといって良いだろう。

                  この3か月の間には、交換率も等価から非等価へと変更され、それはそのまま「遊び易い」へと転嫁されていると良いのだが。

                  Aタイプと言っても、「ジャグラーシリーズ」として80台弱へ1/2で魅せた事もあるが、直近2開催ではAT系を混ぜたり、アクロス系の方が多かったりしているので、広く見て行く必要はありそう。

                  ・バーサス【2台】
                  ・サンダーVライトニング【2台】
                  ・ファンキージャグラー【2台】
                  ・アレックス【2台】
                  ・ディスクアップ【10台】
                  ・物語セカンド【4台】
                  ・モンキーターンⅣ【5台】

                  更に沖ドキ2【20台】も挙げてみたいと思う。

                    • >2020年6月7日の予想結果

                      朝一抽選= 14名
                      一般入場= 20名

                      【複数設置台】
                      (全56)
                      ・マイジャグラーⅢ
                      出玉率 102.1% 60%(6/10台)

                      マイジャグⅢ、ジャグラー系の中では一番機械割が高く、ユーザーが求める機種と言えるだけに、その選択は良いでしょう。

                      ただ、久々の休業明け一発目のスロッター×スロッターであったものの、同店の旧イベ日から外れた所に設定された事から「メイチの用意ではない」と解釈しないと、

                      【3か月振りの開催で、この間に交換率も変更されて遊び易くなっているかと思えば更に投入量が減っている・・・全6という訳でも無い様だし・・・】

                      と、率直に思ってしまった結果に納得の行く解釈は付けられ無さそうです。

                      一部投入ではなく「全」56であれば、この台数なら稼働が少なくても107%前後くらいの平均出率が出ても不思議じゃないと思うのだけど、102.1%に留まってしまったのはやはり稼働の低さからなのだろう。

                      といっても、平均回転数で3355回あればもうちょっとと期待したい所。

                      久々の開催だけに一定の期待が持たれてもと思うのだが、並び14人と最終開催時の更に半数以下とは、「並んででも押さえないとならない程の期待感」が醸成されなくなってしまうのも、投入量が継続的に低下し、その結果も今回更に1/5となってしまっていては致し方ない面はあるのかもしれない。

                      【今回は期待出来るだろう!】
                      【並んででも確保したい台がそこにある!】

                      と思わせて欲しいし、言わせて頂けると予想するこちら側も盛り上がるし、ユーザーも期待してくれますよね。

                      ただ、今回は対象とはなっていなかった「バラエティ」について、同店には76台も「バラエティ」対象機種があり、今回、その内50台に対して高設定の投入があった様です。

                      未稼働台の10台を除いた66台について、の投入率は実に75.8%となるだけに、流石に稼働率はこちらも低いですが、突撃対象になればまた違った一面が見られるかもしれませんね

                      ・設置316台への並び14人。台確保の容易性:◎
                      ・20スロ設置237台。対象範囲の投入10台。投入量:△
                      ・判りやすい傾向・法則等が無い。台選択の容易性:△
                      ・選択された台の人気度・スペックの評価:〇
                      ・46枚貸し、5.0交換。客側の優位性:◎
                      ・20スロ対象範囲の総差枚+2,130枚@等価。結果:〇

                      ☆=超優秀
                      ◎=優秀
                      〇=平均的~良
                      △=平均未満
                      ×=明らかに劣る

                      差枚プラスと言えど、交換率変更で等価では無い状況から、客側マイナスとなる可能性が高い為、今回は☆1

                        営業 1 (2020年6月7日の結果報告)
                        • >フェイタン さん

                          こんばんは!

                          今回の結果も良くありませんでしたが、休業明けから稼働が壊滅的だったのて今後も厳しそうですね( ;∀;)

                            • >四号機おじさん さん

                              おはようございます

                              休業前の魅せ方にはかなりの期待感を抱かせるものがありましたが、同店に限らず「ただ出す」という簡単そうな事が何処の店でも「やれるならやりたい」と思いつつも現実は稼働状況がベースとなるだけに「やりたいけどやれない」と苦しんでおられるホールさんも多い事でしょうね。

                              6月7日の営業は正にその中で試行錯誤している様子にも見えるのかもしれませんね。

                              どの店でもバラエティの稼働は強いとは言えないと思いますが、それでも同店がバラエティに活路を見出そうとしている様子が伺えるので、同店ユーザーと巧く噛み合って起爆剤となる結果がこの週末に見られる事を期待したいですね。

                        • 去年の年末にグランドオープンしてまだ半年ほどしか経っていないホールさんです。

                          グランドオープンから2カ月ほどは、取材系イベントできちんと結果を残すのはもちろん
                          平常日にゲリラ的に6号機の複数台機種を全6にして営業しておりました。

                          当然、平常日なので設定を意識しながら打たれている方は極少数で昼過ぎまで回されることなく、夕方ふらっときた土方のおじさまがツモるなんてこともしばしばありました。

                          特定日以外は稼働が少ないので、周囲の状況をきちんと把握できれば 高設定ツモるのは容易でした。

                          設備に関しては、メッセ富岡の居抜きだが内装もフルリフォームしておりグランドオープンから半年しか経っていないことか☆5

                          接客に関しては、ホールの規模に対して従業員の数が少ない印象です。
                          呼んでも時間かかるため☆3

                          余談だがメッセ富岡時代に、メイン入り口前でキッチントラックにてイカ焼き売ってたおじさん元気してるかな?

                            営業 5
                            接客3
                            設備5
                          • 2スロ、5スロ、20スロとも等価じゃなくなってました。
                            店長さん非常に残念です。
                            早く潰れてください

                              1 返信
                            • とにかくヒドイ店。まるで年寄りを食い物にしている。設定が最低設定ばかりなために。何で群馬県に来たのか?どうぞ宮城県に帰って、やってください。

                              • メルヘンひますぎ~。

                                • 2020年3月7日の予想
                                  出玉予想:◯
                                  高設定の入れ方予想:
                                  機種(全台~1/2系) Aタイプ強め
                                  並び予想:50~99人

                                  1月9日のハナハナ、アクロス系、ジャグラー系構成
                                  2月2日、11日の全ジャグラー構成
                                  2月22日の最新6号機、非ジャグ系Aタイプ構成

                                  この様な構成の変化を見せながら、今回3月7日はどの様な構成を見せてくれるのでしょう。

                                  これだけ明確に構成に変化を見せてきている同店ですので、今回もはっきりとした変化をみせてくれるのかもしれませんね。

                                  思いつくのは、前回絆2の突然の投入でびっくりでしたが、旧要件での人気シリーズの6号機が絆2にて出揃ったと考えれば、【人気旧要件機の最新後継6号機の回】として、絆2、叛逆、北斗天昇、エウレカ3、鏡辺りを中心に持ってくるパターン。

                                  まだまだ主役は譲らない、【人気旧要件が頑張る回】として、サラ番、番長3、星矢、北斗修羅、まど2、凱旋、正宗2辺りから構成してくるパターン。

                                  と、なんとなく、一通りを魅せてくれそうな雰囲気も感じますが、これまでAタイプ主体な構成だったものの毎回微妙に不発感も感じてしまう部分があっただけに、スッキリとした結果になる事を祈りたいところ。

                                  まったく予想を大ハズシする「やっぱりウチはAタイプ押しですぜ?」な構成だったとしても、それはそれで次回以降に活かしていけるので、「強さ」さえ見られれば不安じゃなく信頼が積みあがるだけなので問題ないですね。

                                    • >2020年3月7日の予想結果

                                      朝一抽選= 37名
                                      一般入場= 24名

                                      【複数設置台】
                                      (全6)
                                      ・いろはに愛姫
                                      出玉率 105.4% 勝率 66%(2/3台)

                                      (一部投入/で56)
                                      ・ハナビ(1/2)
                                      出玉率 98.8% 勝率 0%(0/2台)
                                      ・サンダーVリボルト(1/2)
                                      出玉率 110.4% 勝率 50%(1/2台)
                                      ・ディスクアップ(6/10)
                                      出玉率 101.9% 勝率 40%(4/10台)
                                      ・ファンキージャグラー(1/2)
                                      出玉率 104.5% 勝率 50%(1/2台)

                                      はなびだけは燻ってしまったようだが、その他では投入台がそれなりの結果をだしていると言えるだろう。

                                      今回の構成によって、これにて4回。
                                      どうも同店は「Aタイプ押し」で良い様で、直近導入の新台6号機も魅せるし、Aタイプではないが、何処の店でもAタイプに交えて置いたり、投入するディスクアップも
                                      当店では推し機の一つの様ですね。

                                      また、ディスクアップの様に多台数設置機での部分投入時では、前回の一つおきであったり、今回の6台並びであったり、魅せ方にも工夫する面が見られたことで、今後の戦前予想に活かすと共に、ホールでの立ち回りにも活かせる時がありそうですね。

                                      ハナハナ系・ジャグラー系・アクロス系・その他ノーマル機Aタイプ系と、今後はそこに絞って楽しめるホールとして期待して行きましょう

                                      ただ、投入量、割合としては褒められたモノでは無かっただけに、「Aタイプが狙い目だから」と、朝から無策に打ち散らかすのはノーガード戦法がお得意な年代にお任せし、しっかり判別しつつ絞って行きましょう。

                                      ・設置316台への並び37人。台確保の容易性:◎
                                      ・20スロ設置237台。対象範囲の投入12台。投入量:△
                                      ・判りやすい傾向・法則等が無い。台選択の容易性:△
                                      ・選択された台の人気度・スペックの評価:〇
                                      ・47枚貸し、等価交換。客側の優位性:◎
                                      ・20スロ対象範囲の総差枚+9,571枚@等価。結果:〇

                                      ☆=超優秀
                                      ◎=優秀
                                      〇=平均的~良
                                      △=平均未満
                                      ×=明らかに劣る

                                      今回は更に投入量も減り、差枚こそ同レベルを維持したとはいえ、そもそも高いレベルとも言えないだけに、この差枚が更に下がってしまったり、投入割合が下がれば同等結果でも評価を下げざるを得ないギリギリレベルではあるかもしれませんね。

                                      以上から、今回は☆3

                                        営業 3 (2020年3月7日の結果報告)
                                    • 2020年2月22日の予想
                                      出玉予想:◯
                                      高設定の入れ方予想:
                                      機種(全台~1/2系) Aタイプ強め
                                      並び予想:50~99人

                                      前回が非常に強い結果を見せた同店の2の並ぶ2/22ですが、次はどんな構成で来るのかの興味が先行してます。

                                      この際、このまましばらくジャグラー偏重で圧倒的なジャグラー推し店として地位を確立するまで押し通るのもアリでは無いかとは思うのですが、これはお店の判断ですからこちらは色々予測して対応していくしかない訳です。

                                      現時点で絆2導入のアナウンスも無いですし、現状の手持ちでまだしばらくはという事なのかもしれませんが、次回の構成も同じく【ジャグラー祭り】という事で良いかもしれませんね。

                                      一気にハナハナ祭り、更にアクロス系含むその他Aタイプ祭りとか良くないですか?

                                      判り易い傾向で、その気にさせる、行きたくなる構成を期待して、次回もジャグラー祭り予想で行きましょう。

                                        • >2020年2月22日の予想

                                          朝一抽選= 55名
                                          一般入場= 26名

                                          【複数設置台】
                                          (全56)
                                          ・スカイガールズ~ゼロノツバサ~
                                          出玉率 107.0% 勝率 50%(2/4台)

                                          (一部投入/で56)
                                          ・バジリスク~甲賀忍法帖~絆2(5/10)
                                          出玉率 102.0% 勝率 40%(4/10台)
                                          ・ハナビ(1/2)
                                          出玉率 115.1% 勝率 50%(1/2台)
                                          ・サンダーVリボルト(1/2)
                                          出玉率 107.0% 勝率 50%(1/2台)
                                          ・ディスクアップ(5/10)
                                          出玉率 103.6% 勝率 40%(4/10台)

                                          おっとびっくりの絆2でした。
                                          スカイガールズが唯一の全台系、主役抜擢もビックリなら、サンダーVリボルトの複数台としての投入(2機で1/2ですがw)も私が知る限り初めてで更にびっくり。

                                          ジャグラー推しでいくかと思ったら、一転しっかりと人気台、6号機、その他Aタイプでも魅せてきて、これは今後も楽しみ且つ、予想しにくそうなホールさんかもしれないと思って見たり、色々と次回の構成が楽しみになってます。

                                          2台や3台設置の機種などでの部分投入、1/2や1/3の場合、その投入台が吹いてくれないと「その機種は入ってなかった」という認識になって、客目線では一気にボリューム感が小さく感じられてしまうリスクも孕むので、一定の信頼感を得るまでは「不本意な不発によるガセ感という誤認」に気を付けて頑張って欲しいですね。
                                          「たった一回のガセ感」で減らした分を取り戻すのは並大抵の出玉じゃ無理なので。。。

                                          個人的には構成も含めて楽しみなホールさんに出会えた気分ですね。

                                          ただ、前回から投入割合が一気に半減しているので、絆2とスカイガールズはもうちょっと存在感を示す結果になって欲しかった所ですね、恐らく【全体的な前回比での弱さ】を結構感じてしまったお客さんの方が多かったと思いますので、次回の並びへの影響が心配はされます。

                                          ・設置316台への並び55人。台確保の容易性:◎
                                          ・20スロ設置237台。対象範囲の投入16台。投入量:△
                                          ・判りやすい傾向・法則等が無い。台選択の容易性:△
                                          ・選択された台の人気度・スペックの評価:〇
                                          ・47枚貸し、等価交換。客側の優位性:◎
                                          ・20スロ対象範囲の総差枚+9,396枚@等価。結果:〇

                                          ☆=超優秀
                                          ◎=優秀
                                          〇=平均的~良
                                          △=平均未満
                                          ×=明らかに劣る

                                          以上から、今回は☆3

                                            営業 3 (2020年2月22日の結果報告)
                                        • 全てにおいて普通です。

                                          グランドオープン後は頑張ってたようですが、今のままでは、おそらく閑古鳥が鳴くお店達と同じになるでしょう。
                                          イベントが頻繁に行われているようですが、今は使っていないように見えます。
                                          てか、お客さんもまだ期待して行ってるのに勿体無い。
                                          これは他店舗にも言える事ですが、使うならもっと分かりやすい所に入れればいいのに。
                                          ジャグだけでないAタイプにもっとわかりやすく入れれば、そこから客は色んな妄想に繋がり最後は稼働に繋がると個人的に思ってます。
                                          今後に期待。

                                          あ、ここ何日かでちょこっと釘締めましたね笑

                                            営業 2
                                            接客2
                                            設備3
                                          • 2020年2月11日の予想
                                            出玉予想:◯
                                            高設定の入れ方予想:
                                            機種(全台~1/2系) メイン機種強め 少台数機種強め Aタイプ強め
                                            並び予想:50~99人

                                            前回は体感としては不発感があった訳ですが、実際にどんな入り方していたのかさえ掴み切れないのは非常に気持ち悪いですね

                                            今回は、スッキリ、ザックザクと判りやすい結果に繋げたいものです。

                                            初回にせよ、前回にせよ、ジャグラーを中心としたAタイプの主張が凄い事だけは伝わって来てるので、恐らく今回もジャグラー系中心に、Aタイプ全般に注意が必要なのでしょう。

                                            また、前回のボリュームはちょっと異常だけども、それを維持し続けられるとは思えないものの、まだAT&ART系で主張も見られていないので、今後見られるのではとは思って。。。あ?それが今回でも良いのか

                                            今回も不発を避けようと考えると、出率高いけどハナハナ系、ジャグラー系からはマイジャグ、そしてハナビやバーサス、それぞれ1機種でも出てくるのかな。

                                            そしてそこに添えられるAT&ARTは何かなという所を注目してみたいです

                                            叛逆、スカイガールズ辺りは4台設置と手頃なので、この辺りはありそうですよね、それ以外の人気機種は軒並み10台で揃えられていて、投入タイミングも難しい。

                                            あとは、絆2の導入直前という事でのバジⅢも全然ありでしょう。

                                            更に10台機種からも1機種吊り上げるなら。。。。上が入れば比較的手堅いといえばリゼロでしょうか。
                                            北斗も6んばら割と安定ですが、5にすると普通に不発もありますからね。
                                            エウレカに至っては、この中では最も安定しないですし。

                                            そんな感じで、今回はリベンジです

                                              • >2020年2月11日の予想

                                                抽選人数:65名
                                                一般入場:60名

                                                【複数台】
                                                (全56)
                                                ・ゴーゴージャグラー2
                                                出玉率 107.2% 勝率 65%(13/20台)
                                                ・アイムジャグラーEX‐AE
                                                出玉率 108.0% 勝率 71%(5/7台)
                                                ・ゴーゴージャグラー
                                                出玉率 109.0% 勝率 75%(3/4台)
                                                ・ファンキージャグラー
                                                出玉率 106.4% 勝率 50%(1/2台)

                                                なんと、今回は複数台での対象が全てジャグラー系という。
                                                勝率、出率ともに全56らしい所で収まりましたね。
                                                2000回転以上回された台でマイナスを叩いたのはゴージャグ2の612番台だけという安定感は流石Aタイプという所ですが、逆に回されなければ出玉が付かないのも当然と言えば当然の結果という事でしょう。

                                                仮に、出率107%の台だとした場合、1500回転での出率からの期待差枚数は315枚ですからね。。。

                                                2000回転回してやっと平均420枚、BIG1回分+αになってくるのですから・・・

                                                ・20スロ設置237台での投入台数33台はかなり優秀な部類。◎
                                                ・47枚等価は客側有利な好環境。◎
                                                ・現時点ではジャグラーに偏った判り易い傾向は好感。〇
                                                ・並び65名は、この傾向からすると決して少なくはない。△
                                                ・対象範囲での総差枚は+30,368枚と赤字営業。◎
                                                ・ホール全体での総差枚でも僅かながら客側プラスの分岐営業。◎

                                                等価の+差枚で☆4を基本とし、投入割合◎、判り易い傾向〇、全体差枚で分岐を超えた点を考慮し、今回は☆5としておきます。

                                                判りやすかろうとなんであろうと、客側が有利と見れば来店に繋がる訳で、判りにくくする事にはデメリットの方が圧倒的に多いですからね。

                                                この状況だと今後も並びは増えそうですし、良い循環で通常営業の設定状況まで押し上げるような隆盛を期待したいところですね。
                                                勿論その前に、ジャグの期待を裏切らないまま、更にAT&ARTを見せられる営業に繋げる段階、ステップがまだありますから、みんなで見守っていくとしましょう。

                                                  営業 5 (2020年2月11日の結果報告)
                                              • 2020年2月2日の予想
                                                出玉予想:◯
                                                高設定の入れ方予想:
                                                機種(全台~1/2系) メイン機種強め Aタイプ強め
                                                並び予想:50~99人

                                                このお店の特定日として3日、9日の強さは間違いない所なのは、先月の9日のお祭り状態の余韻が未だに私には残っているからかな。

                                                当日は20スロも賑やかでしたが、2スロ、5スロのそれそれ40台の総差枚が+31000枚、+40000枚と、低貸しまでしっかり持て成す所に痺れた訳であります。

                                                そんなお店の2月の月初。特定日から外れてもやってくれそうな匂いがすれば、これは出向かない訳にはいきません。
                                                むしろ、お礼参りの気分ですね。

                                                狙いは勿論複数設置台でメイン機種を狙う事になるかな

                                                余りにAタイプの印象が強いのですが、低貸しではAT・ARTがしっかり魅せていたので、今回は!?という期待を持っていたりするのです。

                                                勿論、ジャグラー系を軸にAタイプは全くスルーなんて事は無いはずですので、そこは【当然】として、あえてスルーして進めましょう。

                                                当日の営業予想評価サイトで県下2位という期待感を煽られているので、お店もそこを裏切る訳にはいかない事でしょう。

                                                という事で、ありきたりなセオリーから。。。直近の導入台としてはスカイガールズ【4台】。
                                                各地で予想外の所から爆裂を見せている様ですが、こちらでも魅せるならここでは?という期待をしておきます。

                                                リゼロ 10台
                                                北斗天昇 10台
                                                エウレカ3 10台
                                                と、人気6号機がしっかり揃ってますね

                                                番長3 10台
                                                ディスクアップ 10台
                                                押さえる所は押さえてます

                                                サラ番
                                                叛逆
                                                凱旋
                                                を始め、4台設置、3台設置で他の人気処も押さえてますね

                                                これ、絞るの難しいですよね、何の絞る根拠もみつけられません、前回の結果を参考に引っ張り出してみると6機種20台に全6、ジャグラーシリーズ全76台に全56という事で、今回まで同レベルは流石に望みすぎですが、半分、2~3機種10台前後に全6、対象35台程度に1/2や1/3での56くらいなら全然望んでも良さそうな気がしません?

                                                という事で、勝手に割合を決めつけてますけど、これくらいを目途に人気具合や機械割等々を鑑みて勝手に妄想してみると。。。

                                                全6箇所として、スカイガールズ、叛逆、ゴージャグ
                                                1/2、1/3での56箇所として、エウレカ3、北斗天昇、番長3、マイジャグⅣ

                                                とかでどうでしょう?盛りすぎ?あくまで勝手な妄想予想です、外れたら泣いて帰ります。

                                                  • >2020年2月2日の予想

                                                    抽選65名+一般入場60名

                                                    マイジャグラーⅣ
                                                    出玉率 101.7% 勝率 47%(15/32台)
                                                    マイジャグラーⅢ
                                                    出玉率 102.2% 勝率 40%(4/10台)
                                                    ゴーゴージャグラー2
                                                    出玉率 101.3% 勝率 40%(8/20台)
                                                    アイムジャグラーEX‐AE
                                                    出玉率 94.1% 勝率 14%(1/7台)
                                                    ゴーゴージャグラー
                                                    出玉率 109.5% 勝率 50%(2/4台)
                                                    ファンキージャグラー
                                                    出玉率 96.6% 勝率 50%(1/2台)

                                                    ジャグラー祭りという作り込みだった様ですね
                                                    これだけの台、全75台を全56なのだろうか?投入するとか、20スロ240台そこそこの店では考えられない規模ですね。

                                                    また、確かに8000回転とか回し切ったような台は少ないものの、3000~6000程の凡そ半日以上を費やして回されたような台がかなりの数あり、朝の並びの数のイメージ以上に日中から人が集まって回されているのがよく判ります。

                                                    その上で、6の公称出率、合算確率を超えて、設定6の投入を思わせる台も散見されますが、結果、マイナスで終わってしまっている台の多さもちょっと異常に感じるのは、全体出率や勝率を見れば納得するデータと感覚の合致感。
                                                    ちょっと規模が大きすぎて、全だったのか部分投入だったのかさえ掴みにくいのですが、全であったとするならゴージャグ以外の全ての機種で不発だったと評価するしかないかなと。

                                                    逆に、1/2とか1/3であれば、勝率で50%、出率で100%のラインを超えるだけでも充分にポテンシャルを感じられるのだが。

                                                    もう大杉てしっかり計算も出来ていないが、恐らく全体出率、差枚でいうなら、このジャグラー枠だけでは、等価である事も鑑みれば一応の店マイナスにはなっているだろうとは思うが。
                                                    これ、普通の5や6の公称出率レベルで各台でていたらとんでもない額になりそうですね。

                                                    等価である前提では一応の店マイナス、設置規模&投入規模とそれから見た並びの状況まではプラス評価であろうとは思うが、実際の出率がゴージャグ以外ではギリギリであったり、100を割っているという事も事実である事から不発と言わざるを得ず、プラス評価面は結構なモノとは思うものの、評価は☆3止まりと考えます。

                                                      営業 3 (2020年2月2日の結果報告)
                                                  • ピーワールドもメルヘンワールドに変わっていました。今日見に行ったら改装工事中でした。